>> この記事の先頭に戻る

【テクニック22】
カーディガン感覚の4Bジャケットを
ニットポロとローファーで上品に

ユナイテッドアローズ チーフバイヤー 豊永譲司さん(37)の着こなし

「ドレススタイルのもつ上品さやエレガンスを大事にしながらも、リラックス感のある今の気分を表現したく、カーディガンのように着られる4Bジャケットを軸にコーディネートしました」全体をワントーンでまとめながら、インナーのニットポロやダークブラウンローファーで落ち着きと軽快さを同時に演出しているのもポイントだ。

<p>白のニットポロは、ボタンを一番上まで留めてエレガントな着こなしに。</p>

白のニットポロは、ボタンを一番上まで留めてエレガントな着こなしに。

<p>「自分の等身大のように身体に馴染む時計が好き」という豊永さん。グレースーツと合わせてシルバーメタルブレスのロレックスで上品な手元を演出。</p>

「自分の等身大のように身体に馴染む時計が好き」という豊永さん。グレースーツと合わせてシルバーメタルブレスのロレックスで上品な手元を演出。

<p>ローファーは落ち着きのある茶色を選び、品の良さと軽快さを表現。</p>

ローファーは落ち着きのある茶色を選び、品の良さと軽快さを表現。

【テクニック23】
盛夏のブラックリネンスーツに
太レジメンタイで存在感をプラス

ソブリン ブランドディレクター 太田裕康さん(51)の着こなし

Instagram:hiroyasu33

初夏に映えるヘビーウエイトのブラックリネンスーツを、黒×茶でストイックにまとめた着こなし。「シャツはタブカラーにすることで、襟元をコンパクトに演出。ここにタイはブラックとベージュの太めレジメンタルストライプで、アクセントを付けています」リネンの雰囲気に合わせて、足元もブラックスリッポンで、軽さを出している。

<p>白シャツの襟元はラウンドタブカラーで、タイのノットもコンパクトに。黒と茶のワイドレジメンタルタイが、黒リネンスーツに映える。</p>

白シャツの襟元はラウンドタブカラーで、タイのノットもコンパクトに。黒と茶のワイドレジメンタルタイが、黒リネンスーツに映える。

<p>1970年頃のパテック フィリップは、27-460と言う銘機が搭載されているホワイトゴールドのカラトラバ。「手首が細いので、フェイスの大きな時計はつけない主義。当時と同じ様な、薄くてステッチレスの光沢あるクロコダイルのベルトを作成してつけました。上品な面持ちが物凄く気に入っています」</p>

1970年頃のパテック フィリップは、27-460と言う銘機が搭載されているホワイトゴールドのカラトラバ。「手首が細いので、フェイスの大きな時計はつけない主義。当時と同じ様な、薄くてステッチレスの光沢あるクロコダイルのベルトを作成してつけました。上品な面持ちが物凄く気に入っています」

<p>足元はブラックレザーとスエードのコンビスリッポンで軽さを出した。スーツスタイルなので、ソックスをきちんと履くことで上品をキープ。</p>

足元はブラックレザーとスエードのコンビスリッポンで軽さを出した。スーツスタイルなので、ソックスをきちんと履くことで上品をキープ。



[MEN’S EX Summer 2021の記事を再構成]
<p>白のニットポロは、ボタンを一番上まで留めてエレガントな着こなしに。</p>

白のニットポロは、ボタンを一番上まで留めてエレガントな着こなしに。

<p>「自分の等身大のように身体に馴染む時計が好き」という豊永さん。グレースーツと合わせてシルバーメタルブレスのロレックスで上品な手元を演出。</p>

「自分の等身大のように身体に馴染む時計が好き」という豊永さん。グレースーツと合わせてシルバーメタルブレスのロレックスで上品な手元を演出。

<p>ローファーは落ち着きのある茶色を選び、品の良さと軽快さを表現。</p>

ローファーは落ち着きのある茶色を選び、品の良さと軽快さを表現。

<p>白シャツの襟元はラウンドタブカラーで、タイのノットもコンパクトに。黒と茶のワイドレジメンタルタイが、黒リネンスーツに映える。</p>

白シャツの襟元はラウンドタブカラーで、タイのノットもコンパクトに。黒と茶のワイドレジメンタルタイが、黒リネンスーツに映える。

<p>1970年頃のパテック フィリップは、27-460と言う銘機が搭載されているホワイトゴールドのカラトラバ。「手首が細いので、フェイスの大きな時計はつけない主義。当時と同じ様な、薄くてステッチレスの光沢あるクロコダイルのベルトを作成してつけました。上品な面持ちが物凄く気に入っています」</p>

1970年頃のパテック フィリップは、27-460と言う銘機が搭載されているホワイトゴールドのカラトラバ。「手首が細いので、フェイスの大きな時計はつけない主義。当時と同じ様な、薄くてステッチレスの光沢あるクロコダイルのベルトを作成してつけました。上品な面持ちが物凄く気に入っています」

<p>足元はブラックレザーとスエードのコンビスリッポンで軽さを出した。スーツスタイルなので、ソックスをきちんと履くことで上品をキープ。</p>

足元はブラックレザーとスエードのコンビスリッポンで軽さを出した。スーツスタイルなので、ソックスをきちんと履くことで上品をキープ。

  1. 2
LINE
SmartNews
ビジネスの装いルール完全BOOK
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop