>> この記事の先頭に戻る

ROTA / ロータ

ロータ
パンツ6万円/ロータ(ストラスブルゴ) ジャケット11万8000円/ヴァルディターロ ペル シップス(シップス 銀座店) ニット2万3000円/マッキントッシュ ロンドン(SANYO SHOKAI) 時計54万円/ゼニス(ゼニス) 靴5万2000円/デザインワークス(デザインワークス 銀座) ソックス〈スタイリスト私物〉

英国クラシックの象徴的な柄とあって、比較的チャレンジしやすいハウンドトゥース。こんな小柄なら、なおさらだ。グレー×ブラックというベーシックな配色も、取り入れやすい要因に。ブレザーとニットを共にブラックで合わせれば、統一感が出る上にトレンドのモノトーンスタイルも楽しむことが出来る。

UNIVERSAL LANGUAGE / ユニバーサルランゲージ

ユニバーサルランゲージ
パンツ1万5800円/ユニバーサルランゲージ(ユニバーサルランゲージ 渋谷店) ニットポロ1万1000円/ユニバーサルランゲージ ジャケット1万3000円/エトネ(以上ユニバーサルランゲージ 渋谷店) 時計79万5000円/IWC(IWC) 靴3万9000円/フェランテ(エスディーアイ)

ウールトロピカルに乗せた、中柄のオーバープレイド。とはいえ、ダークトーンかつモノトーンでの表現は実に控えめ。ニットで揃えたジャケット&ポロシャツを同じグレー系で合わせれば、一層馴染みやすい。無地同士なら馴染みすぎてのっぺりとしがちだが、柄パンツなら表情に奥ゆきが出る。

BERNARD ZINS / ベルナール ザンス

ベルナール ザンス
パンツ3万9000円/ベルナール ザンス(エディフィス 新宿) ジャケット7万5000円/ゼロナインゼロナイン(インテレプレ)ニット2万3000円/スローン(スローン) 靴7万8000円/クロケット&ジョーンズ(グリフィンインターナショナル)

エディフィスの別注モデル、「ラスパイユ」。ダークネイビーにレッド&ブルーのオーバーペーンをデザイン。定番モデル「バック」をベースにし、さらにゆとりを持たせてモダンな印象に。一見難易度が高く見えるが、ベースカラーがビジネス定番色とあって、トップスと同調すれば意外に遊び感は控えめになる。



※表示価格は税抜き
[MEN’S EX 2021年1・2・3月合併号の記事を再構成](スタッフクレジットは本誌に記載)
  1. 2
LINE
SmartNews
ビジネスの装いルール完全BOOK
星のや
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop