>> この記事の先頭に戻る

BELL & ROSS(ベル&ロス)
BR 05 GMT

【ベル&ロス】BR 05 GMT

「ラグジュアリースポーツの魅力は、本格的なスポーツユースではなく、シーンを選ばない日常の汎用性と躍動感ある機能性の両立にある。2019年の登場からブランドのアイコンになった人気のBR 05に初のGMTが加わった。第2時間帯を指す赤い先端のアロー針とブラック&シルバーで24時間を色分けしたフランジを装備し、基本デザインも崩さない」。自動巻き。41×41mm。SSケース&ブレスレット。63万2500円(ベル&ロス 銀座ブティック)


TUDOR(チューダー)
ブラックベイ セラミック マスタークロノメーター認定

【チューダー】ブラックベイ セラミック マスタークロノメーター認定

「チューダーは、スノーフレーク針などアーカイブに範を取るデザインと最新鋭の機能を融合したネオヴィンテージスタイルで高い支持を得ている。1954年からのダイバーズウォッチの伝統が息づくシンボリックな代表作に、耐傷性にも優れるマットブラックセラミックをケースに採用し、ムーブメントは最新鋭のマスタークロノメーター認定を取得した。高耐磁性という実用性に加えモードな魅力も増す」。自動巻き。径41mm。マットブラックセラミックケース。ファブリックストラップ。レザーとラバーライニングによるハイブリッドストラップも付属。53万9000円(日本ロレックス / チューダー)


ORIS(オリス)
ビッグクラウン ポインターデイト キャリバー403

【オリス】ビッグクラウン ポインターデイト キャリバー403

「飛行中のパイロットがグローブをつけた指先でも操作ができるように大きなリューズを備え、文字盤の外周で日付を表示する。1938年の誕生以来、この特徴を受け継ぎ、さらに最新のキャリバー403を搭載した。高耐磁性と5日間のパワーリザーブの実力に加え、オーバーホール推奨期間は10年間に延びた。38mm径という程よいサイズも長く愛用できるだろう。熟成進化と呼ぶにふさわしい傑作だ」。自動巻き。径38mm。SSケース。カーフストラップ。42万9000円(オリス ジャパン)


ZENITH(ゼニス)
クロノマスター スポーツ

【ゼニス】クロノマスター スポーツ

「スポーツクロノグラフでは、白文字盤に黒のサブダイヤルを備えた、通称パンダ顔が人気だ。これにブランドが培ってきたヘリテージデザインを盛り込むとともに、外見ばかりでなく、1/10秒単位を計測表示し、パワーリザーブも従来の50時間から60時間に延ばした最新鋭のエル・プリメロを搭載する。ハイビートクロノグラフのパイオニアは実用性に磨きをかけ、さらに進化を続ける」。自動巻き。径41mm。SSケース&ブレスレット。116万6000円(LVMHウォッチ・ジュエリー ジャパン ゼニス)

ファッション・時計ライター 柴田 充さん 選んだ人
ファッション・時計ライター
柴田 充さん
時計、ファッション、クルマ、デザインなどのジャンルを中心に、現在は広告制作や編集のほか、時計専門誌やメンズライフスタイル誌、デジタルマガジンなどで執筆中。



[MEN’S EX 2022年2月号DIGITAL Editionの記事を再構成]
※表示価格は税込み

  1. 2
LINE
SmartNews
ビジネスの装いルール完全BOOK
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop