昔のテレビかラジオのようなこの時計、いったい何者?【超弩級 複雑腕時計図鑑】

array(3) { [0]=> array(2) { ["entry_gallery_image"]=> array(24) { ["ID"]=> int(1181770) ["id"]=> int(1181770) ["title"]=> string(15) "p140-141_point1" ["filename"]=> string(19) "p140-141_point1.jpg" ["filesize"]=> int(477568) ["url"]=> string(72) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/12/p140-141_point1.jpg" ["link"]=> string(55) "https://www.mens-ex.jp/archives/1181768/p140-141_point1" ["alt"]=> string(15) "p140-141_point1" ["author"]=> string(2) "37" ["description"]=> string(0) "" ["caption"]=> string(0) "" ["name"]=> string(15) "p140-141_point1" ["status"]=> string(7) "inherit" ["uploaded_to"]=> int(1181768) ["date"]=> string(19) "2020-12-09 05:21:31" ["modified"]=> string(19) "2020-12-09 05:21:54" ["menu_order"]=> int(0) ["mime_type"]=> string(10) "image/jpeg" ["type"]=> string(5) "image" ["subtype"]=> string(4) "jpeg" ["icon"]=> string(62) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-includes/images/media/default.png" ["width"]=> int(750) ["height"]=> int(852) ["sizes"]=> array(12) { ["thumbnail"]=> string(80) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/12/p140-141_point1-150x150.jpg" ["thumbnail-width"]=> int(150) ["thumbnail-height"]=> int(150) ["medium"]=> string(80) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/12/p140-141_point1-264x300.jpg" ["medium-width"]=> int(264) ["medium-height"]=> int(300) ["medium_large"]=> string(72) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/12/p140-141_point1.jpg" ["medium_large-width"]=> int(750) ["medium_large-height"]=> int(852) ["large"]=> string(72) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/12/p140-141_point1.jpg" ["large-width"]=> int(750) ["large-height"]=> int(852) } } ["entry_gallery_description"]=> string(0) "" } [1]=> array(2) { ["entry_gallery_image"]=> array(24) { ["ID"]=> int(1181771) ["id"]=> int(1181771) ["title"]=> string(15) "p140-141_point2" ["filename"]=> string(19) "p140-141_point2.jpg" ["filesize"]=> int(540563) ["url"]=> string(72) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/12/p140-141_point2.jpg" ["link"]=> string(55) "https://www.mens-ex.jp/archives/1181768/p140-141_point2" ["alt"]=> string(15) "p140-141_point2" ["author"]=> string(2) "37" ["description"]=> string(0) "" ["caption"]=> string(0) "" ["name"]=> string(15) "p140-141_point2" ["status"]=> string(7) "inherit" ["uploaded_to"]=> int(1181768) ["date"]=> string(19) "2020-12-09 05:21:33" ["modified"]=> string(19) "2020-12-09 05:21:59" ["menu_order"]=> int(0) ["mime_type"]=> string(10) "image/jpeg" ["type"]=> string(5) "image" ["subtype"]=> string(4) "jpeg" ["icon"]=> string(62) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-includes/images/media/default.png" ["width"]=> int(750) ["height"]=> int(852) ["sizes"]=> array(12) { ["thumbnail"]=> string(80) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/12/p140-141_point2-150x150.jpg" ["thumbnail-width"]=> int(150) ["thumbnail-height"]=> int(150) ["medium"]=> string(80) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/12/p140-141_point2-264x300.jpg" ["medium-width"]=> int(264) ["medium-height"]=> int(300) ["medium_large"]=> string(72) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/12/p140-141_point2.jpg" ["medium_large-width"]=> int(750) ["medium_large-height"]=> int(852) ["large"]=> string(72) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/12/p140-141_point2.jpg" ["large-width"]=> int(750) ["large-height"]=> int(852) } } ["entry_gallery_description"]=> string(0) "" } [2]=> array(2) { ["entry_gallery_image"]=> array(24) { ["ID"]=> int(1181772) ["id"]=> int(1181772) ["title"]=> string(15) "p140-141_point3" ["filename"]=> string(19) "p140-141_point3.jpg" ["filesize"]=> int(467178) ["url"]=> string(72) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/12/p140-141_point3.jpg" ["link"]=> string(55) "https://www.mens-ex.jp/archives/1181768/p140-141_point3" ["alt"]=> string(15) "p140-141_point3" ["author"]=> string(2) "37" ["description"]=> string(0) "" ["caption"]=> string(0) "" ["name"]=> string(15) "p140-141_point3" ["status"]=> string(7) "inherit" ["uploaded_to"]=> int(1181768) ["date"]=> string(19) "2020-12-09 05:21:35" ["modified"]=> string(19) "2020-12-09 05:22:04" ["menu_order"]=> int(0) ["mime_type"]=> string(10) "image/jpeg" ["type"]=> string(5) "image" ["subtype"]=> string(4) "jpeg" ["icon"]=> string(62) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-includes/images/media/default.png" ["width"]=> int(750) ["height"]=> int(852) ["sizes"]=> array(12) { ["thumbnail"]=> string(80) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/12/p140-141_point3-150x150.jpg" ["thumbnail-width"]=> int(150) ["thumbnail-height"]=> int(150) ["medium"]=> string(80) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/12/p140-141_point3-264x300.jpg" ["medium-width"]=> int(264) ["medium-height"]=> int(300) ["medium_large"]=> string(72) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/12/p140-141_point3.jpg" ["medium_large-width"]=> int(750) ["medium_large-height"]=> int(852) ["large"]=> string(72) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/12/p140-141_point3.jpg" ["large-width"]=> int(750) ["large-height"]=> int(852) } } ["entry_gallery_description"]=> string(0) "" } }
Facebook
Twitter
友だち追加

難解極まりない超複雑な機械式時計の仕組みを“優しく”解説する『超弩級 複雑腕時計図鑑』がMEN’S EX特別編集によって発売に。ここでは、その中身をピックアップしてご紹介する。

ANGELUS(アンジェラス)
U10 トゥールビヨン ルミエール

横長ケースで楽しめるデッドビートとトゥールビヨン

p140-141_main  

 SPEC INFORMATION 
自社製トラベルクロックに想を得た個性派トゥールビヨン。デッドビートセコンドの秒針を装備。限定25本。ケースサイズ:H38×W62.75㎜ ケースの厚さ:15㎜ ケース素材:SS ストラップ:アリゲーター 巻き上げ:手巻き 搭載キャリバー:Cal.A100 防水性能:3気圧 振動数:毎時1万8000振動 パワーリザーブ:90時間 石数:38石 ムーブメントのサイズ:H30.4×52.1㎜ ムーブメントの厚さ:7.5㎜
価格:1200万円
問:アーノルド&サン相談室
TEL:0570-03-1764

個性的な横長ケースに収まる特大サイズのトゥールビヨン

1891年にスイスのル・ロックルでシュトルツ兄弟により創設され、ムーブメントメーカーとしての活動をスタートしたアンジェラス。1930年代に10日間パワーリザーブの高精度キャリバーの量産化に成功するなど、名門メーカーの地位を確立するとともに、高品質なミリタリークロノグラフやアラーム&デイト付き腕時計、自動巻きリピーターといった複雑系モデルの製造も手がける。その後、ʼ70年代にいったん活動は途絶えるが、2015年にラ・ジュー・ペレ社の傘下で復活。再開後いきなり発表したのが、この「U10 トゥールビヨン ルミエール」である。

本作のデザインモチーフは自社で製作したマルチディスプレイタイプのトラベルクロックで、1960〜ʼ70年代のレトロフューチャー感漂う横長ケースを採用する。その個性あふれる外観を強調するかのように、ダイヤルの右に大型のトゥールビヨンを搭載。ケースサイドまでサファイアクリスタルを用いた透明な空間に、まるで宙に浮くかのようにセットされたフライングトゥールビヨンは、テンプもキャリッジも大きく、ポケットウォッチを彷彿させるクラシカルな設計となる。

一方、左側のウィンドウには時刻表示のダイヤルが見える。本作に搭載されるキャリバーA100は、毎時1万8000振動のロービート&デッドビートセコンドが特徴。これにより、スケルトン時分針とともにセンターに備わる秒針が、通常のスイープ運針ではなくステップ運針を行うのだ。サファイアクリスタル上の放射状のラインを、1秒ごとに刻む針の動きは、機械式ではたいへん貴重である。

さらにケースの下にはパワーリザーブ表示も。他ではなかなか見られないこの位置で、リニア式に示される90時間のパワーリザーブ残量が確認できる。

ハイエンドウォッチのブランドとしてリスタートした新生アンジェラス。デザインも機構も魅力的なこのトゥールビヨンは、それを象徴する1本といえる。

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2021

Dec. VOL.328

12

[DIGITAL Edition]

  1. 1
2
LINE
SmartNews
ビジネスの装いルール完全BOOK
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop