>> この記事の先頭に戻る

この機構が凄い!

p142-143_sub

 

 Point 1 
ゼンマイを巻き上げる独自のペリフェラル技術
2008年にカール F. ブヘラが自社開発した“ペリフェラルローター”を本作でも採用。ムーブメント外周の3ヶ所にボールベアリングを取り付け、リング状のローターが両方向に回転して自動でゼンマイを巻き上げる。この機構がムーブメントの薄型化にも貢献。

 Point 2 
ボールベアリングで支えるチタン製キャリッジ
軽量なチタンを取り入れたトゥールビヨンキャリッジ。従来のムーブメントの地板やブリッジではなく、外周部の3ヶ所に配したボールベアリングで固定した。これにより一般のトゥールビヨンよりも薄く、浮遊感が際立つ“フローティングトゥールビヨン”が実現。

 Point 3 
ガンギ車の回転軸にも極小のボールベアリング
シリコン製の脱進機のうち、ガンギ車の回転軸の1ヶ所にもボールベアリングをセット。緻密で円滑な動作が保証され、耐衝撃性も高める。今回、トゥールビヨンにもペリフェラルを採用するため、ボールベアリングなどのパーツがこれまで以上に小型化された。

 

もっと知りたい方はこちら!

超弩級 複雑腕時計図鑑
『超弩級 複雑腕時計図鑑』3400円 >> Amazon.co.jpで購入 
※表示価格は本書発売時(2020年11月6日)の税抜き価格です

  1. 2
LINE
SmartNews
ビジネスの装いルール完全BOOK
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop