全パーツをハンドメイドしたトゥールビヨン搭載ドイツ時計【超弩級 複雑腕時計図鑑】

array(3) { [0]=> array(2) { ["entry_gallery_image"]=> array(24) { ["ID"]=> int(1182253) ["id"]=> int(1182253) ["title"]=> string(15) "p110-111_point1" ["filename"]=> string(19) "p110-111_point1.jpg" ["filesize"]=> int(247992) ["url"]=> string(72) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/12/p110-111_point1.jpg" ["link"]=> string(55) "https://www.mens-ex.jp/archives/1182247/p110-111_point1" ["alt"]=> string(15) "p110-111_point1" ["author"]=> string(2) "37" ["description"]=> string(0) "" ["caption"]=> string(0) "" ["name"]=> string(15) "p110-111_point1" ["status"]=> string(7) "inherit" ["uploaded_to"]=> int(1182247) ["date"]=> string(19) "2020-12-11 00:37:28" ["modified"]=> string(19) "2020-12-11 00:38:06" ["menu_order"]=> int(0) ["mime_type"]=> string(10) "image/jpeg" ["type"]=> string(5) "image" ["subtype"]=> string(4) "jpeg" ["icon"]=> string(62) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-includes/images/media/default.png" ["width"]=> int(750) ["height"]=> int(452) ["sizes"]=> array(12) { ["thumbnail"]=> string(80) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/12/p110-111_point1-150x150.jpg" ["thumbnail-width"]=> int(150) ["thumbnail-height"]=> int(150) ["medium"]=> string(80) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/12/p110-111_point1-300x181.jpg" ["medium-width"]=> int(300) ["medium-height"]=> int(181) ["medium_large"]=> string(72) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/12/p110-111_point1.jpg" ["medium_large-width"]=> int(750) ["medium_large-height"]=> int(452) ["large"]=> string(72) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/12/p110-111_point1.jpg" ["large-width"]=> int(750) ["large-height"]=> int(452) } } ["entry_gallery_description"]=> string(0) "" } [1]=> array(2) { ["entry_gallery_image"]=> array(24) { ["ID"]=> int(1182254) ["id"]=> int(1182254) ["title"]=> string(15) "p110-111_point2" ["filename"]=> string(19) "p110-111_point2.jpg" ["filesize"]=> int(159800) ["url"]=> string(72) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/12/p110-111_point2.jpg" ["link"]=> string(55) "https://www.mens-ex.jp/archives/1182247/p110-111_point2" ["alt"]=> string(15) "p110-111_point2" ["author"]=> string(2) "37" ["description"]=> string(0) "" ["caption"]=> string(0) "" ["name"]=> string(15) "p110-111_point2" ["status"]=> string(7) "inherit" ["uploaded_to"]=> int(1182247) ["date"]=> string(19) "2020-12-11 00:37:29" ["modified"]=> string(19) "2020-12-11 00:38:11" ["menu_order"]=> int(0) ["mime_type"]=> string(10) "image/jpeg" ["type"]=> string(5) "image" ["subtype"]=> string(4) "jpeg" ["icon"]=> string(62) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-includes/images/media/default.png" ["width"]=> int(750) ["height"]=> int(452) ["sizes"]=> array(12) { ["thumbnail"]=> string(80) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/12/p110-111_point2-150x150.jpg" ["thumbnail-width"]=> int(150) ["thumbnail-height"]=> int(150) ["medium"]=> string(80) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/12/p110-111_point2-300x181.jpg" ["medium-width"]=> int(300) ["medium-height"]=> int(181) ["medium_large"]=> string(72) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/12/p110-111_point2.jpg" ["medium_large-width"]=> int(750) ["medium_large-height"]=> int(452) ["large"]=> string(72) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/12/p110-111_point2.jpg" ["large-width"]=> int(750) ["large-height"]=> int(452) } } ["entry_gallery_description"]=> string(0) "" } [2]=> array(2) { ["entry_gallery_image"]=> array(24) { ["ID"]=> int(1182255) ["id"]=> int(1182255) ["title"]=> string(15) "p110-111_point3" ["filename"]=> string(19) "p110-111_point3.jpg" ["filesize"]=> int(147846) ["url"]=> string(72) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/12/p110-111_point3.jpg" ["link"]=> string(55) "https://www.mens-ex.jp/archives/1182247/p110-111_point3" ["alt"]=> string(15) "p110-111_point3" ["author"]=> string(2) "37" ["description"]=> string(0) "" ["caption"]=> string(0) "" ["name"]=> string(15) "p110-111_point3" ["status"]=> string(7) "inherit" ["uploaded_to"]=> int(1182247) ["date"]=> string(19) "2020-12-11 00:37:30" ["modified"]=> string(19) "2020-12-11 00:38:16" ["menu_order"]=> int(0) ["mime_type"]=> string(10) "image/jpeg" ["type"]=> string(5) "image" ["subtype"]=> string(4) "jpeg" ["icon"]=> string(62) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-includes/images/media/default.png" ["width"]=> int(750) ["height"]=> int(452) ["sizes"]=> array(12) { ["thumbnail"]=> string(80) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/12/p110-111_point3-150x150.jpg" ["thumbnail-width"]=> int(150) ["thumbnail-height"]=> int(150) ["medium"]=> string(80) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/12/p110-111_point3-300x181.jpg" ["medium-width"]=> int(300) ["medium-height"]=> int(181) ["medium_large"]=> string(72) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/12/p110-111_point3.jpg" ["medium_large-width"]=> int(750) ["medium_large-height"]=> int(452) ["large"]=> string(72) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/12/p110-111_point3.jpg" ["large-width"]=> int(750) ["large-height"]=> int(452) } } ["entry_gallery_description"]=> string(0) "" } }
Facebook
Twitter
友だち追加

難解極まりない超複雑な機械式時計の仕組みを“優しく”解説する『超弩級 複雑腕時計図鑑』がMEN’S EX特別編集によって発売に。ここでは、その中身をピックアップしてご紹介する。

LANG & HEYNE(ラング&ハイネ)
アントン

初の角型トゥールビヨンは全パーツがハンドメイド

p110-111_main  

 SPEC INFORMATION 
ラング&ハイネ初のトゥールビヨン。レクタンギュラーケースにグランフー・エナメルダイヤルを組み合わせた。ケースサイズ:40×32㎜ ケースの厚さ:9.4㎜ ケース素材:18KRG ストラップ:アリゲーター 巻き上げ:手巻き 搭載キャリバー:Cal.IX 防水性能:3気圧 振動数:毎時1万8000振動 パワーリザーブ:55時間 石数:19石 ムーブメントのサイズ:34×26.5㎜ ムーブメントの厚さ:5.5㎜
価格:1450万円
問:ノーブルスタイリング
TEL:03-6277-1604

時計の随所で堪能できるハンドメイドならではの魅力

2001年、ドレスデン出身の時計師マルコ・ラングらにより歴史がスタートしたラング&ハイネ。グラスヒュッテ時計の歴史を継承するこの工房では、ムーブメントの設計・組み立てから針、文字盤、ケースの製造まで、すべて職人の手作業によって行われる。それゆえ年間数十本程度の少数生産で、完成した作品はどれもが芸術品のごとく高品質となる。

新作の「アントン」は、ブランド第2作目のレクタンギュラーモデルであると同時に、初のトゥールビヨンを搭載した1本だ。上下に3つのラグを備えた上品なローズゴールド製ケースを採用し、高温焼成で仕上げた“グラン・フー”のエナメル製ダイヤルを備える。アールデコ調のエナメルダイヤルには、外周にスクエア状のレイルウェイを配し、6時位置のサークルに囲まれた開口部からはフライングトゥールビヨンが顔を覗かせる。

そして、シースルーバックを採用したケース裏から見渡せるのは手巻きキャリバーIX。粒金仕上げのプレート上に、ブルースティール・スクリューで固定された4つのポリッシュ仕上げのブリッジ、サンバースト仕上げの巻き上げ車など、徹底的に磨き上げられたムーブメントのパーツを擁す。さらに、プレート四隅の2ヶ所にはシャトン留めされた2つのダイヤモンドがセットされ、美しいムーブメントの眺めを引き立てている。

また、トゥールビヨンのつくりにもこのブランドらしいこだわりが。20世紀に活躍したグラスヒュッテ出身の時計師で、ドイツ時計製造学校(DUS)の教師も務めたアルフレッド・ヘルヴィグ開発のフライングトゥールビヨンのスタイルを踏襲。チラネジ付きのテンプや直径11㎜と大型の“こと座”型ケージなどを取り入れ、伝統的なグラスヒュッテ様式の複雑機構を堪能することができるのだ。

もちろん、本作もほぼすべてのパーツが職人によるハンドメイド。手作りでしか味わえない魅力がここにはある。

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2021

Summer VOL.324

  1. 1
2
LINE
SmartNews
無料会員登録
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop