>> この記事の先頭に戻る

まだあるラコステの隠れ名作をチェック!

“LACOSTE LOOP POLO”(ラコステの「ラコステ ループ ポロ」)

 
ラコステポロの知られざるツウなモデル ラコステ ループ ポロ

リサイクルコットンを“味”にしたエコなだけじゃない技ありポロ
同系色のワニでさりげない個性を主張できるのが特徴……と思いきや、実はこちら、サステナビリティに配慮しているのが最大のポイント。余剰在庫からリサイクルしたコットンを30%ミックスし、環境負荷を軽減している。さらに注目すべきは、新旧の素材が入り混じることにより、一着一着に異なるニュアンスが生まれていること。エコに貢献しつつ、ファッションアイテムとしての“味”も深めているあたりがなんとも巧い。1万8700円(ラコステお客様センター)



“BODY SIZE BIG POLO SHIRT”(ラコステの「ボディーサイズ ビッグポロシャツ」)

 
ラコステポロの知られざるツウなモデル ボディーサイズ ビッグポロシャツ

リラックスフィット×ドレスな襟というありそうでなかったコンビネーション
近年ポロシャツと並んで人気を博していた鹿の子Tシャツと同じく、丸胴(サイドに縫い目がなく、肌当たりがスムースな仕立て)で編み立てたリラックスポロ。身頃・袖ともに「L.12.12」と比べてゆとりをもたせたシルエットを採用しているが、一方で首元はドレッシーな台襟つき。ルーズフィットでもだらしなく見せないバランスが絶妙だ。印象的なシルエットゆえ、ベーシックなコーディネートにアクセントをつけてくれるのが魅力。1万5400円(ラコステお客様センター)



“COTTON JERSEY POLO”(ラコステの「コットンジャージーポロ」)

 
ラコステポロの知られざるツウなモデル コットンジャージーポロ

シック&ミニマルに仕上げたモダンスポーティな一着
薄手で滑らかなコットンジャージーを採用。肌触りのよさに加え、テロンとした生地感が生み出すドレープの美しさも目を惹くポイントだ。ワニのアイコンはボディと同系色であしらい、モダンな表情を演出。よく見るとボタンもマットな同系色になっていて、ミニマルなムードの演出に一役買っている。夏のビジネスシーンにも最適だ。サイドシーム部分に小さな隠しポケットがつけられているのもユニーク。7月下旬発売予定。1万7600円(ラコステお客様センター)



[MEN’S EX 2021年9月号DIGITAL Editionの記事を再構成]
※表示価格は税込み。

  1. 2
LINE
SmartNews
ビジネスの装いルール完全BOOK
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop