>> この記事の先頭に戻る

BMWの車両がずらり。奥のテントが「BMW OWNER’S LOUNGE」。

大会会場にはBMWの最新車両が並び、「BMW OWNER’S LOUNGE」には今年の10月にローンチ予定の新型7シリーズも展示された。こちらは、一般チケットの方でもBMWのキーを提示すれば入場でき、展示される7シリーズの車両に乗り込むことも可能だ。また、同会場ではビュッフェ形式で食事やドリンクを楽しめるとあって、BMWファンにはたまらない空間となっていた。

キャッチ(画像4枚)

<p>「BMW OWNER’S LOUNGE」に展示されたBMWのロゴ入りゴルフウェア</p>

「BMW OWNER’S LOUNGE」に展示されたBMWのロゴ入りゴルフウェア

<p>「BMW OWNER’S LOUNGE」に展示された新型7シリーズ</p>

「BMW OWNER’S LOUNGE」に展示された新型7シリーズ

<p>運転席に乗り込んだり、触ってシートの質感を確かめありすることも可能</p>

運転席に乗り込んだり、触ってシートの質感を確かめありすることも可能

<p>「BMW OWNER’S LOUNGE」のビュッフェ</p>

「BMW OWNER’S LOUNGE」のビュッフェ

さらに、一定グレード以上のチケット保有者が入れる「エキサイティングエリア」が特定のホールで設けられ、こちらでは最前列で観戦ができた。プロのスーパーショットを間近で観られるのも本大会の楽しみの一つであった。

また、「テスト・ドライブエリア」も設けられ、BMWの最新電気自動車である「BMW iX」と「BMW i4」の試乗も可能だ。ゴルフにクルマは欠かせない。熱戦が繰り広げられる名門コースのそばでBMWの電気自動車を体感すると、改めて両者の親和性の高さに気づかされることだろう。

「BMW iX」と「BMW i4」の試乗ができるテスト・ドライブエリア
「BMW iX」と「BMW i4」の試乗ができるテスト・ドライブエリア。
最新電気自動車を試乗
最新電気自動車に試乗。

“ツアー最高峰の戦いの場を特別な舞台とする”。本大会の演出、サービスを通じて、日本でも世界基準のメジャー大会を作り上げたいというBMWの意気込みが伝わってきた。BMWは2023年、24年も日本ゴルフツアー選手権のメインスポンサーを務めることが決定している。

来年はぜひ、「BMW ULTIMATE VIP」「BMW PREMIUM VIP」のいずれかのチケットを購入して、日本最高峰のツアーを間近で観戦することをおススメしたい。必ずや思い出に残る一戦を体感できるはずだ。

キャッチ(画像5枚)

2022年の開催概要は こちら
「BMW Ultimate VIP」については こちら

写真=BMWジャパン

<p>「BMW VIP LOUNGE」のウェルカムスペース</p>

「BMW VIP LOUNGE」のウェルカムスペース

<p>ゴルフ場とは思えないほど本格的なレストラン空間に「ブルガリ イル・リストランテ ルカ・ファンティン」の料理が並ぶ。</p>

ゴルフ場とは思えないほど本格的なレストラン空間に「ブルガリ イル・リストランテ ルカ・ファンティン」の料理が並ぶ。

<p>18番グリーンの目の前に設置されたテラス席</p>

18番グリーンの目の前に設置されたテラス席

<p>「BMW OWNER’S LOUNGE」に展示されたBMWのロゴ入りゴルフウェア</p>

「BMW OWNER’S LOUNGE」に展示されたBMWのロゴ入りゴルフウェア

<p>「BMW OWNER’S LOUNGE」に展示された新型7シリーズ</p>

「BMW OWNER’S LOUNGE」に展示された新型7シリーズ

<p>運転席に乗り込んだり、触ってシートの質感を確かめありすることも可能</p>

運転席に乗り込んだり、触ってシートの質感を確かめありすることも可能

<p>「BMW OWNER’S LOUNGE」のビュッフェ</p>

「BMW OWNER’S LOUNGE」のビュッフェ

  1. 2
LINE
SmartNews
ビジネスの装いルール完全BOOK
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop