>> この記事の先頭に戻る

【GRAY Suit/グレースーツ】
シックな印象だが地味になりすぎに注意

<p><strong>【BEAMS】<br />
“シャツタイをひと捻りし立体感あるVゾーンに”</strong><br />
──ビームスF バイヤー兼プレス 芹沢良輔さん</p>
<p>「ウールモヘアのチャコールグレースーツをネイビー系のV ゾーンでコーデ。光沢のあるスーツにマッチするよう、ネクタイは落ち着きのある色みながらポイントになるデザインのものを。さらにピンホールカラーのシャツを選び立体感を演出」<br />
 <figcaption>スーツ17万1600円/ティト アレグレット、シャツ3万3000円/マリア サンタンジェロ、タイ1万7600円/フランコバッシ、チーフ3080円/ビームスF(以上ビームス 六本木ヒルズ)</figcaption>

【BEAMS】
“シャツタイをひと捻りし立体感あるVゾーンに”

──ビームスF バイヤー兼プレス 芹沢良輔さん

「ウールモヘアのチャコールグレースーツをネイビー系のV ゾーンでコーデ。光沢のあるスーツにマッチするよう、ネクタイは落ち着きのある色みながらポイントになるデザインのものを。さらにピンホールカラーのシャツを選び立体感を演出」
 

スーツ17万1600円/ティト アレグレット、シャツ3万3000円/マリア サンタンジェロ、タイ1万7600円/フランコバッシ、チーフ3080円/ビームスF(以上ビームス 六本木ヒルズ)

<p><strong>【UNITED ARROWS】<br />
“スカーフのようなタイで育ちの良い印象に”</strong><br />
──プレス 藤原和広さん</p>
<p>「ヘリンボーンのスーツに、ベンガルストライプシャツとペイズリータイでクラシカルな雰囲気に。スカーフをしているかのような鮮やかなプリントタイで軽やかな印象をプラスしました。育ちの良さを感じさせる装いができるかと思います」<br />
 <figcaption>スーツ13万2000円、シャツ3万3000円/ 以上ソブリン、タイ2万1780円/アルクーリ、チーフ4180円/ユナイテッドアローズ(以上ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店)</figcaption>

【UNITED ARROWS】
“スカーフのようなタイで育ちの良い印象に”

──プレス 藤原和広さん

「ヘリンボーンのスーツに、ベンガルストライプシャツとペイズリータイでクラシカルな雰囲気に。スカーフをしているかのような鮮やかなプリントタイで軽やかな印象をプラスしました。育ちの良さを感じさせる装いができるかと思います」
 

スーツ13万2000円、シャツ3万3000円/ 以上ソブリン、タイ2万1780円/アルクーリ、チーフ4180円/ユナイテッドアローズ(以上ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店)

<p><strong>【SHIPS】<br />
“色数を極力絞りミニマムにコーデ”</strong><br />
──プレス 河野建徳さん</p>
<p>「ネイビーに続き、グレーのモノトーンスタイルも今季特におすすめすしたい着こなし。グレーと白のストライプタイに、白シャツを合わせて極力すっきりした装いに。フレンチシックな色使いで、余計な色は一切用いず、シンプルかつミニマムに」<br />
 <figcaption>スーツ15万9500円/ヴァルディターロ ペル シップス、シャツ1万4960円、タイ1万1000円/以上シップス(シップス 銀座店)</figcaption>

【SHIPS】
“色数を極力絞りミニマムにコーデ”

──プレス 河野建徳さん

「ネイビーに続き、グレーのモノトーンスタイルも今季特におすすめすしたい着こなし。グレーと白のストライプタイに、白シャツを合わせて極力すっきりした装いに。フレンチシックな色使いで、余計な色は一切用いず、シンプルかつミニマムに」
 

スーツ15万9500円/ヴァルディターロ ペル シップス、シャツ1万4960円、タイ1万1000円/以上シップス(シップス 銀座店)

<p><strong>【TOMORROWLAND】<br />
“マイルドな色でフレンチシックに”</strong><br />
──プレス 川辺圭一郎さん</p>
<p>「シャドーグレンチェックのグレースーツには、ベージュのシャツと茶系のナローレジメンタルタイと、暖色系の柔らかいカラーリングでVゾーンをまとめています。シックなグレーをマイルドにスタイリングして、フレンチでスタイリッシュな印象へ」<br />
 <figcaption>ジャケット7万1500円、シャツ2万2000円/ 以上トゥモローランド ピルグリム、タイ1万9800円/フラテッリ ルイージ(以上トゥモローランド) チーフ〈スタイリスト私物〉</figcaption>

【TOMORROWLAND】
“マイルドな色でフレンチシックに”

──プレス 川辺圭一郎さん

「シャドーグレンチェックのグレースーツには、ベージュのシャツと茶系のナローレジメンタルタイと、暖色系の柔らかいカラーリングでVゾーンをまとめています。シックなグレーをマイルドにスタイリングして、フレンチでスタイリッシュな印象へ」
 

ジャケット7万1500円、シャツ2万2000円/ 以上トゥモローランド ピルグリム、タイ1万9800円/フラテッリ ルイージ(以上トゥモローランド) チーフ〈スタイリスト私物〉

<p><strong>【STRASBURGO】<br />
“ベージュカラーで脱無難なグレースーツに”</strong><br />
──ストラスブルゴ 銀座店 店長 金村浩史さん</p>
<p>「トレンドのモノトーンコーデは単調にならないようにするのがコツ。シャツ、チーフにベージュ系を加えることで温かみを感じさせる着こなしにすることができます。スーツの起毛感とネクタイの素材感を合わせるのもポイントです」<br />
 <figcaption>スーツ16万9400円/サルトリオ、シャツ5万9400円/フライ、タイ3万1900円/キートン、チーフ1万6500円/アリアンナ(以上ストラスブルゴ)</figcaption>

【STRASBURGO】
“ベージュカラーで脱無難なグレースーツに”

──ストラスブルゴ 銀座店 店長 金村浩史さん

「トレンドのモノトーンコーデは単調にならないようにするのがコツ。シャツ、チーフにベージュ系を加えることで温かみを感じさせる着こなしにすることができます。スーツの起毛感とネクタイの素材感を合わせるのもポイントです」
 

スーツ16万9400円/サルトリオ、シャツ5万9400円/フライ、タイ3万1900円/キートン、チーフ1万6500円/アリアンナ(以上ストラスブルゴ)

<p><strong>【BARNEYS NEW YORK】<br />
“上質なアイテムを柔らかい印象でまとめる”</strong><br />
──MD メンズチーム マネージャー 倉科良樹さん</p>
<p>「ウールシルクのスーツ、コットンカシミアのシャツ、リネンチーフと、上質な天然素材を用いつつ、アイボリーのシャツを合わせることでVゾーンのコントラストが和ぎます。グレーベースにポイントで入ったタイのカラーもアクセントに」<br />
 <figcaption>スーツ28万3800円/ベルヴェスト、シャツ7万7000円/フライ、タイ3万5200円/アット ヴァンヌッチ、チーフ6600円/バーニーズ ニューヨーク(以上バーニーズ ニューヨーク カスタマーセンター)</figcaption>

【BARNEYS NEW YORK】
“上質なアイテムを柔らかい印象でまとめる”

──MD メンズチーム マネージャー 倉科良樹さん

「ウールシルクのスーツ、コットンカシミアのシャツ、リネンチーフと、上質な天然素材を用いつつ、アイボリーのシャツを合わせることでVゾーンのコントラストが和ぎます。グレーベースにポイントで入ったタイのカラーもアクセントに」
 

スーツ28万3800円/ベルヴェスト、シャツ7万7000円/フライ、タイ3万5200円/アット ヴァンヌッチ、チーフ6600円/バーニーズ ニューヨーク(以上バーニーズ ニューヨーク カスタマーセンター)

<p><strong>【AZABU TAILOR】<br />
“モノトーンコーデでビジネスの佇まいに”</strong><br />
──商品企画・バイヤー 高木 渉さん</p>
<p>「スーツが主張のあるチェック柄なので、シンプルな白のタブカラーシャツに、ブラックタイを合わせて、装いを引き締めました。あえてモノトーンコーデにすることでビジネスらしい佇まいに。またネクタイはカシミア生地を選び個性をプラス」<br />
 <figcaption>スーツ12万2100円、シャツ1万1000円、タイ1万1000円/以上麻布テーラー(Y&Mプレスルーム) チーフ〈スタイリスト私物〉</figcaption>

【AZABU TAILOR】
“モノトーンコーデでビジネスの佇まいに”

──商品企画・バイヤー 高木 渉さん

「スーツが主張のあるチェック柄なので、シンプルな白のタブカラーシャツに、ブラックタイを合わせて、装いを引き締めました。あえてモノトーンコーデにすることでビジネスらしい佇まいに。またネクタイはカシミア生地を選び個性をプラス」
 

スーツ12万2100円、シャツ1万1000円、タイ1万1000円/以上麻布テーラー(Y&Mプレスルーム) チーフ〈スタイリスト私物〉

<p><strong>【MITSUKOSHI ISETAN】<br />
“着心地軽やか見ためはストイック”</strong><br />
──日本橋三越 紳士服オーダーバイヤー 山浦勇樹さん</p>
<p>「オーセンティックなグレーフランネルをシックに演出したコーデ。ブラックストライプのタブカラーに、ネイビーの小紋タイで、膨張しがちなフランネルや柔らかさがあるイタリアの仕立てのアイテムを、トーンを抑えて引き締めました」<br />
 <figcaption>スーツ23万1000円〈オーダー価格、納期約5週間~〉/タイ ユア タイ、シャツ2万2000円〈オーダー価格、納期約5週間~〉/ミナミシャツ、タイ3万800円/セブンフォールド(以上日本橋三越本店) チーフ〈参考商品〉</figcaption>

【MITSUKOSHI ISETAN】
“着心地軽やか見ためはストイック”

──日本橋三越 紳士服オーダーバイヤー 山浦勇樹さん

「オーセンティックなグレーフランネルをシックに演出したコーデ。ブラックストライプのタブカラーに、ネイビーの小紋タイで、膨張しがちなフランネルや柔らかさがあるイタリアの仕立てのアイテムを、トーンを抑えて引き締めました」
 

スーツ23万1000円〈オーダー価格、納期約5週間~〉/タイ ユア タイ、シャツ2万2000円〈オーダー価格、納期約5週間~〉/ミナミシャツ、タイ3万800円/セブンフォールド(以上日本橋三越本店) チーフ〈参考商品〉

<p><strong>【NIHOMBASHI TAKASHIMAYA】<br />
“エレガント&カジュアルでまとめる”</strong><br />
──バイヤー 久曽神 健さん</p>
<p>「こちらもカジュアルなデニム生地をウールで表現したスーツの装い。ラウンドカラーのクレリックシャツでVゾーンにひねりを加えていますが、ネクタイは梳毛のウールにすることで、エレガント&カジュアルな雰囲気でスタイリングしています」<br />
 <figcaption>スーツ7万5900円、シャツ1万2100円、タイ1万1000円〈全てオーダー価格〉/以上タカシマヤ スタイルオーダーサロン(髙島屋日本橋店) チーフ〈参考商品〉</figcaption>

【NIHOMBASHI TAKASHIMAYA】
“エレガント&カジュアルでまとめる”

──バイヤー 久曽神 健さん

「こちらもカジュアルなデニム生地をウールで表現したスーツの装い。ラウンドカラーのクレリックシャツでVゾーンにひねりを加えていますが、ネクタイは梳毛のウールにすることで、エレガント&カジュアルな雰囲気でスタイリングしています」
 

スーツ7万5900円、シャツ1万2100円、タイ1万1000円〈全てオーダー価格〉/以上タカシマヤ スタイルオーダーサロン(髙島屋日本橋店) チーフ〈参考商品〉

<p><strong>【WAKO】<br />
“色を拾った基本コーデをネクタイで新鮮に”</strong><br />
──本館4階 アシスタントマネージャー 中野昌一さん</p>
<p>「ネクタイ選びでスーツの色を拾う手法は王道。このスーツはベージュのチェック柄がさり気ないアクセントになっていますが、そのベージュをタイの小剣やチーフで拾いました。基本を押さえたコーデですが、ネクタイはカーキ色で新鮮に」<br />
 <figcaption>スーツ33万円〜 〈オーダー価格〉、シャツ7万7000円、タイ1万4300円、チーフ5500円/以上和光(和光)</figcaption>

【WAKO】
“色を拾った基本コーデをネクタイで新鮮に”

──本館4階 アシスタントマネージャー 中野昌一さん

「ネクタイ選びでスーツの色を拾う手法は王道。このスーツはベージュのチェック柄がさり気ないアクセントになっていますが、そのベージュをタイの小剣やチーフで拾いました。基本を押さえたコーデですが、ネクタイはカーキ色で新鮮に」
 

スーツ33万円〜 〈オーダー価格〉、シャツ7万7000円、タイ1万4300円、チーフ5500円/以上和光(和光)



[MEN’S EX Winter 2022の記事を再構成]
※表示価格は税込み
<p><strong>【BEAMS】<br />
“シャツタイをひと捻りし立体感あるVゾーンに”</strong><br />
──ビームスF バイヤー兼プレス 芹沢良輔さん</p>
<p>「ウールモヘアのチャコールグレースーツをネイビー系のV ゾーンでコーデ。光沢のあるスーツにマッチするよう、ネクタイは落ち着きのある色みながらポイントになるデザインのものを。さらにピンホールカラーのシャツを選び立体感を演出」<br />
 <figcaption>スーツ17万1600円/ティト アレグレット、シャツ3万3000円/マリア サンタンジェロ、タイ1万7600円/フランコバッシ、チーフ3080円/ビームスF(以上ビームス 六本木ヒルズ)</figcaption>

【BEAMS】
“シャツタイをひと捻りし立体感あるVゾーンに”

──ビームスF バイヤー兼プレス 芹沢良輔さん

「ウールモヘアのチャコールグレースーツをネイビー系のV ゾーンでコーデ。光沢のあるスーツにマッチするよう、ネクタイは落ち着きのある色みながらポイントになるデザインのものを。さらにピンホールカラーのシャツを選び立体感を演出」
 

スーツ17万1600円/ティト アレグレット、シャツ3万3000円/マリア サンタンジェロ、タイ1万7600円/フランコバッシ、チーフ3080円/ビームスF(以上ビームス 六本木ヒルズ)

<p><strong>【UNITED ARROWS】<br />
“スカーフのようなタイで育ちの良い印象に”</strong><br />
──プレス 藤原和広さん</p>
<p>「ヘリンボーンのスーツに、ベンガルストライプシャツとペイズリータイでクラシカルな雰囲気に。スカーフをしているかのような鮮やかなプリントタイで軽やかな印象をプラスしました。育ちの良さを感じさせる装いができるかと思います」<br />
 <figcaption>スーツ13万2000円、シャツ3万3000円/ 以上ソブリン、タイ2万1780円/アルクーリ、チーフ4180円/ユナイテッドアローズ(以上ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店)</figcaption>

【UNITED ARROWS】
“スカーフのようなタイで育ちの良い印象に”

──プレス 藤原和広さん

「ヘリンボーンのスーツに、ベンガルストライプシャツとペイズリータイでクラシカルな雰囲気に。スカーフをしているかのような鮮やかなプリントタイで軽やかな印象をプラスしました。育ちの良さを感じさせる装いができるかと思います」
 

スーツ13万2000円、シャツ3万3000円/ 以上ソブリン、タイ2万1780円/アルクーリ、チーフ4180円/ユナイテッドアローズ(以上ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店)

<p><strong>【SHIPS】<br />
“色数を極力絞りミニマムにコーデ”</strong><br />
──プレス 河野建徳さん</p>
<p>「ネイビーに続き、グレーのモノトーンスタイルも今季特におすすめすしたい着こなし。グレーと白のストライプタイに、白シャツを合わせて極力すっきりした装いに。フレンチシックな色使いで、余計な色は一切用いず、シンプルかつミニマムに」<br />
 <figcaption>スーツ15万9500円/ヴァルディターロ ペル シップス、シャツ1万4960円、タイ1万1000円/以上シップス(シップス 銀座店)</figcaption>

【SHIPS】
“色数を極力絞りミニマムにコーデ”

──プレス 河野建徳さん

「ネイビーに続き、グレーのモノトーンスタイルも今季特におすすめすしたい着こなし。グレーと白のストライプタイに、白シャツを合わせて極力すっきりした装いに。フレンチシックな色使いで、余計な色は一切用いず、シンプルかつミニマムに」
 

スーツ15万9500円/ヴァルディターロ ペル シップス、シャツ1万4960円、タイ1万1000円/以上シップス(シップス 銀座店)

<p><strong>【TOMORROWLAND】<br />
“マイルドな色でフレンチシックに”</strong><br />
──プレス 川辺圭一郎さん</p>
<p>「シャドーグレンチェックのグレースーツには、ベージュのシャツと茶系のナローレジメンタルタイと、暖色系の柔らかいカラーリングでVゾーンをまとめています。シックなグレーをマイルドにスタイリングして、フレンチでスタイリッシュな印象へ」<br />
 <figcaption>ジャケット7万1500円、シャツ2万2000円/ 以上トゥモローランド ピルグリム、タイ1万9800円/フラテッリ ルイージ(以上トゥモローランド) チーフ〈スタイリスト私物〉</figcaption>

【TOMORROWLAND】
“マイルドな色でフレンチシックに”

──プレス 川辺圭一郎さん

「シャドーグレンチェックのグレースーツには、ベージュのシャツと茶系のナローレジメンタルタイと、暖色系の柔らかいカラーリングでVゾーンをまとめています。シックなグレーをマイルドにスタイリングして、フレンチでスタイリッシュな印象へ」
 

ジャケット7万1500円、シャツ2万2000円/ 以上トゥモローランド ピルグリム、タイ1万9800円/フラテッリ ルイージ(以上トゥモローランド) チーフ〈スタイリスト私物〉

<p><strong>【STRASBURGO】<br />
“ベージュカラーで脱無難なグレースーツに”</strong><br />
──ストラスブルゴ 銀座店 店長 金村浩史さん</p>
<p>「トレンドのモノトーンコーデは単調にならないようにするのがコツ。シャツ、チーフにベージュ系を加えることで温かみを感じさせる着こなしにすることができます。スーツの起毛感とネクタイの素材感を合わせるのもポイントです」<br />
 <figcaption>スーツ16万9400円/サルトリオ、シャツ5万9400円/フライ、タイ3万1900円/キートン、チーフ1万6500円/アリアンナ(以上ストラスブルゴ)</figcaption>

【STRASBURGO】
“ベージュカラーで脱無難なグレースーツに”

──ストラスブルゴ 銀座店 店長 金村浩史さん

「トレンドのモノトーンコーデは単調にならないようにするのがコツ。シャツ、チーフにベージュ系を加えることで温かみを感じさせる着こなしにすることができます。スーツの起毛感とネクタイの素材感を合わせるのもポイントです」
 

スーツ16万9400円/サルトリオ、シャツ5万9400円/フライ、タイ3万1900円/キートン、チーフ1万6500円/アリアンナ(以上ストラスブルゴ)

<p><strong>【BARNEYS NEW YORK】<br />
“上質なアイテムを柔らかい印象でまとめる”</strong><br />
──MD メンズチーム マネージャー 倉科良樹さん</p>
<p>「ウールシルクのスーツ、コットンカシミアのシャツ、リネンチーフと、上質な天然素材を用いつつ、アイボリーのシャツを合わせることでVゾーンのコントラストが和ぎます。グレーベースにポイントで入ったタイのカラーもアクセントに」<br />
 <figcaption>スーツ28万3800円/ベルヴェスト、シャツ7万7000円/フライ、タイ3万5200円/アット ヴァンヌッチ、チーフ6600円/バーニーズ ニューヨーク(以上バーニーズ ニューヨーク カスタマーセンター)</figcaption>

【BARNEYS NEW YORK】
“上質なアイテムを柔らかい印象でまとめる”

──MD メンズチーム マネージャー 倉科良樹さん

「ウールシルクのスーツ、コットンカシミアのシャツ、リネンチーフと、上質な天然素材を用いつつ、アイボリーのシャツを合わせることでVゾーンのコントラストが和ぎます。グレーベースにポイントで入ったタイのカラーもアクセントに」
 

スーツ28万3800円/ベルヴェスト、シャツ7万7000円/フライ、タイ3万5200円/アット ヴァンヌッチ、チーフ6600円/バーニーズ ニューヨーク(以上バーニーズ ニューヨーク カスタマーセンター)

<p><strong>【AZABU TAILOR】<br />
“モノトーンコーデでビジネスの佇まいに”</strong><br />
──商品企画・バイヤー 高木 渉さん</p>
<p>「スーツが主張のあるチェック柄なので、シンプルな白のタブカラーシャツに、ブラックタイを合わせて、装いを引き締めました。あえてモノトーンコーデにすることでビジネスらしい佇まいに。またネクタイはカシミア生地を選び個性をプラス」<br />
 <figcaption>スーツ12万2100円、シャツ1万1000円、タイ1万1000円/以上麻布テーラー(Y&Mプレスルーム) チーフ〈スタイリスト私物〉</figcaption>

【AZABU TAILOR】
“モノトーンコーデでビジネスの佇まいに”

──商品企画・バイヤー 高木 渉さん

「スーツが主張のあるチェック柄なので、シンプルな白のタブカラーシャツに、ブラックタイを合わせて、装いを引き締めました。あえてモノトーンコーデにすることでビジネスらしい佇まいに。またネクタイはカシミア生地を選び個性をプラス」
 

スーツ12万2100円、シャツ1万1000円、タイ1万1000円/以上麻布テーラー(Y&Mプレスルーム) チーフ〈スタイリスト私物〉

<p><strong>【MITSUKOSHI ISETAN】<br />
“着心地軽やか見ためはストイック”</strong><br />
──日本橋三越 紳士服オーダーバイヤー 山浦勇樹さん</p>
<p>「オーセンティックなグレーフランネルをシックに演出したコーデ。ブラックストライプのタブカラーに、ネイビーの小紋タイで、膨張しがちなフランネルや柔らかさがあるイタリアの仕立てのアイテムを、トーンを抑えて引き締めました」<br />
 <figcaption>スーツ23万1000円〈オーダー価格、納期約5週間~〉/タイ ユア タイ、シャツ2万2000円〈オーダー価格、納期約5週間~〉/ミナミシャツ、タイ3万800円/セブンフォールド(以上日本橋三越本店) チーフ〈参考商品〉</figcaption>

【MITSUKOSHI ISETAN】
“着心地軽やか見ためはストイック”

──日本橋三越 紳士服オーダーバイヤー 山浦勇樹さん

「オーセンティックなグレーフランネルをシックに演出したコーデ。ブラックストライプのタブカラーに、ネイビーの小紋タイで、膨張しがちなフランネルや柔らかさがあるイタリアの仕立てのアイテムを、トーンを抑えて引き締めました」
 

スーツ23万1000円〈オーダー価格、納期約5週間~〉/タイ ユア タイ、シャツ2万2000円〈オーダー価格、納期約5週間~〉/ミナミシャツ、タイ3万800円/セブンフォールド(以上日本橋三越本店) チーフ〈参考商品〉

<p><strong>【NIHOMBASHI TAKASHIMAYA】<br />
“エレガント&カジュアルでまとめる”</strong><br />
──バイヤー 久曽神 健さん</p>
<p>「こちらもカジュアルなデニム生地をウールで表現したスーツの装い。ラウンドカラーのクレリックシャツでVゾーンにひねりを加えていますが、ネクタイは梳毛のウールにすることで、エレガント&カジュアルな雰囲気でスタイリングしています」<br />
 <figcaption>スーツ7万5900円、シャツ1万2100円、タイ1万1000円〈全てオーダー価格〉/以上タカシマヤ スタイルオーダーサロン(髙島屋日本橋店) チーフ〈参考商品〉</figcaption>

【NIHOMBASHI TAKASHIMAYA】
“エレガント&カジュアルでまとめる”

──バイヤー 久曽神 健さん

「こちらもカジュアルなデニム生地をウールで表現したスーツの装い。ラウンドカラーのクレリックシャツでVゾーンにひねりを加えていますが、ネクタイは梳毛のウールにすることで、エレガント&カジュアルな雰囲気でスタイリングしています」
 

スーツ7万5900円、シャツ1万2100円、タイ1万1000円〈全てオーダー価格〉/以上タカシマヤ スタイルオーダーサロン(髙島屋日本橋店) チーフ〈参考商品〉

<p><strong>【WAKO】<br />
“色を拾った基本コーデをネクタイで新鮮に”</strong><br />
──本館4階 アシスタントマネージャー 中野昌一さん</p>
<p>「ネクタイ選びでスーツの色を拾う手法は王道。このスーツはベージュのチェック柄がさり気ないアクセントになっていますが、そのベージュをタイの小剣やチーフで拾いました。基本を押さえたコーデですが、ネクタイはカーキ色で新鮮に」<br />
 <figcaption>スーツ33万円〜 〈オーダー価格〉、シャツ7万7000円、タイ1万4300円、チーフ5500円/以上和光(和光)</figcaption>

【WAKO】
“色を拾った基本コーデをネクタイで新鮮に”

──本館4階 アシスタントマネージャー 中野昌一さん

「ネクタイ選びでスーツの色を拾う手法は王道。このスーツはベージュのチェック柄がさり気ないアクセントになっていますが、そのベージュをタイの小剣やチーフで拾いました。基本を押さえたコーデですが、ネクタイはカーキ色で新鮮に」
 

スーツ33万円〜 〈オーダー価格〉、シャツ7万7000円、タイ1万4300円、チーフ5500円/以上和光(和光)

  1. 2
LINE
SmartNews
ビジネスの装いルール完全BOOK
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop