スーツ姿を知的に見せる「サイズ選び」の正解とは?【ビジネスの装いルール完全BOOK】

bool(false)
Facebook
Twitter
友だち追加

ビジネスの装いとは、その人の第⼀印象を決めるコミュニケーションツールの⼀つ。

MEN’S EX編集部がまとめた新刊『ビジネスの装いルール完全BOOK』は、そんな「きちんと感」の装い方をスーツ、ビジネスカジュアル、冠婚葬祭などのフォーマルまで網羅しています。ここでは、その中から一部をピックアップしてご紹介!

「長さ」に失敗の落とし穴

長さ

せっかくスーツを着るのなら、それによって「きちんとした人」に見られたいし、仕事ができる人だとアピールしたい。

「スーツさえ着ればかっこよく見える」と思っている方も多いのだが、それを素敵に見せるために、一番重要なのは、それが高級かどうかなどではなく、「サイズ感」である。

体型の良し悪しにかかわらず、貴方にとってのジャストサイズなスーツは必ずある。そしてスマートに正しくスーツを着たいなら知っておくべきポイントの最たるものが「長さ」。

ジャケットの着丈や袖丈、パンツの裾丈の長さは、見た目の印象を大きく左右する。それゆえスーツを購入する際には必ず試着し、必要があればお直しをすることが肝心だ。

ジャケットの丈の長さの正解は……
貴方のお尻はきちんと隠れていますか?

ジャケットの丈

[正解は]きちんとお尻が隠れる長さ

上着の裾はお尻を隠すのが基本だ。お尻と太ももの境目が少し見えるぐらいの長さが、理想と言える。若い世代のスーツには短丈のデザインのものもあり、お尻が丸見えの寸足らずのデザインも見受けられるが、大人の装いには適さない。また長すぎると野暮ったくなるので注意すること。

こんな仕草が似合うのもジャケットの丈が適切だから。

ジャケット丈
ジャケット丈2
今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2021

Dec. VOL.328

12

[DIGITAL Edition]

  1. 1
2
LINE
SmartNews
ビジネスの装いルール完全BOOK
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop