>> この記事の先頭に戻る

この機構が凄い!

p96-97_sub

 

 Point 1 
両面フライングトゥールビヨン
6時位置に特許取得済みの「両面フライングトゥールビヨン」を装備。キャリッジを固定するポイントを軸の中心に設けることで、ケース内に浮かぶように見えるフライングトゥールビヨンを、ケースの両面から鑑賞できるダブルフェイス仕様に作り上げた。

 Point 2 
12時位置に配した3Dムーンフェイズ
12時位置には、2つの丸い開口部を通して月相を読み取る、立体的かつユニークなムーンフェイズ表示をセット。エングレービングを施した半球状のディスクに、2枚のアベンチュリン製の円形プレートを配したことで、全体が文字盤から浮き上がって見える。

 Point 3 
ディファレンシャル・スフィリカル・システム
10日間パワーリザーブのCal.17DM04-SMP は、2つの特許を有する「ディファレンシャル・スフィカル・システム」を採用。これにより巻き上げ機構のトルクを増やすことなく、ゼンマイを完全に巻き上げるのに必要なリューズ回転数を半減させることに成功した。

 

もっと知りたい方はこちら!

超弩級 複雑腕時計図鑑
『超弩級 複雑腕時計図鑑』3400円 >> Amazon.co.jpで購入 
※表示価格は本書発売時(2020年11月6日)の税抜き価格です

  1. 2
LINE
SmartNews
ビジネスの装いルール完全BOOK
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop