>> この記事の先頭に戻る

A:黒ニットポロで印象を締める
COSTANZA / コスタンザ



コスタンザ
ジャケット4万8000円/マルセル ラサンス(シップス 銀座店) メガネ5万5000円/マツダ(オブジェ・イースト)
コスタンのシャツ

黒で締める、ニットで緩めるの攻守両立

間延び感の解消に、引き締め効果のある黒はまさにうってつけ。ニットポロなら、効果を発揮しつつもノータイの醍醐味である柔らかな印象も両立出来る。さらに注目は、ハイゲージニットならではのドレープがポロシャツのスポーティさを抑制する点。ジャケットのクラシック柄も許容し、あくまでエレガントに。5万2000円(ストラスブルゴ)

A:バンドカラーでモダンな印象
CAMOSHITA UNITED ARROWS / カモシタ ユナイテッド アローズ



カモシタ ユナイテッド アローズ
ジャケット16万2000円/ベルヴェスト(八木通商) ニット2万4000円/タリアトーレ(トレメッツォ)
カモシタ ユナイテッド アローズのシャツ

意外性が許容される今、有力な選択肢に

休日シャツとして定着しているバンドカラー。ビジカジが主流の今、程よく和らぎつつ端正な印象をもたらすので、仕事にも重宝するアイテムだ。濃色のクルーネックニットと合わせると、ちょこっと出る白襟が映え、シンプルな紺ジャケスタイルのアクセントに。モダンなリラックス感が漂う。2万1000円(ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店)



※表示価格は税抜き
[MEN’S EX 2021年1・2・3月合併号の記事を再構成](スタッフクレジットは本誌に記載)
  1. 2
LINE
SmartNews
無料会員登録
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop