今注目を集める「旧いクルマ」の世界観を『オートモビルカウンシル』の会場に見た

array(8) { [0]=> array(2) { ["entry_gallery_image"]=> array(24) { ["ID"]=> int(1198353) ["id"]=> int(1198353) ["title"]=> string(20) "car_20210504_event_1" ["filename"]=> string(24) "car_20210504_event_1.jpg" ["filesize"]=> int(141195) ["url"]=> string(77) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/04/car_20210504_event_1.jpg" ["link"]=> string(60) "https://www.mens-ex.jp/archives/1198347/car_20210504_event_1" ["alt"]=> string(0) "" ["author"]=> string(2) "10" ["description"]=> string(0) "" ["caption"]=> string(0) "" ["name"]=> string(20) "car_20210504_event_1" ["status"]=> string(7) "inherit" ["uploaded_to"]=> int(1198347) ["date"]=> string(19) "2021-04-30 05:01:42" ["modified"]=> string(19) "2021-04-30 05:01:42" ["menu_order"]=> int(0) ["mime_type"]=> string(10) "image/jpeg" ["type"]=> string(5) "image" ["subtype"]=> string(4) "jpeg" ["icon"]=> string(62) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-includes/images/media/default.png" ["width"]=> int(750) ["height"]=> int(500) ["sizes"]=> array(12) { ["thumbnail"]=> string(85) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/04/car_20210504_event_1-150x150.jpg" ["thumbnail-width"]=> int(150) ["thumbnail-height"]=> int(150) ["medium"]=> string(85) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/04/car_20210504_event_1-300x200.jpg" ["medium-width"]=> int(300) ["medium-height"]=> int(200) ["medium_large"]=> string(77) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/04/car_20210504_event_1.jpg" ["medium_large-width"]=> int(750) ["medium_large-height"]=> int(500) ["large"]=> string(77) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/04/car_20210504_event_1.jpg" ["large-width"]=> int(750) ["large-height"]=> int(500) } } ["entry_gallery_description"]=> string(307) "

主催者テーマ展示「マツダ、ルマン優勝までの軌跡」のマツダ 787B。マツダの技術の結晶であるロータリーエンジンを搭載している。確実なパフォーマンスと信頼性の高さで、日本車初のルマン優勝を飾った歴史的1台だ。

" } [1]=> array(2) { ["entry_gallery_image"]=> array(24) { ["ID"]=> int(1198354) ["id"]=> int(1198354) ["title"]=> string(20) "car_20210504_event_2" ["filename"]=> string(24) "car_20210504_event_2.jpg" ["filesize"]=> int(145744) ["url"]=> string(77) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/04/car_20210504_event_2.jpg" ["link"]=> string(60) "https://www.mens-ex.jp/archives/1198347/car_20210504_event_2" ["alt"]=> string(0) "" ["author"]=> string(2) "10" ["description"]=> string(0) "" ["caption"]=> string(0) "" ["name"]=> string(20) "car_20210504_event_2" ["status"]=> string(7) "inherit" ["uploaded_to"]=> int(1198347) ["date"]=> string(19) "2021-04-30 05:01:48" ["modified"]=> string(19) "2021-04-30 05:01:48" ["menu_order"]=> int(0) ["mime_type"]=> string(10) "image/jpeg" ["type"]=> string(5) "image" ["subtype"]=> string(4) "jpeg" ["icon"]=> string(62) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-includes/images/media/default.png" ["width"]=> int(750) ["height"]=> int(500) ["sizes"]=> array(12) { ["thumbnail"]=> string(85) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/04/car_20210504_event_2-150x150.jpg" ["thumbnail-width"]=> int(150) ["thumbnail-height"]=> int(150) ["medium"]=> string(85) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/04/car_20210504_event_2-300x200.jpg" ["medium-width"]=> int(300) ["medium-height"]=> int(200) ["medium_large"]=> string(77) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/04/car_20210504_event_2.jpg" ["medium_large-width"]=> int(750) ["medium_large-height"]=> int(500) ["large"]=> string(77) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/04/car_20210504_event_2.jpg" ["large-width"]=> int(750) ["large-height"]=> int(500) } } ["entry_gallery_description"]=> string(420) "

主催者テーマ展示「時代を進めたラリーカーの戦闘美」に飾られたランチア ストラトス。車幅1700mmに全長3700mmという変わった車体は非常に印象的。これにより驚異的な旋回性能を実現したが、ドライバーからは「コースがすべてカーブなら良いのに」と言われるほど扱いが難しく、恐れられていたという。

" } [2]=> array(2) { ["entry_gallery_image"]=> array(24) { ["ID"]=> int(1198355) ["id"]=> int(1198355) ["title"]=> string(20) "car_20210504_event_3" ["filename"]=> string(24) "car_20210504_event_3.jpg" ["filesize"]=> int(150767) ["url"]=> string(77) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/04/car_20210504_event_3.jpg" ["link"]=> string(60) "https://www.mens-ex.jp/archives/1198347/car_20210504_event_3" ["alt"]=> string(0) "" ["author"]=> string(2) "10" ["description"]=> string(0) "" ["caption"]=> string(0) "" ["name"]=> string(20) "car_20210504_event_3" ["status"]=> string(7) "inherit" ["uploaded_to"]=> int(1198347) ["date"]=> string(19) "2021-04-30 05:02:05" ["modified"]=> string(19) "2021-04-30 05:02:05" ["menu_order"]=> int(0) ["mime_type"]=> string(10) "image/jpeg" ["type"]=> string(5) "image" ["subtype"]=> string(4) "jpeg" ["icon"]=> string(62) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-includes/images/media/default.png" ["width"]=> int(750) ["height"]=> int(500) ["sizes"]=> array(12) { ["thumbnail"]=> string(85) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/04/car_20210504_event_3-150x150.jpg" ["thumbnail-width"]=> int(150) ["thumbnail-height"]=> int(150) ["medium"]=> string(85) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/04/car_20210504_event_3-300x200.jpg" ["medium-width"]=> int(300) ["medium-height"]=> int(200) ["medium_large"]=> string(77) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/04/car_20210504_event_3.jpg" ["medium_large-width"]=> int(750) ["medium_large-height"]=> int(500) ["large"]=> string(77) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/04/car_20210504_event_3.jpg" ["large-width"]=> int(750) ["large-height"]=> int(500) } } ["entry_gallery_description"]=> string(378) "

主催者テーマ展示のランチア 037ラリー。80年代当時、ラリーでは4WDを搭載するマシンが圧倒的走破性で猛威を振るっていた。037ラリーは2WDでありながら、当時最強を謳われたアウディ クワトロに勝利したことで伝説のモデルに。「最後にラリーで優勝した2WD車」と呼ばれた。

" } [3]=> array(2) { ["entry_gallery_image"]=> array(24) { ["ID"]=> int(1198356) ["id"]=> int(1198356) ["title"]=> string(20) "car_20210504_event_4" ["filename"]=> string(24) "car_20210504_event_4.jpg" ["filesize"]=> int(69487) ["url"]=> string(77) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/04/car_20210504_event_4.jpg" ["link"]=> string(60) "https://www.mens-ex.jp/archives/1198347/car_20210504_event_4" ["alt"]=> string(0) "" ["author"]=> string(2) "10" ["description"]=> string(0) "" ["caption"]=> string(0) "" ["name"]=> string(20) "car_20210504_event_4" ["status"]=> string(7) "inherit" ["uploaded_to"]=> int(1198347) ["date"]=> string(19) "2021-04-30 05:02:14" ["modified"]=> string(19) "2021-04-30 05:02:14" ["menu_order"]=> int(0) ["mime_type"]=> string(10) "image/jpeg" ["type"]=> string(5) "image" ["subtype"]=> string(4) "jpeg" ["icon"]=> string(62) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-includes/images/media/default.png" ["width"]=> int(750) ["height"]=> int(563) ["sizes"]=> array(12) { ["thumbnail"]=> string(85) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/04/car_20210504_event_4-150x150.jpg" ["thumbnail-width"]=> int(150) ["thumbnail-height"]=> int(150) ["medium"]=> string(85) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/04/car_20210504_event_4-300x225.jpg" ["medium-width"]=> int(300) ["medium-height"]=> int(225) ["medium_large"]=> string(77) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/04/car_20210504_event_4.jpg" ["medium_large-width"]=> int(750) ["medium_large-height"]=> int(563) ["large"]=> string(77) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/04/car_20210504_event_4.jpg" ["large-width"]=> int(750) ["large-height"]=> int(563) } } ["entry_gallery_description"]=> string(309) "

旧いクルマだけでなく、アストンマーティン DBSスーパーレッジェーラのような最新モデルも展示されていた。DB11の高性能モデルとして登場、専用設計の軽量ボディと725psのエンジンでアストンマーティン量産車最速を誇る。

" } [4]=> array(2) { ["entry_gallery_image"]=> array(24) { ["ID"]=> int(1198357) ["id"]=> int(1198357) ["title"]=> string(20) "car_20210504_event_5" ["filename"]=> string(24) "car_20210504_event_5.jpg" ["filesize"]=> int(97304) ["url"]=> string(77) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/04/car_20210504_event_5.jpg" ["link"]=> string(60) "https://www.mens-ex.jp/archives/1198347/car_20210504_event_5" ["alt"]=> string(0) "" ["author"]=> string(2) "10" ["description"]=> string(0) "" ["caption"]=> string(0) "" ["name"]=> string(20) "car_20210504_event_5" ["status"]=> string(7) "inherit" ["uploaded_to"]=> int(1198347) ["date"]=> string(19) "2021-04-30 05:02:20" ["modified"]=> string(19) "2021-04-30 05:02:20" ["menu_order"]=> int(0) ["mime_type"]=> string(10) "image/jpeg" ["type"]=> string(5) "image" ["subtype"]=> string(4) "jpeg" ["icon"]=> string(62) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-includes/images/media/default.png" ["width"]=> int(750) ["height"]=> int(500) ["sizes"]=> array(12) { ["thumbnail"]=> string(85) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/04/car_20210504_event_5-150x150.jpg" ["thumbnail-width"]=> int(150) ["thumbnail-height"]=> int(150) ["medium"]=> string(85) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/04/car_20210504_event_5-300x200.jpg" ["medium-width"]=> int(300) ["medium-height"]=> int(200) ["medium_large"]=> string(77) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/04/car_20210504_event_5.jpg" ["medium_large-width"]=> int(750) ["medium_large-height"]=> int(500) ["large"]=> string(77) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/04/car_20210504_event_5.jpg" ["large-width"]=> int(750) ["large-height"]=> int(500) } } ["entry_gallery_description"]=> string(331) "

日本車ではトヨタ 2000GTなどが展示されていた。ヤマハとの共同開発で1967年に登場。職人の手作業で製造され、国産初のスーパーカーと呼ばれている。日本を舞台とした映画『007は二度死ぬ』では、ボンドカーとして劇中にも登場している。

" } [5]=> array(2) { ["entry_gallery_image"]=> array(24) { ["ID"]=> int(1198358) ["id"]=> int(1198358) ["title"]=> string(20) "car_20210504_event_6" ["filename"]=> string(24) "car_20210504_event_6.jpg" ["filesize"]=> int(65404) ["url"]=> string(77) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/04/car_20210504_event_6.jpg" ["link"]=> string(60) "https://www.mens-ex.jp/archives/1198347/car_20210504_event_6" ["alt"]=> string(0) "" ["author"]=> string(2) "10" ["description"]=> string(0) "" ["caption"]=> string(0) "" ["name"]=> string(20) "car_20210504_event_6" ["status"]=> string(7) "inherit" ["uploaded_to"]=> int(1198347) ["date"]=> string(19) "2021-04-30 05:02:26" ["modified"]=> string(19) "2021-04-30 05:02:26" ["menu_order"]=> int(0) ["mime_type"]=> string(10) "image/jpeg" ["type"]=> string(5) "image" ["subtype"]=> string(4) "jpeg" ["icon"]=> string(62) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-includes/images/media/default.png" ["width"]=> int(750) ["height"]=> int(563) ["sizes"]=> array(12) { ["thumbnail"]=> string(85) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/04/car_20210504_event_6-150x150.jpg" ["thumbnail-width"]=> int(150) ["thumbnail-height"]=> int(150) ["medium"]=> string(85) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/04/car_20210504_event_6-300x225.jpg" ["medium-width"]=> int(300) ["medium-height"]=> int(225) ["medium_large"]=> string(77) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/04/car_20210504_event_6.jpg" ["medium_large-width"]=> int(750) ["medium_large-height"]=> int(563) ["large"]=> string(77) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/04/car_20210504_event_6.jpg" ["large-width"]=> int(750) ["large-height"]=> int(563) } } ["entry_gallery_description"]=> string(305) "

こちらはシトロエン 2CV。優れた経済性と利便性の良さで1949年〜1990年まで製造されたロングセラーモデルで、当時のフランスを代表する国民車として知られている。今でもこの可愛らしいルックスで人気の高いクルマだ。

" } [6]=> array(2) { ["entry_gallery_image"]=> array(24) { ["ID"]=> int(1198359) ["id"]=> int(1198359) ["title"]=> string(20) "car_20210504_event_7" ["filename"]=> string(24) "car_20210504_event_7.jpg" ["filesize"]=> int(131542) ["url"]=> string(77) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/04/car_20210504_event_7.jpg" ["link"]=> string(60) "https://www.mens-ex.jp/archives/1198347/car_20210504_event_7" ["alt"]=> string(0) "" ["author"]=> string(2) "10" ["description"]=> string(0) "" ["caption"]=> string(0) "" ["name"]=> string(20) "car_20210504_event_7" ["status"]=> string(7) "inherit" ["uploaded_to"]=> int(1198347) ["date"]=> string(19) "2021-04-30 05:02:33" ["modified"]=> string(19) "2021-04-30 05:02:33" ["menu_order"]=> int(0) ["mime_type"]=> string(10) "image/jpeg" ["type"]=> string(5) "image" ["subtype"]=> string(4) "jpeg" ["icon"]=> string(62) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-includes/images/media/default.png" ["width"]=> int(750) ["height"]=> int(500) ["sizes"]=> array(12) { ["thumbnail"]=> string(85) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/04/car_20210504_event_7-150x150.jpg" ["thumbnail-width"]=> int(150) ["thumbnail-height"]=> int(150) ["medium"]=> string(85) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/04/car_20210504_event_7-300x200.jpg" ["medium-width"]=> int(300) ["medium-height"]=> int(200) ["medium_large"]=> string(77) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/04/car_20210504_event_7.jpg" ["medium_large-width"]=> int(750) ["medium_large-height"]=> int(500) ["large"]=> string(77) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/04/car_20210504_event_7.jpg" ["large-width"]=> int(750) ["large-height"]=> int(500) } } ["entry_gallery_description"]=> string(332) "

1400万円のクラシック ミニも展示されていた。もちろん“ただのミニ”ではなく、ボディやインテリア、装備などに現代の技術を取り入れたレストモッド車と呼ばれる1台。往年の名車を気軽に普段使いできるように、と手が加えられている。

" } [7]=> array(2) { ["entry_gallery_image"]=> array(24) { ["ID"]=> int(1198360) ["id"]=> int(1198360) ["title"]=> string(20) "car_20210504_event_8" ["filename"]=> string(24) "car_20210504_event_8.jpg" ["filesize"]=> int(119364) ["url"]=> string(77) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/04/car_20210504_event_8.jpg" ["link"]=> string(60) "https://www.mens-ex.jp/archives/1198347/car_20210504_event_8" ["alt"]=> string(0) "" ["author"]=> string(2) "10" ["description"]=> string(0) "" ["caption"]=> string(0) "" ["name"]=> string(20) "car_20210504_event_8" ["status"]=> string(7) "inherit" ["uploaded_to"]=> int(1198347) ["date"]=> string(19) "2021-04-30 05:02:38" ["modified"]=> string(19) "2021-04-30 05:02:38" ["menu_order"]=> int(0) ["mime_type"]=> string(10) "image/jpeg" ["type"]=> string(5) "image" ["subtype"]=> string(4) "jpeg" ["icon"]=> string(62) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-includes/images/media/default.png" ["width"]=> int(750) ["height"]=> int(500) ["sizes"]=> array(12) { ["thumbnail"]=> string(85) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/04/car_20210504_event_8-150x150.jpg" ["thumbnail-width"]=> int(150) ["thumbnail-height"]=> int(150) ["medium"]=> string(85) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/04/car_20210504_event_8-300x200.jpg" ["medium-width"]=> int(300) ["medium-height"]=> int(200) ["medium_large"]=> string(77) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/04/car_20210504_event_8.jpg" ["medium_large-width"]=> int(750) ["medium_large-height"]=> int(500) ["large"]=> string(77) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/04/car_20210504_event_8.jpg" ["large-width"]=> int(750) ["large-height"]=> int(500) } } ["entry_gallery_description"]=> string(438) "

ジャガーカークラブからは、レーシング仕様にカスタムされたジャガー Eタイプが展示されていた。1961年に発売されたこのモデルは、ロングノーズショートデッキの贅沢な美しさを備えた1台。その美しさは当時フェラーリの創設者エンツォ・フェラーリが「今までのスポーツカーで最も美しい」と称賛したほどである。

" } }
Facebook
Twitter
友だち追加
オートモビルカウンシル2021

今こそ手に入れるべき、時を越えて熟成した中古車の魅力

2021年4月、「日本のクルマ文化を創造し、その魅力を世界へ広める」ことを目的としたイベント、オートモビルカウンシル2021が開催された。テーマはClassic Meets Modern。6回目となる今回も、VW ゴルフといった大衆車からジャガー Eタイプなどの伝説的なクルマまで、幅広いジャンルと世代の数多くの名車が展示された。中でもクラシックカーやネオクラシックカーに分類される、60年代〜90年代までの中古車の人気が現在高まってきている。その理由とは一体なんだろうか?

時は遡って80年代〜90年代、今で言うネオクラシックカーが最新モデルとして走っていた時代だ。トレンディドラマやファッション誌に”ガイシャ”が溢れ、いつか手に入れたいと思っていた若者も多かった。しかし、値段も高くなかなか手に入れることは難しかったため、憧れで終わった人も多かったことであろう。それから数十年、憧れていた車に数十年越しの魅力を感じている、40代50代となった当時の”若者たち”に時間とお金の余裕が生まれた。さらに、当時のクルマたちが中古で手の届きやすい価格になったということもあり、現在、旧いクルマの人気が高まっているのだ。

そんな事情もあってか、近年ではレストアやレストモッドなどを取り扱う専門ショップが増えてきている。オリジナルを尊重する老舗ショップから、海外の派手なカスタムを再現するショップまで、そのジャンルも様々だ。なかには日本の法律に合わせて、クラシック ミニを軽規格に改造しているショップなどもあるほど。

ただ、人気が上がるにつれて、この世代のクルマは市場価格が全体的に上昇傾向となっている。スポーツモデルやオープンモデルはその傾向がさらに強く、その理由としては現在の厳しい安全基準や環境基準では、昔ほど個性の強いクルマを作れなくなってしまい、これにより旧いクルマを求める者が増え、そのため良物件のタマ数が減った。需要と供給のバランスによって価格は上昇した、数年前までの相場と比べ、2〜3倍値が上がっているクルマも多いのが現実だ。

展示車両をチェック(画像8枚)

<p>主催者テーマ展示「マツダ、ルマン優勝までの軌跡」のマツダ 787B。マツダの技術の結晶であるロータリーエンジンを搭載している。確実なパフォーマンスと信頼性の高さで、日本車初のルマン優勝を飾った歴史的1台だ。</p>

主催者テーマ展示「マツダ、ルマン優勝までの軌跡」のマツダ 787B。マツダの技術の結晶であるロータリーエンジンを搭載している。確実なパフォーマンスと信頼性の高さで、日本車初のルマン優勝を飾った歴史的1台だ。

<p>主催者テーマ展示「時代を進めたラリーカーの戦闘美」に飾られたランチア ストラトス。車幅1700mmに全長3700mmという変わった車体は非常に印象的。これにより驚異的な旋回性能を実現したが、ドライバーからは「コースがすべてカーブなら良いのに」と言われるほど扱いが難しく、恐れられていたという。</p>

主催者テーマ展示「時代を進めたラリーカーの戦闘美」に飾られたランチア ストラトス。車幅1700mmに全長3700mmという変わった車体は非常に印象的。これにより驚異的な旋回性能を実現したが、ドライバーからは「コースがすべてカーブなら良いのに」と言われるほど扱いが難しく、恐れられていたという。

<p>主催者テーマ展示のランチア 037ラリー。80年代当時、ラリーでは4WDを搭載するマシンが圧倒的走破性で猛威を振るっていた。037ラリーは2WDでありながら、当時最強を謳われたアウディ クワトロに勝利したことで伝説のモデルに。「最後にラリーで優勝した2WD車」と呼ばれた。</p>

主催者テーマ展示のランチア 037ラリー。80年代当時、ラリーでは4WDを搭載するマシンが圧倒的走破性で猛威を振るっていた。037ラリーは2WDでありながら、当時最強を謳われたアウディ クワトロに勝利したことで伝説のモデルに。「最後にラリーで優勝した2WD車」と呼ばれた。

<p>旧いクルマだけでなく、アストンマーティン DBSスーパーレッジェーラのような最新モデルも展示されていた。DB11の高性能モデルとして登場、専用設計の軽量ボディと725psのエンジンでアストンマーティン量産車最速を誇る。</p>

旧いクルマだけでなく、アストンマーティン DBSスーパーレッジェーラのような最新モデルも展示されていた。DB11の高性能モデルとして登場、専用設計の軽量ボディと725psのエンジンでアストンマーティン量産車最速を誇る。

<p>日本車ではトヨタ 2000GTなどが展示されていた。ヤマハとの共同開発で1967年に登場。職人の手作業で製造され、国産初のスーパーカーと呼ばれている。日本を舞台とした映画『007は二度死ぬ』では、ボンドカーとして劇中にも登場している。</p>

日本車ではトヨタ 2000GTなどが展示されていた。ヤマハとの共同開発で1967年に登場。職人の手作業で製造され、国産初のスーパーカーと呼ばれている。日本を舞台とした映画『007は二度死ぬ』では、ボンドカーとして劇中にも登場している。

<p>こちらはシトロエン 2CV。優れた経済性と利便性の良さで1949年〜1990年まで製造されたロングセラーモデルで、当時のフランスを代表する国民車として知られている。今でもこの可愛らしいルックスで人気の高いクルマだ。</p>

こちらはシトロエン 2CV。優れた経済性と利便性の良さで1949年〜1990年まで製造されたロングセラーモデルで、当時のフランスを代表する国民車として知られている。今でもこの可愛らしいルックスで人気の高いクルマだ。

<p>1400万円のクラシック ミニも展示されていた。もちろん“ただのミニ”ではなく、ボディやインテリア、装備などに現代の技術を取り入れたレストモッド車と呼ばれる1台。往年の名車を気軽に普段使いできるように、と手が加えられている。</p>

1400万円のクラシック ミニも展示されていた。もちろん“ただのミニ”ではなく、ボディやインテリア、装備などに現代の技術を取り入れたレストモッド車と呼ばれる1台。往年の名車を気軽に普段使いできるように、と手が加えられている。

<p>ジャガーカークラブからは、レーシング仕様にカスタムされたジャガー Eタイプが展示されていた。1961年に発売されたこのモデルは、ロングノーズショートデッキの贅沢な美しさを備えた1台。その美しさは当時フェラーリの創設者エンツォ・フェラーリが「今までのスポーツカーで最も美しい」と称賛したほどである。</p>

ジャガーカークラブからは、レーシング仕様にカスタムされたジャガー Eタイプが展示されていた。1961年に発売されたこのモデルは、ロングノーズショートデッキの贅沢な美しさを備えた1台。その美しさは当時フェラーリの創設者エンツォ・フェラーリが「今までのスポーツカーで最も美しい」と称賛したほどである。

<p>主催者テーマ展示「マツダ、ルマン優勝までの軌跡」のマツダ 787B。マツダの技術の結晶であるロータリーエンジンを搭載している。確実なパフォーマンスと信頼性の高さで、日本車初のルマン優勝を飾った歴史的1台だ。</p>

主催者テーマ展示「マツダ、ルマン優勝までの軌跡」のマツダ 787B。マツダの技術の結晶であるロータリーエンジンを搭載している。確実なパフォーマンスと信頼性の高さで、日本車初のルマン優勝を飾った歴史的1台だ。

<p>主催者テーマ展示「時代を進めたラリーカーの戦闘美」に飾られたランチア ストラトス。車幅1700mmに全長3700mmという変わった車体は非常に印象的。これにより驚異的な旋回性能を実現したが、ドライバーからは「コースがすべてカーブなら良いのに」と言われるほど扱いが難しく、恐れられていたという。</p>

主催者テーマ展示「時代を進めたラリーカーの戦闘美」に飾られたランチア ストラトス。車幅1700mmに全長3700mmという変わった車体は非常に印象的。これにより驚異的な旋回性能を実現したが、ドライバーからは「コースがすべてカーブなら良いのに」と言われるほど扱いが難しく、恐れられていたという。

<p>主催者テーマ展示のランチア 037ラリー。80年代当時、ラリーでは4WDを搭載するマシンが圧倒的走破性で猛威を振るっていた。037ラリーは2WDでありながら、当時最強を謳われたアウディ クワトロに勝利したことで伝説のモデルに。「最後にラリーで優勝した2WD車」と呼ばれた。</p>

主催者テーマ展示のランチア 037ラリー。80年代当時、ラリーでは4WDを搭載するマシンが圧倒的走破性で猛威を振るっていた。037ラリーは2WDでありながら、当時最強を謳われたアウディ クワトロに勝利したことで伝説のモデルに。「最後にラリーで優勝した2WD車」と呼ばれた。

<p>旧いクルマだけでなく、アストンマーティン DBSスーパーレッジェーラのような最新モデルも展示されていた。DB11の高性能モデルとして登場、専用設計の軽量ボディと725psのエンジンでアストンマーティン量産車最速を誇る。</p>

旧いクルマだけでなく、アストンマーティン DBSスーパーレッジェーラのような最新モデルも展示されていた。DB11の高性能モデルとして登場、専用設計の軽量ボディと725psのエンジンでアストンマーティン量産車最速を誇る。

<p>日本車ではトヨタ 2000GTなどが展示されていた。ヤマハとの共同開発で1967年に登場。職人の手作業で製造され、国産初のスーパーカーと呼ばれている。日本を舞台とした映画『007は二度死ぬ』では、ボンドカーとして劇中にも登場している。</p>

日本車ではトヨタ 2000GTなどが展示されていた。ヤマハとの共同開発で1967年に登場。職人の手作業で製造され、国産初のスーパーカーと呼ばれている。日本を舞台とした映画『007は二度死ぬ』では、ボンドカーとして劇中にも登場している。

<p>こちらはシトロエン 2CV。優れた経済性と利便性の良さで1949年〜1990年まで製造されたロングセラーモデルで、当時のフランスを代表する国民車として知られている。今でもこの可愛らしいルックスで人気の高いクルマだ。</p>

こちらはシトロエン 2CV。優れた経済性と利便性の良さで1949年〜1990年まで製造されたロングセラーモデルで、当時のフランスを代表する国民車として知られている。今でもこの可愛らしいルックスで人気の高いクルマだ。

<p>1400万円のクラシック ミニも展示されていた。もちろん“ただのミニ”ではなく、ボディやインテリア、装備などに現代の技術を取り入れたレストモッド車と呼ばれる1台。往年の名車を気軽に普段使いできるように、と手が加えられている。</p>

1400万円のクラシック ミニも展示されていた。もちろん“ただのミニ”ではなく、ボディやインテリア、装備などに現代の技術を取り入れたレストモッド車と呼ばれる1台。往年の名車を気軽に普段使いできるように、と手が加えられている。

<p>ジャガーカークラブからは、レーシング仕様にカスタムされたジャガー Eタイプが展示されていた。1961年に発売されたこのモデルは、ロングノーズショートデッキの贅沢な美しさを備えた1台。その美しさは当時フェラーリの創設者エンツォ・フェラーリが「今までのスポーツカーで最も美しい」と称賛したほどである。</p>

ジャガーカークラブからは、レーシング仕様にカスタムされたジャガー Eタイプが展示されていた。1961年に発売されたこのモデルは、ロングノーズショートデッキの贅沢な美しさを備えた1台。その美しさは当時フェラーリの創設者エンツォ・フェラーリが「今までのスポーツカーで最も美しい」と称賛したほどである。

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2021

Jul. VOL.323

7

[DIGITAL Edition]

  1. 1
2
LINE
SmartNews
無料会員登録
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop