“デザイン違い”を3枚セットに。画期的なパックTの第二弾が発売!

bool(false)
Facebook
Twitter
友だち追加
Personal Fit PACK TEE

“デザイン違い”を3枚セットに。
画期的なパックTの第二弾が発売!

昨年8月に発表されて大きな話題を呼び、今なお大人気を誇る画期的な“パックT”をご存じだろうか? アメカジ好きには周知のとおり、パックTとはシンプルな無地Tシャツを複数枚セットでパッケージしたもの。もともとは全く同じTシャツをパックにするのが一般的だったが、一部のブランドでは色違いをパックにするなどの工夫も凝らして販売していた。

しかし今回ご紹介する「Personal Fit PACK TEE」は、そんな既存のパックTとは一線を画す新規軸。生地と色はすべて同じ。しかし、3つの異なるデザインがセットになった“デザイン違い”のパックTなのである。

アメリカを代表するTシャツブランドのひとつ、フルーツ オブ ザ ルームと気鋭ファッションディレクター・金子恵治氏のコラボによって生まれた本作は、ジャストサイズの「タイトフィット」、程よくゆとりのある「アメリカンフィット」、たっぷりとしたリラックスサイズの「オーバーサイジング」という3種類のTシャツがワンパッケージになっている。コーディネートやTPOに合わせて最適なシルエットを選べるというわけだ。

Personal Fit PACK TEE
昨年夏に発売された「Personal Fit PACK TEE」のイメージビジュアルより。同じ色・素材のTシャツだが、それぞれシルエットバランスが異なっている。ちなみにモデルを務めているのは本企画の考案者である金子恵治氏だ。

あの高田朋佳氏も加わった第二弾が6月に登場!

Personal Fit PACK TEE

目新しさだけでなく実用面でのメリットも大ということで、発売直後から大きな反響を呼んだ「Personal Fit PACK TEE」。その好評に応え、6月22日にシリーズ第二弾が発売開始された。今回はファッションディレクター/クリエイティブディレクターの高田朋佳氏をゲストに迎え、高田氏考案による“デザイン違い”の3パックTを製作。ドレスクロージング業界屈指の人気ディレクターとして名を馳せる氏だけに、カジュアルをメインフィールドとする金子氏とはひと味違った視点でデザインされているのが面白い。

Personal Fit PACK TEE

高田氏ディレクションによる「Personal Fit PACK TEE」は、「James」、「Steve」、「Alain」と名づけられた3つのモデルがセットに。身幅や着丈だけでなく、ネックの形や肩幅なども細かく変えて設計されている。金子氏ディレクションのもの比べて、より狭い範囲に絞り込んで微差を追求しているのが特徴だ。クラシックウェアの分野で活躍する高田氏らしいアイデアである。

Personal Fit PACK TEE

左が「James」。首周りに沿うコンパクトなクルーネックで、肩幅もジャストにデザインされている。いっぽう身幅には程よいゆとりをもたせることで、ピタピタではない今どきなシルエットに。大人のTシャツにおける王道的バランスだ。クラシックなテーラードジャケットにも抜群の相性を見せる。

中央の「Steve」は、肩幅・身頃・袖ともにゆったりと仕上げたリラックス感が印象的。ネックも「James」と比べて広めに設計され、首元に抜け感が生まれるよう計算されている。写真のようなリゾートテイストのパンツとベストマッチで、肩肘張らない休日にもってこいの使い勝手だ。

右端の「Alain」は、フレンチな“エスプリ”を意識してデザインされた一着。特徴はネックの形状で、クルーネックとボートネックの間をゆく、やや横長のシェイプを描いている。袖を若干長めに設定することで、一枚で着たときの佇まいも大変洒脱だ。

Personal Fit PACK TEE

生地は3枚とも共通で、柔らかく伸縮性に優れたコットン天竺を採用。サイドシームのない丸胴編みによって仕立てられているのも特徴で、クオリティにこだわる大人も満足するはずだ。

いまや大人の装いにおいてもマストアイテムとなったTシャツ。選択肢が多いだけにどれを選んでいいかわからず、“Tシャツ迷子”になっている方も多いことだろう。そんなお悩みにこそ効く、デザイン違いの3パックT。価格も手ごろゆえ、是非気軽にトライしてみてほしい。3枚セットで5390円。

掲載商品のお問い合わせ先

https://zozo.jp/shop/fruitoftheloom/

文=小曽根広光

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2022

VOL.334

Summer

  1. 1
LINE
SmartNews
ビジネスの装いルール完全BOOK
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop