パルミジャーニ(時計) パルミジャーニ(時計)

>> この記事の先頭に戻る

12月に人気だったスーツ&ジャケットの胸元実例10選はこちら!

<p><strong>1位<br />
ビジカジに困らない万能インナーとは?【1分で出来る胸元お洒落】</strong><br />
リモートワークの普及により、ますますノータイの装いが増加している昨今のビジネスシーン。シャツタイ以外の合わせ方のバリエーションがなく、困惑している人も多いのではないだろうか。そこでノータイに間違いないのが黒のポロシャツだ。襟付きだからビジネスシーンでもしっかりとした印象を与え、ドレスコードが堅めな職場のビジカジスタイルにも最適だ。さらに、黒色が全体の装いを引き締めてくれるため、大人らしい見た目に仕上がるのだ。<small>(MEN’S EX 2020年12月号掲載)</small></p>

1位
ビジカジに困らない万能インナーとは?【1分で出来る胸元お洒落】

リモートワークの普及により、ますますノータイの装いが増加している昨今のビジネスシーン。シャツタイ以外の合わせ方のバリエーションがなく、困惑している人も多いのではないだろうか。そこでノータイに間違いないのが黒のポロシャツだ。襟付きだからビジネスシーンでもしっかりとした印象を与え、ドレスコードが堅めな職場のビジカジスタイルにも最適だ。さらに、黒色が全体の装いを引き締めてくれるため、大人らしい見た目に仕上がるのだ。(MEN’S EX 2020年12月号掲載)

<p><strong>2位<br />
シャツの工夫でグレースーツを「脱・おじさん」な着こなしに【1分で出来る胸元お洒落】</strong><br />
ミドルエイジのグレースーツスタイルは独特の渋さがあり魅力的だが、油断していると地味で老けこんだ印象を与えかねない。そこで、おすすめしたいのが、クレリックシャツを取り入れた着こなしだ。襟部分が白い生地に切り替わっていることで、顔回りにメリハリが生まれる。装いがぼやけた印象になるのを防ぐことができるのだ。<small>(MEN’S EX 2020年12月号掲載)</small></p>

2位
シャツの工夫でグレースーツを「脱・おじさん」な着こなしに【1分で出来る胸元お洒落】

ミドルエイジのグレースーツスタイルは独特の渋さがあり魅力的だが、油断していると地味で老けこんだ印象を与えかねない。そこで、おすすめしたいのが、クレリックシャツを取り入れた着こなしだ。襟部分が白い生地に切り替わっていることで、顔回りにメリハリが生まれる。装いがぼやけた印象になるのを防ぐことができるのだ。(MEN’S EX 2020年12月号掲載)

<p><strong>3位<br />
平日ビジカジと休日カジュアル、どっちも使えるスーツとは?【1分で出来る胸元お洒落】</strong><br />
リモートワークが珍しくなくなった今、畏まりすぎずフランクな気分でスーツを楽しむ機運が高まっている。そんな新しいスーツスタイルにおすすめなのが、オンオフ兼用できる生地のスーツだ。例えばこちらのウールコーデュロイのスーツ。コーデュロイのフランクな面持ちもありつつ、ウールのしっとりとしたツヤ感も備え、オンに相応しい上品さとオフにも最適な寛ぎ感を両立している。写真のように、黒タートルを合わせればきちんと感が増し、よりビジカジにマッチした装いとなる。<small>(MEN’S EX 2020年12月号掲載)</small></p>

3位
平日ビジカジと休日カジュアル、どっちも使えるスーツとは?【1分で出来る胸元お洒落】

リモートワークが珍しくなくなった今、畏まりすぎずフランクな気分でスーツを楽しむ機運が高まっている。そんな新しいスーツスタイルにおすすめなのが、オンオフ兼用できる生地のスーツだ。例えばこちらのウールコーデュロイのスーツ。コーデュロイのフランクな面持ちもありつつ、ウールのしっとりとしたツヤ感も備え、オンに相応しい上品さとオフにも最適な寛ぎ感を両立している。写真のように、黒タートルを合わせればきちんと感が増し、よりビジカジにマッチした装いとなる。(MEN’S EX 2020年12月号掲載)

<p><strong>4位<br />
基本のグレースーツを特別にする「グレー・オン・グレー」とは?【1分で出来る胸元お洒落】</strong><br />
誰しもが1着は持っているだろう、スーツの王道ともいえるグレースーツ。落ち着いた色なだけに、地味で無難な着こなしにならないようにするには「グレー・オン・グレー」を心掛けてみると良い。こちらの写真は、ライトグレーのスーツに、ダークグレーの細ストライプ柄シャツとダークトーンのグレータイを合わせた着こなし。Vゾーンの中で、グレーの濃淡をつけることで、装いに奥行きが生まれ、新鮮な印象で着られるのだ。<small>(MEN’S EX 2020年12月号掲載)</small></p>

4位
基本のグレースーツを特別にする「グレー・オン・グレー」とは?【1分で出来る胸元お洒落】

誰しもが1着は持っているだろう、スーツの王道ともいえるグレースーツ。落ち着いた色なだけに、地味で無難な着こなしにならないようにするには「グレー・オン・グレー」を心掛けてみると良い。こちらの写真は、ライトグレーのスーツに、ダークグレーの細ストライプ柄シャツとダークトーンのグレータイを合わせた着こなし。Vゾーンの中で、グレーの濃淡をつけることで、装いに奥行きが生まれ、新鮮な印象で着られるのだ。(MEN’S EX 2020年12月号掲載)

<p><strong>5位<br />
冬の装いを重く見せない、ライトグレージャケットの着こなし【1分で出来る胸元お洒落】</strong><br />
ダークブラウンやチャコールグレーなど、ダークトーンの色使いが多くなる冬の時期。暗めの色使いで、装いが重々しい印象になりがちな方は、ライトグレーのジャケットを着てみるとよいだろう。ライトトーンで軽快さが生まれ、かつ写真のような鮮やかな色のニットとも好相性。明るい印象を与える装いが可能になるのだ。<small>(MEN’S EX 2020年12月号掲載)</small></p>

5位
冬の装いを重く見せない、ライトグレージャケットの着こなし【1分で出来る胸元お洒落】

ダークブラウンやチャコールグレーなど、ダークトーンの色使いが多くなる冬の時期。暗めの色使いで、装いが重々しい印象になりがちな方は、ライトグレーのジャケットを着てみるとよいだろう。ライトトーンで軽快さが生まれ、かつ写真のような鮮やかな色のニットとも好相性。明るい印象を与える装いが可能になるのだ。(MEN’S EX 2020年12月号掲載)

<p><strong>6位<br />
冬の重ね着を大人っぽく見せるには?【1分で出来る胸元お洒落】</strong><br />
寒さが本格的になった今の時期は、ジャケットスタイルでも重ね着をする機会が多くなる。その際、どこか着こなしがお洒落になってくれないという方に試してほしい技がある。それが、重ね着をするアイテムを同系色でまとめるテクだ。こちらは、ミディアムグレーのジャケットにライトグレーのニット、シャツはブルーグレーの色で合わせている。装い全体の色数を絞りグレー系でまとめることで、見た目の統一感が生まれ、ぐっと大人らしいシックな印象になるのだ。<small>(MEN’S EX 2021年1・2・3月合併号掲載)</small></p>

6位
冬の重ね着を大人っぽく見せるには?【1分で出来る胸元お洒落】

寒さが本格的になった今の時期は、ジャケットスタイルでも重ね着をする機会が多くなる。その際、どこか着こなしがお洒落になってくれないという方に試してほしい技がある。それが、重ね着をするアイテムを同系色でまとめるテクだ。こちらは、ミディアムグレーのジャケットにライトグレーのニット、シャツはブルーグレーの色で合わせている。装い全体の色数を絞りグレー系でまとめることで、見た目の統一感が生まれ、ぐっと大人らしいシックな印象になるのだ。(MEN’S EX 2021年1・2・3月合併号掲載)

<p><strong>7位<br />
ノータイビズの装いで、ヘビロテ間違いないインナーとは?【1分で出来る胸元お洒落】</strong><br />
ノータイジャケットの装いが市民権を得つつある昨今のビジネスシーンで、シャツタイ以外の着こなしに戸惑っている人も多いのではないだろうか。そんな人は、ぜひ「黒ポロ」を一枚持っておくと便利だ。シャツより寛ぎ感のある黒ポロだが、襟付きなのできちんとした印象も保て、ドレスコードが厳しめの職場でのビジカジスタイルにも最適。また、黒色であることで様々な着こなしに合わせやすく、ドレッシーさもより増す。<small>(MEN’S EX 2020年12月号掲載)</small></p>

7位
ノータイビズの装いで、ヘビロテ間違いないインナーとは?【1分で出来る胸元お洒落】

ノータイジャケットの装いが市民権を得つつある昨今のビジネスシーンで、シャツタイ以外の着こなしに戸惑っている人も多いのではないだろうか。そんな人は、ぜひ「黒ポロ」を一枚持っておくと便利だ。シャツより寛ぎ感のある黒ポロだが、襟付きなのできちんとした印象も保て、ドレスコードが厳しめの職場でのビジカジスタイルにも最適。また、黒色であることで様々な着こなしに合わせやすく、ドレッシーさもより増す。(MEN’S EX 2020年12月号掲載)

<p><strong>8位<br />
ホリデーシーズンに似合う、大人のジャケットスタイルは?【1分で出来る胸元お洒落】</strong><br />
クリスマスを間近に控える12月。せっかくならばホリデーシーズンらしい着こなしを楽しみたい。だが、クリスマスらしい赤いチェックは幼い印象になりがちで取り入れるのが難しい。そこで、大人のホリデーシーズンスタイルに断然おすすめなのが、ブラックウォッチ柄のジャケットだ。ホリデーシーズン感あるチェック柄ながら、ダークカラーの配色でシックな落ち着いた雰囲気で着ることができる。インナーもネイビーや黒のダークカラーで合わせれば、季節感のある抜群にエレガントな装いを楽しむことができる。<small>(MEN’S EX 2021年1・2・3月合併号掲載)</small></p>

8位
ホリデーシーズンに似合う、大人のジャケットスタイルは?【1分で出来る胸元お洒落】

クリスマスを間近に控える12月。せっかくならばホリデーシーズンらしい着こなしを楽しみたい。だが、クリスマスらしい赤いチェックは幼い印象になりがちで取り入れるのが難しい。そこで、大人のホリデーシーズンスタイルに断然おすすめなのが、ブラックウォッチ柄のジャケットだ。ホリデーシーズン感あるチェック柄ながら、ダークカラーの配色でシックな落ち着いた雰囲気で着ることができる。インナーもネイビーや黒のダークカラーで合わせれば、季節感のある抜群にエレガントな装いを楽しむことができる。(MEN’S EX 2021年1・2・3月合併号掲載)

<p><strong>9位<br />
主張のある柄ジャケットはどう着こなすべき?【1分で出来る胸元お洒落】</strong><br />
個性的で装いの主役となってくれる柄ジャケット。上手く着られればお洒落だが、その装い方に迷っている人は、次の着こなしを実践してほしい。それは、シャツタイを同系色無地で合わせること。こちらの写真は、大柄ウィンドウペーンのグレースーツに、無地のサックスブルーシャツとネイビータイを合わせたスタイリング。シャツ&タイを同じブルー系でまとめて無地にするだけで、装い全体にまとまり感が生まれ、大柄ジャケットも落ち着いた印象で着られるのだ。<small>(MEN’S EX 2020年12月号掲載)</small></p>

9位
主張のある柄ジャケットはどう着こなすべき?【1分で出来る胸元お洒落】

個性的で装いの主役となってくれる柄ジャケット。上手く着られればお洒落だが、その装い方に迷っている人は、次の着こなしを実践してほしい。それは、シャツタイを同系色無地で合わせること。こちらの写真は、大柄ウィンドウペーンのグレースーツに、無地のサックスブルーシャツとネイビータイを合わせたスタイリング。シャツ&タイを同じブルー系でまとめて無地にするだけで、装い全体にまとまり感が生まれ、大柄ジャケットも落ち着いた印象で着られるのだ。(MEN’S EX 2020年12月号掲載)

<p><strong>10位<br />
ダブルジャケットはビジカジにおいても着られる?【1分で出来る胸元お洒落】</strong><br />
冬でもノータイといった、よりフランクなビジカジスタイルが一般化しつつある昨今。貫録ある印象を与えられるダブルジャケットも、こんなリラックスした着こなしをするのが好ましい。こちらの写真は、ブラウンのダブルジャケットにグレーのタートルを合わせたコーディネート。タートルの合わせも今のビジカジの主流であるが、特にこのようにボタンを留めずにジャケットを羽織るのがポイント。迫力あるダブルの装いも、前身頃が開くことで軽快でフランクな印象になるのだ。<small>(MEN’S EX 2021年1・2・3月合併号掲載)</small></p>

10位
ダブルジャケットはビジカジにおいても着られる?【1分で出来る胸元お洒落】

冬でもノータイといった、よりフランクなビジカジスタイルが一般化しつつある昨今。貫録ある印象を与えられるダブルジャケットも、こんなリラックスした着こなしをするのが好ましい。こちらの写真は、ブラウンのダブルジャケットにグレーのタートルを合わせたコーディネート。タートルの合わせも今のビジカジの主流であるが、特にこのようにボタンを留めずにジャケットを羽織るのがポイント。迫力あるダブルの装いも、前身頃が開くことで軽快でフランクな印象になるのだ。(MEN’S EX 2021年1・2・3月合併号掲載)

<p><strong>1位<br />
ビジカジに困らない万能インナーとは?【1分で出来る胸元お洒落】</strong><br />
リモートワークの普及により、ますますノータイの装いが増加している昨今のビジネスシーン。シャツタイ以外の合わせ方のバリエーションがなく、困惑している人も多いのではないだろうか。そこでノータイに間違いないのが黒のポロシャツだ。襟付きだからビジネスシーンでもしっかりとした印象を与え、ドレスコードが堅めな職場のビジカジスタイルにも最適だ。さらに、黒色が全体の装いを引き締めてくれるため、大人らしい見た目に仕上がるのだ。<small>(MEN’S EX 2020年12月号掲載)</small></p>

1位
ビジカジに困らない万能インナーとは?【1分で出来る胸元お洒落】

リモートワークの普及により、ますますノータイの装いが増加している昨今のビジネスシーン。シャツタイ以外の合わせ方のバリエーションがなく、困惑している人も多いのではないだろうか。そこでノータイに間違いないのが黒のポロシャツだ。襟付きだからビジネスシーンでもしっかりとした印象を与え、ドレスコードが堅めな職場のビジカジスタイルにも最適だ。さらに、黒色が全体の装いを引き締めてくれるため、大人らしい見た目に仕上がるのだ。(MEN’S EX 2020年12月号掲載)

<p><strong>2位<br />
シャツの工夫でグレースーツを「脱・おじさん」な着こなしに【1分で出来る胸元お洒落】</strong><br />
ミドルエイジのグレースーツスタイルは独特の渋さがあり魅力的だが、油断していると地味で老けこんだ印象を与えかねない。そこで、おすすめしたいのが、クレリックシャツを取り入れた着こなしだ。襟部分が白い生地に切り替わっていることで、顔回りにメリハリが生まれる。装いがぼやけた印象になるのを防ぐことができるのだ。<small>(MEN’S EX 2020年12月号掲載)</small></p>

2位
シャツの工夫でグレースーツを「脱・おじさん」な着こなしに【1分で出来る胸元お洒落】

ミドルエイジのグレースーツスタイルは独特の渋さがあり魅力的だが、油断していると地味で老けこんだ印象を与えかねない。そこで、おすすめしたいのが、クレリックシャツを取り入れた着こなしだ。襟部分が白い生地に切り替わっていることで、顔回りにメリハリが生まれる。装いがぼやけた印象になるのを防ぐことができるのだ。(MEN’S EX 2020年12月号掲載)

<p><strong>3位<br />
平日ビジカジと休日カジュアル、どっちも使えるスーツとは?【1分で出来る胸元お洒落】</strong><br />
リモートワークが珍しくなくなった今、畏まりすぎずフランクな気分でスーツを楽しむ機運が高まっている。そんな新しいスーツスタイルにおすすめなのが、オンオフ兼用できる生地のスーツだ。例えばこちらのウールコーデュロイのスーツ。コーデュロイのフランクな面持ちもありつつ、ウールのしっとりとしたツヤ感も備え、オンに相応しい上品さとオフにも最適な寛ぎ感を両立している。写真のように、黒タートルを合わせればきちんと感が増し、よりビジカジにマッチした装いとなる。<small>(MEN’S EX 2020年12月号掲載)</small></p>

3位
平日ビジカジと休日カジュアル、どっちも使えるスーツとは?【1分で出来る胸元お洒落】

リモートワークが珍しくなくなった今、畏まりすぎずフランクな気分でスーツを楽しむ機運が高まっている。そんな新しいスーツスタイルにおすすめなのが、オンオフ兼用できる生地のスーツだ。例えばこちらのウールコーデュロイのスーツ。コーデュロイのフランクな面持ちもありつつ、ウールのしっとりとしたツヤ感も備え、オンに相応しい上品さとオフにも最適な寛ぎ感を両立している。写真のように、黒タートルを合わせればきちんと感が増し、よりビジカジにマッチした装いとなる。(MEN’S EX 2020年12月号掲載)

<p><strong>4位<br />
基本のグレースーツを特別にする「グレー・オン・グレー」とは?【1分で出来る胸元お洒落】</strong><br />
誰しもが1着は持っているだろう、スーツの王道ともいえるグレースーツ。落ち着いた色なだけに、地味で無難な着こなしにならないようにするには「グレー・オン・グレー」を心掛けてみると良い。こちらの写真は、ライトグレーのスーツに、ダークグレーの細ストライプ柄シャツとダークトーンのグレータイを合わせた着こなし。Vゾーンの中で、グレーの濃淡をつけることで、装いに奥行きが生まれ、新鮮な印象で着られるのだ。<small>(MEN’S EX 2020年12月号掲載)</small></p>

4位
基本のグレースーツを特別にする「グレー・オン・グレー」とは?【1分で出来る胸元お洒落】

誰しもが1着は持っているだろう、スーツの王道ともいえるグレースーツ。落ち着いた色なだけに、地味で無難な着こなしにならないようにするには「グレー・オン・グレー」を心掛けてみると良い。こちらの写真は、ライトグレーのスーツに、ダークグレーの細ストライプ柄シャツとダークトーンのグレータイを合わせた着こなし。Vゾーンの中で、グレーの濃淡をつけることで、装いに奥行きが生まれ、新鮮な印象で着られるのだ。(MEN’S EX 2020年12月号掲載)

<p><strong>5位<br />
冬の装いを重く見せない、ライトグレージャケットの着こなし【1分で出来る胸元お洒落】</strong><br />
ダークブラウンやチャコールグレーなど、ダークトーンの色使いが多くなる冬の時期。暗めの色使いで、装いが重々しい印象になりがちな方は、ライトグレーのジャケットを着てみるとよいだろう。ライトトーンで軽快さが生まれ、かつ写真のような鮮やかな色のニットとも好相性。明るい印象を与える装いが可能になるのだ。<small>(MEN’S EX 2020年12月号掲載)</small></p>

5位
冬の装いを重く見せない、ライトグレージャケットの着こなし【1分で出来る胸元お洒落】

ダークブラウンやチャコールグレーなど、ダークトーンの色使いが多くなる冬の時期。暗めの色使いで、装いが重々しい印象になりがちな方は、ライトグレーのジャケットを着てみるとよいだろう。ライトトーンで軽快さが生まれ、かつ写真のような鮮やかな色のニットとも好相性。明るい印象を与える装いが可能になるのだ。(MEN’S EX 2020年12月号掲載)

<p><strong>6位<br />
冬の重ね着を大人っぽく見せるには?【1分で出来る胸元お洒落】</strong><br />
寒さが本格的になった今の時期は、ジャケットスタイルでも重ね着をする機会が多くなる。その際、どこか着こなしがお洒落になってくれないという方に試してほしい技がある。それが、重ね着をするアイテムを同系色でまとめるテクだ。こちらは、ミディアムグレーのジャケットにライトグレーのニット、シャツはブルーグレーの色で合わせている。装い全体の色数を絞りグレー系でまとめることで、見た目の統一感が生まれ、ぐっと大人らしいシックな印象になるのだ。<small>(MEN’S EX 2021年1・2・3月合併号掲載)</small></p>

6位
冬の重ね着を大人っぽく見せるには?【1分で出来る胸元お洒落】

寒さが本格的になった今の時期は、ジャケットスタイルでも重ね着をする機会が多くなる。その際、どこか着こなしがお洒落になってくれないという方に試してほしい技がある。それが、重ね着をするアイテムを同系色でまとめるテクだ。こちらは、ミディアムグレーのジャケットにライトグレーのニット、シャツはブルーグレーの色で合わせている。装い全体の色数を絞りグレー系でまとめることで、見た目の統一感が生まれ、ぐっと大人らしいシックな印象になるのだ。(MEN’S EX 2021年1・2・3月合併号掲載)

<p><strong>7位<br />
ノータイビズの装いで、ヘビロテ間違いないインナーとは?【1分で出来る胸元お洒落】</strong><br />
ノータイジャケットの装いが市民権を得つつある昨今のビジネスシーンで、シャツタイ以外の着こなしに戸惑っている人も多いのではないだろうか。そんな人は、ぜひ「黒ポロ」を一枚持っておくと便利だ。シャツより寛ぎ感のある黒ポロだが、襟付きなのできちんとした印象も保て、ドレスコードが厳しめの職場でのビジカジスタイルにも最適。また、黒色であることで様々な着こなしに合わせやすく、ドレッシーさもより増す。<small>(MEN’S EX 2020年12月号掲載)</small></p>

7位
ノータイビズの装いで、ヘビロテ間違いないインナーとは?【1分で出来る胸元お洒落】

ノータイジャケットの装いが市民権を得つつある昨今のビジネスシーンで、シャツタイ以外の着こなしに戸惑っている人も多いのではないだろうか。そんな人は、ぜひ「黒ポロ」を一枚持っておくと便利だ。シャツより寛ぎ感のある黒ポロだが、襟付きなのできちんとした印象も保て、ドレスコードが厳しめの職場でのビジカジスタイルにも最適。また、黒色であることで様々な着こなしに合わせやすく、ドレッシーさもより増す。(MEN’S EX 2020年12月号掲載)

<p><strong>8位<br />
ホリデーシーズンに似合う、大人のジャケットスタイルは?【1分で出来る胸元お洒落】</strong><br />
クリスマスを間近に控える12月。せっかくならばホリデーシーズンらしい着こなしを楽しみたい。だが、クリスマスらしい赤いチェックは幼い印象になりがちで取り入れるのが難しい。そこで、大人のホリデーシーズンスタイルに断然おすすめなのが、ブラックウォッチ柄のジャケットだ。ホリデーシーズン感あるチェック柄ながら、ダークカラーの配色でシックな落ち着いた雰囲気で着ることができる。インナーもネイビーや黒のダークカラーで合わせれば、季節感のある抜群にエレガントな装いを楽しむことができる。<small>(MEN’S EX 2021年1・2・3月合併号掲載)</small></p>

8位
ホリデーシーズンに似合う、大人のジャケットスタイルは?【1分で出来る胸元お洒落】

クリスマスを間近に控える12月。せっかくならばホリデーシーズンらしい着こなしを楽しみたい。だが、クリスマスらしい赤いチェックは幼い印象になりがちで取り入れるのが難しい。そこで、大人のホリデーシーズンスタイルに断然おすすめなのが、ブラックウォッチ柄のジャケットだ。ホリデーシーズン感あるチェック柄ながら、ダークカラーの配色でシックな落ち着いた雰囲気で着ることができる。インナーもネイビーや黒のダークカラーで合わせれば、季節感のある抜群にエレガントな装いを楽しむことができる。(MEN’S EX 2021年1・2・3月合併号掲載)

<p><strong>9位<br />
主張のある柄ジャケットはどう着こなすべき?【1分で出来る胸元お洒落】</strong><br />
個性的で装いの主役となってくれる柄ジャケット。上手く着られればお洒落だが、その装い方に迷っている人は、次の着こなしを実践してほしい。それは、シャツタイを同系色無地で合わせること。こちらの写真は、大柄ウィンドウペーンのグレースーツに、無地のサックスブルーシャツとネイビータイを合わせたスタイリング。シャツ&タイを同じブルー系でまとめて無地にするだけで、装い全体にまとまり感が生まれ、大柄ジャケットも落ち着いた印象で着られるのだ。<small>(MEN’S EX 2020年12月号掲載)</small></p>

9位
主張のある柄ジャケットはどう着こなすべき?【1分で出来る胸元お洒落】

個性的で装いの主役となってくれる柄ジャケット。上手く着られればお洒落だが、その装い方に迷っている人は、次の着こなしを実践してほしい。それは、シャツタイを同系色無地で合わせること。こちらの写真は、大柄ウィンドウペーンのグレースーツに、無地のサックスブルーシャツとネイビータイを合わせたスタイリング。シャツ&タイを同じブルー系でまとめて無地にするだけで、装い全体にまとまり感が生まれ、大柄ジャケットも落ち着いた印象で着られるのだ。(MEN’S EX 2020年12月号掲載)

<p><strong>10位<br />
ダブルジャケットはビジカジにおいても着られる?【1分で出来る胸元お洒落】</strong><br />
冬でもノータイといった、よりフランクなビジカジスタイルが一般化しつつある昨今。貫録ある印象を与えられるダブルジャケットも、こんなリラックスした着こなしをするのが好ましい。こちらの写真は、ブラウンのダブルジャケットにグレーのタートルを合わせたコーディネート。タートルの合わせも今のビジカジの主流であるが、特にこのようにボタンを留めずにジャケットを羽織るのがポイント。迫力あるダブルの装いも、前身頃が開くことで軽快でフランクな印象になるのだ。<small>(MEN’S EX 2021年1・2・3月合併号掲載)</small></p>

10位
ダブルジャケットはビジカジにおいても着られる?【1分で出来る胸元お洒落】

冬でもノータイといった、よりフランクなビジカジスタイルが一般化しつつある昨今。貫録ある印象を与えられるダブルジャケットも、こんなリラックスした着こなしをするのが好ましい。こちらの写真は、ブラウンのダブルジャケットにグレーのタートルを合わせたコーディネート。タートルの合わせも今のビジカジの主流であるが、特にこのようにボタンを留めずにジャケットを羽織るのがポイント。迫力あるダブルの装いも、前身頃が開くことで軽快でフランクな印象になるのだ。(MEN’S EX 2021年1・2・3月合併号掲載)

  1. 2
LINE
SmartNews
ビジネスの装いルール完全BOOK
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop