「ゆとり世代でもスポ根!」元フェアリージャパン・坪井保菜美さんの夢

bool(false)
Facebook
Twitter
友だち追加

東京五輪のゴルフ日本代表ヘッドコーチを務める丸山茂樹プロが、オリンピアンと語らいながらそのライフスタイルを深掘りする本企画。第12回のゲストは、2008年北京五輪の新体操日本代表「フェアリージャパン」のメンバー坪井保菜美さん。引退後プロゴルファーを目指した逸話も飛び出した。

【Fun for Win】VOL.12
東京五輪ゴルフ日本代表ヘッドコーチ 丸山茂樹×坪井保菜美[後編]

>>>[前編]はこちら

【特別対談】東京五輪ゴルフ日本代表ヘッドコーチ・丸山茂樹 × 新体操・坪井保菜_後半TOP

丸山茂樹さん
1969年生まれ。千葉出身。日本ツアー通算10勝。2000年よりアメリカツアーに参戦して3勝。2002年には伊澤利光プロとゴルフワールドカップを制覇。現在はゴルフ解説などで活躍する傍ら、ジュニアゴルファーの育成にも尽力。東京五輪ではリオデジャネイロ五輪に続き、ゴルフ日本代表ヘッドコーチを務める。愛称は“マルちゃん”。セガサミーホールディングス所属。

坪井保菜美さん
1989年生まれ、岐阜出身。5歳から新体操を始め、2008年の北京五輪に日本代表「フェアリージャパン」のメンバーとして出場。翌年、世界選手権大会の種目別決勝で4位入賞し、同年、二十歳で現役引退。現在は新体操の指導者やヨガのインストラクターとして教えるほかに、タレントや趣味の絵を生かしてアーティストとしても活動している。愛称は“ほっち”。

坪井 今は新体操とヨガを教える仕事をしています。結局、身体で表現することが好きなようで、それが仕事に繋がっているのが嬉しいですね。

丸山 どんな方に教えているんですか?

坪井 新体操は子どもたちに教えたり、講演のような形で自分の経験を話したりすることが多いですね。3歳ぐらいの小さな子だと、レオタードの着替えを保母さんのように手伝うこともありますよ。子どもたちの柔軟な発想には、いつも驚かされます。ヨガの方は少人数のクラスで教えることが多くて、松山英樹プロとご一緒したこともあるんですよ。

丸山 英樹がヨガを? 確かに、トレーニングにヨガを取り入れているゴルファーは多いと聞きます。

坪井 あとは絵を描くのも好きです。

丸山 インスタグラムにもたくさんの絵をアップされていますね。

坪井 モチーフは花や浮世絵、キャラクターが多いですね。お店やホテルの壁面に、絵を描く仕事もしています。絵をはじめ、手芸や陶芸など手を動かすことは子どもの頃から大好き。弟も大学で日本画を学ぶなど、もともと絵が好きな家系なんです。

丸山 さすが表現者。絵心ゼロの身としては尊敬します。若い頃から注目されると自分磨きも大変だと思いますが、心掛けていることはありますか?

坪井 焼き肉、餃子、お酒も大好きで特別何かしているわけではありませんが、登山やランニングなどでアクティブに過ごしています。

丸山 自宅のジムにはエアロバイクもトレッドミルもありますが、埃だらけで一歩も近づいていないなあ。ランニングコースを考えるのは難しくないですか?

坪井 私は1周5キロの公園を2周したりしますよ。

丸山 なるほど。河川敷などを走ると、どこで折り返していいかわからなくて。必ずクラブハウスに戻るゴルフコースのようなランニングコースなら安心ですね。

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2021

Dec. VOL.328

12

[DIGITAL Edition]

  1. 1
2
LINE
SmartNews
ビジネスの装いルール完全BOOK
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop