飽和潜水ダイバーズって何?「ヘリウムエスケープバルブ」の役割教えます

bool(false)
Facebook
Twitter
友だち追加

高い防水性能や堅牢性によりアウトドアやスポーツでの活躍はもちろん、ファッションアイテムとしても人気のダイバーズウォッチ。そんなダイバーズのバイヤーズガイド『超本格ダイバーズウォッチ大全』から、その中身をピックアップしてご紹介。

500m以上は必須のプロ機能
「飽和潜水」ダイバーズ

プロフェッショナルダイバーに求められる「飽和潜水」。この特殊な深海潜水に対応するダイバーズを紹介。



高防水時計の安全を支えるヘリウムエスケープバルブ

ダイバーズウォッチの中でも、とりわけプロダイバーズの説明でよく目にするワードが“飽和潜水”だ。人体は通常、1気圧の状態で大気(窒素と酸素)と飽和状態を保っているため、100m(100気圧)であっても、その水深にいきなり潜ったらかなり危険な状態になる。これを解消する方法が飽和潜水であり、簡単にいえば、ダイバーの身体にヘリウム混合ガスによって圧力をかけ、潜る深さの水圧と同じレベルの状態にしてから潜水を行うというもの。高圧な窒素は人体に有害なので、無害なヘリウムと酸素の融合ガスが用いられる。水深400m級の飽和潜水の場合、加圧に2〜3日、減圧に20日程度をかけてDDCと呼ばれる特殊チェンバー内で加圧・減圧が行われるが、このとき非常に微細な分子であるヘリウムが高圧状態で腕に装着した時計ケース内に入り込む。これにより内外の気圧差が生まれ、その状態に耐えられなくなった風防が破裂したり、ムーブメントに異常をきたしてしまったりするのである。

こうした事態を未然に防ぐダイバーズ専用装備こそ、カール F. ブヘラ「パトラビ スキューバテック ブラック」にも搭載されるヘリウムエスケープバルブだ。ケースの左サイドに備わる可動式バルブが、時計内外の圧力差が生じた際に作動。バルブを押し上げ、ヘリウムガスが自動的に外部に排出される仕組みとなる。

ごく一部を除き、防水500m以上のモデルにはほぼ完備されているヘリウムエスケープバルブ。ただ防水性が高いだけでなく、こうした陰の存在が時計の安全を守るからこそプロダイバーズなのだ。



8時位置のバルブで
ヘリウムガスを放出!

カール F. ブヘラ
パトラビ スキューバテック ブラック

 
「飽和潜水」ダイバーズ【カール F. ブヘラ】パトラビ スキューバテック ブラック

海洋環境に考慮したオールブラック仕様
海洋のマンタ保護に取り組む非営利団体マンタトラストとのコラボモデル。チタン製ケースとセラミック製の逆回転防止ベゼルにマットブラックのDLC加工を施し、美しいパターン模様のブラック文字盤を合わせた。また、ストラップの一部に海洋で回収されたペットボトルを再生した素材を使用。COSC認定クロノメーターのCal.CFB 1950.1搭載。自動巻き。径44.6mm。500防水。

価格:99万円
問:スイスプライムブランズ
TEL:03-6226-4650

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2022

VOL.334

Summer

  1. 1
2
LINE
SmartNews
ビジネスの装いルール完全BOOK
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop