ジャケットよりもニットのほうが「お洒落な印象」は簡単に作れるという事実!

bool(false)
Facebook
Twitter
友だち追加

「仕事をラクにする」新しい服50のルール
ニットonシャツでノーJK(ジャケット)も品よく

仕事服のカジュアル化がいっそう進みもはや冬でもジャケット不要になったという方も増えているはず。とはいえ、休日に見えないきちんと感は保ちたい。

そんな方には、シャツにハイゲージのニットを重ねたミニマルなレイヤードがおすすめ。色使いは極力絞り、柄も一切排除してユニフォーム的に装うのがポイントだ。少々モードな趣も漂うコーディネートのため、シンプルでも洗練された印象を築ける。



SLOANE(スローン)

 Point! 
色使いは極力絞って

スローンのハイゲージニット
シャツ3万7400円/ブリエンヌ パリ × ディス、パンツ6万500円/カルーゾ(以上トゥモローランド) メガネ4万1800円/OBJ×RAINMAKER(オブジェ・イースト) 靴13万8600円/オールデン(ラコタ) ソックス〈スタイリスト私物〉

一枚でもサマになる上質素材と美フォルム
エクストラファインメリノウールをフルファッションで編んだハイゲージニット。キメの整った美しい編み地は、シンプルながら確かなクラス感を湛えている。タイトすぎずユルすぎないシルエットも絶妙で、ニット一枚で着ても仕事の節度をキープ可能。2万6400円(スローン)



[MEN’S EX Autumn 2021の記事を再構成]
※表示価格は税込み。

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2021

Winter VOL.329

  1. 1
LINE
SmartNews
ビジネスの装いルール完全BOOK
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop