再熱中の「異素材コンビ時計」はどんなコーデに合わせるべき? 【時計と服の7ルール】

bool(false)
Facebook
Twitter
友だち追加

時計と服
“今どき”コーディネートの7rules

グランドセイコー

心から満足できる時計に出会うためには、“何を選ぶか”と同じくらい“どう着けるか”を吟味することが肝要。そこで本特集では、時計の装い方について掘り下げてみたい。テーマは“今どき”目線。服装の多様化が進む昨今、時計の合わせ方も旧来とは随分と様変わりしている。その重要ポイントを「7 Rules」と題して解説しよう。

[rule5] コンビ時計はモノトーン服に

久方ぶりにリバイバル中のコンビ時計。小振りでも存在感を放つがゆえに、合わせる服は極力控えめに徹するのが吉だ。カンタンなのは、色数を絞ったモノトーンスタイルでまとめること。全体はスッキリ、かつ手元にはアクセントが効いた、メリハリある装いを実践できる。

TUDOR
チューダー ブラックベイ 36 S&G

チューダー ブラックベイ 36 S&G
自動巻き。SSケース。SS&YGブレスレット。100m防水。61万4900円(日本ロレックス/チューダー)

31、36、39、41mmという4サイズで展開するコンビ素材ウォッチ。写真は手首の細い人にも映える36mmで、精悍な黒文字盤も印象的だ。COSCクロノメーター認定を取得した自社製キャリバーを搭載している点も見逃せない。

\ 合わせるならこんなコーデが◎ /

 
チューダー
※服はすべてスタッフ私物

全身をモノトーンで統一しつつ、モード色が強くなりすぎないよう意識することがスタイリングのコツ。ブレスレット時計は元来スポーティな顔つきゆえ、服はカジュアルにまとめたほうがバランスよく仕上がるのだ。ここではアーガイルニットでトラッドテイストに。

時計ビギン2023
『時計Begin2023 WINTER&SPRING』980円 >> Amazon.co.jpで購入
※表示価格は本書発売時(2022年12月7日現在)の税込み価格です
今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2023

VOL.336

Winter

  1. 1
LINE
SmartNews
ビジネスの装いルール完全BOOK
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop