>> この記事の先頭に戻る

春の日差しに映え印象もぐっと垢抜ける

ビジネスで着用することを考慮した結果、手持ちのスーツやジャケットは紺やグレー、茶の地味目な色ばかりという人も多いだろう。せっかく装いの自由度が上がっているのだから、もう少し色で遊んでみてもいい。そこでおすすめしたいのがライトベージュのジャケットだ。パッと華やいだ雰囲気をもたらしつつ、リネンやコットンなどのクラシックな夏服地に多い色のため、けっして派手過ぎにならないのがいい。

またどんな色味とも合わせやすいのもライトベージュのメリット。茶系でトーンを揃えればコロニアル風に、また今回は紹介しなかったが黒のアイテムと合わせればモダンな雰囲気となる。もちろん日差しが強くなるこれからの季節に映え、涼しげに見えるのもポイント。オフ白に近い色なら肌の色を綺麗に写す効能も高く、若々しく見せたいミドルはなおさら要注目である。

[左]茶のスカーフでエレガントにメリハリ
[右]リッチなゴールドケースの時計とも相性抜群

ライトベージュでイメージ一新_タリアトーレ_ボリオリ
[左]ニット6万8000円/マロ(三崎商事) スカーフ9000円、靴4万9000円/以上ポール・スチュアート(ポール・スチュアート 青山本店) パンツ3万円/トゥモローランド ピルグリム(トゥモローランド) 鞄〈スタイリスト私物〉
[右]シャツ2万5000円/ドレイクス(ドレイクス 銀座店) タイ1万6000円/フランコ バッシ、チーフ7000円/ペトロニウス、靴7万4000円/クロケット&ジョーンズ(以上ビームス 六本木ヒルズ) パンツ9800円/ユニバーサルランゲージ(ユニバーサルランゲージ 渋谷店) 時計106万円/ゼニス(LVMHウォッチ・ジュエリー ジャパン ゼニス)

[左]BOGLIOLIE(ボリオリ)
ベージュの上品さ際立つシルク100%生地

アンコンジャケットの名手ボリオリ。こちらは高級素材を用いるのがお約束の「Kジャケット」の新作で、生地はシルク100%らしいしなやかさをたっぷり湛える。綺麗に着られるベージュジャケットをお探しなら好適だ。写真のようなシンプルな着こなしもラグジュアリーな雰囲気に。13万5000円(三崎商事)

[右]TAGLIATORE(タリアトーレ)
赤みの強いベージュなら一層洒落たムードに

ベージュとブラウンを混ぜたような色味の生地は微妙な織り柄入りで表情も豊か。ここにヴィンテージ感ある真鍮のボタンを合わせるセンスもさすがタリアトーレだ。パルプ繊維とコットンなどをブレンドした生地は清涼なタッチで、軽量な仕立てと相まって着心地も極上だ。8万6000円(トレメッツォ)

[Keywords/Memo]
ベージュはどんな印象をもたらす?

「ベージュは、いわゆる“人肌”の色。あたたかみを感じさせ、優しい気持ちにしてくれる色です。特に春のベージュは、気持ちのいい陽光を連想させ、声がかけやすいような温もりある印象を演出します。ここで合わせている白やブラウンはベージュの家族のような色で馴染みよく、好印象をもたらします。(カラープロデューサー 今井志保子さん)

[MEN’S EX Spring/Summer 2021の記事を再構成]
※表示価格は税抜き

  1. 2
LINE
SmartNews
ビジネスの装いルール完全BOOK
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop