ピンクとブルーのシャツがお洒落に見える理由【着こなし4選】

array(4) { [0]=> array(2) { ["entry_gallery_image"]=> array(24) { ["ID"]=> int(1197785) ["id"]=> int(1197785) ["title"]=> string(14) "ME2106-14-15-3" ["filename"]=> string(18) "ME2106-14-15-3.jpg" ["filesize"]=> int(228862) ["url"]=> string(71) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/04/ME2106-14-15-3.jpg" ["link"]=> string(54) "https://www.mens-ex.jp/archives/1197781/me2106-14-15-3" ["alt"]=> string(51) "紺ストスーツとピンクのカラーシャツ" ["author"]=> string(2) "39" ["description"]=> string(0) "" ["caption"]=> string(0) "" ["name"]=> string(14) "me2106-14-15-3" ["status"]=> string(7) "inherit" ["uploaded_to"]=> int(1197781) ["date"]=> string(19) "2021-04-26 03:17:28" ["modified"]=> string(19) "2021-04-26 06:07:42" ["menu_order"]=> int(0) ["mime_type"]=> string(10) "image/jpeg" ["type"]=> string(5) "image" ["subtype"]=> string(4) "jpeg" ["icon"]=> string(62) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-includes/images/media/default.png" ["width"]=> int(750) ["height"]=> int(852) ["sizes"]=> array(12) { ["thumbnail"]=> string(79) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/04/ME2106-14-15-3-150x150.jpg" ["thumbnail-width"]=> int(150) ["thumbnail-height"]=> int(150) ["medium"]=> string(79) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/04/ME2106-14-15-3-264x300.jpg" ["medium-width"]=> int(264) ["medium-height"]=> int(300) ["medium_large"]=> string(71) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/04/ME2106-14-15-3.jpg" ["medium_large-width"]=> int(750) ["medium_large-height"]=> int(852) ["large"]=> string(71) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/04/ME2106-14-15-3.jpg" ["large-width"]=> int(750) ["large-height"]=> int(852) } } ["entry_gallery_description"]=> string(563) "

王道の紺ストスーツをピンクでほんのり柔らかに
ビジネスの勝負時に頼りになる端正な紺ストスーツも、ピンクシャツを挟めば程よくフランクに。クライアントとの会食や若い部下たちとのミーティングがある日に最適。スーツ27万5000円/ジャンフランコ ボメザドリ(バインド ピーアール) タイ1万7600円/ホリデー&ブラウン(ビームス 六本木ヒルズ) ※シャツは上の画像[右]と同じ。

" } [1]=> array(2) { ["entry_gallery_image"]=> array(24) { ["ID"]=> int(1197784) ["id"]=> int(1197784) ["title"]=> string(14) "ME2106-14-15-2" ["filename"]=> string(18) "ME2106-14-15-2.jpg" ["filesize"]=> int(213339) ["url"]=> string(71) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/04/ME2106-14-15-2.jpg" ["link"]=> string(54) "https://www.mens-ex.jp/archives/1197781/me2106-14-15-2" ["alt"]=> string(45) "ノータイとピンクのカラーシャツ" ["author"]=> string(2) "39" ["description"]=> string(0) "" ["caption"]=> string(0) "" ["name"]=> string(14) "me2106-14-15-2" ["status"]=> string(7) "inherit" ["uploaded_to"]=> int(1197781) ["date"]=> string(19) "2021-04-26 03:17:28" ["modified"]=> string(19) "2021-04-26 06:07:42" ["menu_order"]=> int(0) ["mime_type"]=> string(10) "image/jpeg" ["type"]=> string(5) "image" ["subtype"]=> string(4) "jpeg" ["icon"]=> string(62) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-includes/images/media/default.png" ["width"]=> int(750) ["height"]=> int(852) ["sizes"]=> array(12) { ["thumbnail"]=> string(79) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/04/ME2106-14-15-2-150x150.jpg" ["thumbnail-width"]=> int(150) ["thumbnail-height"]=> int(150) ["medium"]=> string(79) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/04/ME2106-14-15-2-264x300.jpg" ["medium-width"]=> int(264) ["medium-height"]=> int(300) ["medium_large"]=> string(71) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/04/ME2106-14-15-2.jpg" ["medium_large-width"]=> int(750) ["medium_large-height"]=> int(852) ["large"]=> string(71) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/04/ME2106-14-15-2.jpg" ["large-width"]=> int(750) ["large-height"]=> int(852) } } ["entry_gallery_description"]=> string(549) "

ノータイスタイルも色シャツなら華やぎあり
白シャツでノータイだと間の抜けた感じになりがちだが、色シャツなら一定の洒落感をキープ。特にブラウンとピンクの合わせはエレガントにまとまる。スカーフを加えればより完璧。スーツ11万6600円/ビームスF(ビームス 六本木ヒルズ) スカーフ1万5400円/ステファノ カウ(バインド ピーアール) ※シャツは上の画像[右]と同じ。

" } [2]=> array(2) { ["entry_gallery_image"]=> array(24) { ["ID"]=> int(1197786) ["id"]=> int(1197786) ["title"]=> string(14) "ME2106-14-15-4" ["filename"]=> string(18) "ME2106-14-15-4.jpg" ["filesize"]=> int(309739) ["url"]=> string(71) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/04/ME2106-14-15-4.jpg" ["link"]=> string(54) "https://www.mens-ex.jp/archives/1197781/me2106-14-15-4" ["alt"]=> string(69) "グレーのストライプスーツとブルーのカラーシャツ" ["author"]=> string(2) "39" ["description"]=> string(0) "" ["caption"]=> string(0) "" ["name"]=> string(14) "me2106-14-15-4" ["status"]=> string(7) "inherit" ["uploaded_to"]=> int(1197781) ["date"]=> string(19) "2021-04-26 03:17:29" ["modified"]=> string(19) "2021-04-26 06:07:42" ["menu_order"]=> int(0) ["mime_type"]=> string(10) "image/jpeg" ["type"]=> string(5) "image" ["subtype"]=> string(4) "jpeg" ["icon"]=> string(62) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-includes/images/media/default.png" ["width"]=> int(750) ["height"]=> int(852) ["sizes"]=> array(12) { ["thumbnail"]=> string(79) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/04/ME2106-14-15-4-150x150.jpg" ["thumbnail-width"]=> int(150) ["thumbnail-height"]=> int(150) ["medium"]=> string(79) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/04/ME2106-14-15-4-264x300.jpg" ["medium-width"]=> int(264) ["medium-height"]=> int(300) ["medium_large"]=> string(71) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/04/ME2106-14-15-4.jpg" ["medium_large-width"]=> int(750) ["medium_large-height"]=> int(852) ["large"]=> string(71) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/04/ME2106-14-15-4.jpg" ["large-width"]=> int(750) ["large-height"]=> int(852) } } ["entry_gallery_description"]=> string(547) "

クラシックな雰囲気を壊さずに洒落感アップ
グレーのストライプスーツにレジメンタイという正統的コーデ。こんなクラシックな雰囲気の装いを、格調高く見せるのがブルーのシャツの良さ。タイの色柄や艶やかな素材感も際立つ。スーツ30万2500円/スティレ ラティーノ、タイ1万8700円/フランチェスコ マリーノ(以上ビームス 六本木ヒルズ) ※シャツは上の画像[左]と同じ。

" } [3]=> array(2) { ["entry_gallery_image"]=> array(24) { ["ID"]=> int(1197787) ["id"]=> int(1197787) ["title"]=> string(14) "ME2106-14-15-5" ["filename"]=> string(18) "ME2106-14-15-5.jpg" ["filesize"]=> int(202170) ["url"]=> string(71) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/04/ME2106-14-15-5.jpg" ["link"]=> string(54) "https://www.mens-ex.jp/archives/1197781/me2106-14-15-5" ["alt"]=> string(66) "ネイビーのダブルスーツとブルーのカラーシャツ" ["author"]=> string(2) "39" ["description"]=> string(0) "" ["caption"]=> string(0) "" ["name"]=> string(14) "me2106-14-15-5" ["status"]=> string(7) "inherit" ["uploaded_to"]=> int(1197781) ["date"]=> string(19) "2021-04-26 03:17:30" ["modified"]=> string(19) "2021-04-26 06:07:42" ["menu_order"]=> int(0) ["mime_type"]=> string(10) "image/jpeg" ["type"]=> string(5) "image" ["subtype"]=> string(4) "jpeg" ["icon"]=> string(62) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-includes/images/media/default.png" ["width"]=> int(750) ["height"]=> int(852) ["sizes"]=> array(12) { ["thumbnail"]=> string(79) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/04/ME2106-14-15-5-150x150.jpg" ["thumbnail-width"]=> int(150) ["thumbnail-height"]=> int(150) ["medium"]=> string(79) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/04/ME2106-14-15-5-264x300.jpg" ["medium-width"]=> int(264) ["medium-height"]=> int(300) ["medium_large"]=> string(71) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/04/ME2106-14-15-5.jpg" ["medium_large-width"]=> int(750) ["medium_large-height"]=> int(852) ["large"]=> string(71) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/04/ME2106-14-15-5.jpg" ["large-width"]=> int(750) ["large-height"]=> int(852) } } ["entry_gallery_description"]=> string(555) "

いまどきのダブルを一層若々しく爽やかに見せる
軽快な仕立てでダブルの重厚感を中和したジャケットに黒のニットタイを合わせた着こなし。合わせるシャツは白よりブルーが最適。ジャケットの浅いネイビーとリンクし、より若々しく爽やかなスタイリングとなる。ジャケット16万2800円、タイ1万2100円/以上ルイジ ボレッリ(バインド ピーアール) ※シャツは上の画像[左]と同じ。

" } }
Facebook
Twitter
友だち追加
ピンク&ブルーのカラーシャツの着こなし
ピンク&ブルーのカラーシャツによるコーディネート実例。

ピンク&ブルーの[カラーシャツ]

色シャツ初心者におすすめなのが淡いピンクやブルー。およそどんな色のスーツ&ジャケットにも馴染み、それでいて確実に印象チェンジを図れる。

ピンクとブルーのカラーシャツ  

[左]UNITED ARROWS(ユナイテッドアローズ)

 

淡いブルーのシャツは誰もが一枚は持っておくべきベーシックアイテム。リピート率の高い“イージーケア”シリーズの一枚で、コットン100%のジャージーゆえ着心地がよく第一ボタンを開けても様になる。1万3200円(ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店)

[右]LES LESTON FOR SHIPS(レスレストン フォー シップス)

 

国内最高峰のビスポークシャツメーカーが製作する、シップス渾身のオリジナル。淡いピンクと新たに採用したコンパクトなワイド襟が相まって、旬のフレンチっぽい着こなしに映えそう。コットン100%の生地は80双糸のオックス。2万7940円(シップス 銀座店)

<p><strong>王道の紺ストスーツをピンクでほんのり柔らかに</strong><br />
ビジネスの勝負時に頼りになる端正な紺ストスーツも、ピンクシャツを挟めば程よくフランクに。クライアントとの会食や若い部下たちとのミーティングがある日に最適。スーツ27万5000円/ジャンフランコ ボメザドリ(バインド ピーアール) タイ1万7600円/ホリデー&ブラウン(ビームス 六本木ヒルズ) ※シャツは上の画像[右]と同じ。</p>

王道の紺ストスーツをピンクでほんのり柔らかに
ビジネスの勝負時に頼りになる端正な紺ストスーツも、ピンクシャツを挟めば程よくフランクに。クライアントとの会食や若い部下たちとのミーティングがある日に最適。スーツ27万5000円/ジャンフランコ ボメザドリ(バインド ピーアール) タイ1万7600円/ホリデー&ブラウン(ビームス 六本木ヒルズ) ※シャツは上の画像[右]と同じ。

<p><strong>ノータイスタイルも色シャツなら華やぎあり</strong><br />
白シャツでノータイだと間の抜けた感じになりがちだが、色シャツなら一定の洒落感をキープ。特にブラウンとピンクの合わせはエレガントにまとまる。スカーフを加えればより完璧。スーツ11万6600円/ビームスF(ビームス 六本木ヒルズ) スカーフ1万5400円/ステファノ カウ(バインド ピーアール) ※シャツは上の画像[右]と同じ。</p>

ノータイスタイルも色シャツなら華やぎあり
白シャツでノータイだと間の抜けた感じになりがちだが、色シャツなら一定の洒落感をキープ。特にブラウンとピンクの合わせはエレガントにまとまる。スカーフを加えればより完璧。スーツ11万6600円/ビームスF(ビームス 六本木ヒルズ) スカーフ1万5400円/ステファノ カウ(バインド ピーアール) ※シャツは上の画像[右]と同じ。

<p><strong>クラシックな雰囲気を壊さずに洒落感アップ</strong><br />
グレーのストライプスーツにレジメンタイという正統的コーデ。こんなクラシックな雰囲気の装いを、格調高く見せるのがブルーのシャツの良さ。タイの色柄や艶やかな素材感も際立つ。スーツ30万2500円/スティレ ラティーノ、タイ1万8700円/フランチェスコ マリーノ(以上ビームス 六本木ヒルズ) ※シャツは上の画像[左]と同じ。</p>

クラシックな雰囲気を壊さずに洒落感アップ
グレーのストライプスーツにレジメンタイという正統的コーデ。こんなクラシックな雰囲気の装いを、格調高く見せるのがブルーのシャツの良さ。タイの色柄や艶やかな素材感も際立つ。スーツ30万2500円/スティレ ラティーノ、タイ1万8700円/フランチェスコ マリーノ(以上ビームス 六本木ヒルズ) ※シャツは上の画像[左]と同じ。

<p><strong>いまどきのダブルを一層若々しく爽やかに見せる</strong><br />
軽快な仕立てでダブルの重厚感を中和したジャケットに黒のニットタイを合わせた着こなし。合わせるシャツは白よりブルーが最適。ジャケットの浅いネイビーとリンクし、より若々しく爽やかなスタイリングとなる。ジャケット16万2800円、タイ1万2100円/以上ルイジ ボレッリ(バインド ピーアール) ※シャツは上の画像[左]と同じ。</p>

いまどきのダブルを一層若々しく爽やかに見せる
軽快な仕立てでダブルの重厚感を中和したジャケットに黒のニットタイを合わせた着こなし。合わせるシャツは白よりブルーが最適。ジャケットの浅いネイビーとリンクし、より若々しく爽やかなスタイリングとなる。ジャケット16万2800円、タイ1万2100円/以上ルイジ ボレッリ(バインド ピーアール) ※シャツは上の画像[左]と同じ。

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2021

Dec. VOL.328

12

[DIGITAL Edition]

  1. 1
2
LINE
SmartNews
ビジネスの装いルール完全BOOK
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop