6度目の世界記録を達成したブルガリのコンプリケーション【超弩級 複雑腕時計図鑑】

array(3) { [0]=> array(2) { ["entry_gallery_image"]=> array(24) { ["ID"]=> int(1181112) ["id"]=> int(1181112) ["title"]=> string(13) "p80-81_point1" ["filename"]=> string(17) "p80-81_point1.jpg" ["filesize"]=> int(548591) ["url"]=> string(70) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/12/p80-81_point1.jpg" ["link"]=> string(53) "https://www.mens-ex.jp/archives/1181110/p80-81_point1" ["alt"]=> string(13) "p80-81_point1" ["author"]=> string(2) "37" ["description"]=> string(0) "" ["caption"]=> string(0) "" ["name"]=> string(13) "p80-81_point1" ["status"]=> string(7) "inherit" ["uploaded_to"]=> int(1181110) ["date"]=> string(19) "2020-12-07 03:11:57" ["modified"]=> string(19) "2020-12-07 03:12:42" ["menu_order"]=> int(0) ["mime_type"]=> string(10) "image/jpeg" ["type"]=> string(5) "image" ["subtype"]=> string(4) "jpeg" ["icon"]=> string(62) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-includes/images/media/default.png" ["width"]=> int(750) ["height"]=> int(852) ["sizes"]=> array(12) { ["thumbnail"]=> string(78) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/12/p80-81_point1-150x150.jpg" ["thumbnail-width"]=> int(150) ["thumbnail-height"]=> int(150) ["medium"]=> string(78) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/12/p80-81_point1-264x300.jpg" ["medium-width"]=> int(264) ["medium-height"]=> int(300) ["medium_large"]=> string(70) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/12/p80-81_point1.jpg" ["medium_large-width"]=> int(750) ["medium_large-height"]=> int(852) ["large"]=> string(70) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/12/p80-81_point1.jpg" ["large-width"]=> int(750) ["large-height"]=> int(852) } } ["entry_gallery_description"]=> string(0) "" } [1]=> array(2) { ["entry_gallery_image"]=> array(24) { ["ID"]=> int(1181113) ["id"]=> int(1181113) ["title"]=> string(13) "p80-81_point2" ["filename"]=> string(17) "p80-81_point2.jpg" ["filesize"]=> int(689779) ["url"]=> string(70) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/12/p80-81_point2.jpg" ["link"]=> string(53) "https://www.mens-ex.jp/archives/1181110/p80-81_point2" ["alt"]=> string(13) "p80-81_point2" ["author"]=> string(2) "37" ["description"]=> string(0) "" ["caption"]=> string(0) "" ["name"]=> string(13) "p80-81_point2" ["status"]=> string(7) "inherit" ["uploaded_to"]=> int(1181110) ["date"]=> string(19) "2020-12-07 03:12:06" ["modified"]=> string(19) "2020-12-07 03:12:47" ["menu_order"]=> int(0) ["mime_type"]=> string(10) "image/jpeg" ["type"]=> string(5) "image" ["subtype"]=> string(4) "jpeg" ["icon"]=> string(62) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-includes/images/media/default.png" ["width"]=> int(750) ["height"]=> int(852) ["sizes"]=> array(12) { ["thumbnail"]=> string(78) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/12/p80-81_point2-150x150.jpg" ["thumbnail-width"]=> int(150) ["thumbnail-height"]=> int(150) ["medium"]=> string(78) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/12/p80-81_point2-264x300.jpg" ["medium-width"]=> int(264) ["medium-height"]=> int(300) ["medium_large"]=> string(70) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/12/p80-81_point2.jpg" ["medium_large-width"]=> int(750) ["medium_large-height"]=> int(852) ["large"]=> string(70) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/12/p80-81_point2.jpg" ["large-width"]=> int(750) ["large-height"]=> int(852) } } ["entry_gallery_description"]=> string(0) "" } [2]=> array(2) { ["entry_gallery_image"]=> array(24) { ["ID"]=> int(1181114) ["id"]=> int(1181114) ["title"]=> string(13) "p80-81_point3" ["filename"]=> string(17) "p80-81_point3.jpg" ["filesize"]=> int(523339) ["url"]=> string(70) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/12/p80-81_point3.jpg" ["link"]=> string(53) "https://www.mens-ex.jp/archives/1181110/p80-81_point3" ["alt"]=> string(13) "p80-81_point3" ["author"]=> string(2) "37" ["description"]=> string(0) "" ["caption"]=> string(0) "" ["name"]=> string(13) "p80-81_point3" ["status"]=> string(7) "inherit" ["uploaded_to"]=> int(1181110) ["date"]=> string(19) "2020-12-07 03:12:12" ["modified"]=> string(19) "2020-12-07 03:12:51" ["menu_order"]=> int(0) ["mime_type"]=> string(10) "image/jpeg" ["type"]=> string(5) "image" ["subtype"]=> string(4) "jpeg" ["icon"]=> string(62) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-includes/images/media/default.png" ["width"]=> int(750) ["height"]=> int(852) ["sizes"]=> array(12) { ["thumbnail"]=> string(78) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/12/p80-81_point3-150x150.jpg" ["thumbnail-width"]=> int(150) ["thumbnail-height"]=> int(150) ["medium"]=> string(78) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/12/p80-81_point3-264x300.jpg" ["medium-width"]=> int(264) ["medium-height"]=> int(300) ["medium_large"]=> string(70) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/12/p80-81_point3.jpg" ["medium_large-width"]=> int(750) ["medium_large-height"]=> int(852) ["large"]=> string(70) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/12/p80-81_point3.jpg" ["large-width"]=> int(750) ["large-height"]=> int(852) } } ["entry_gallery_description"]=> string(0) "" } }
Facebook
Twitter
友だち追加

難解極まりない超複雑な機械式時計の仕組みを“優しく”解説する『超弩級 複雑腕時計図鑑』がMEN’S EX特別編集によって発売に。ここでは、その中身をピックアップしてご紹介する。

BVLGARI(ブルガリ)
オクト フィニッシモ トゥールビヨン
クロノグラフ スケルトン オートマティック

6度目の世界記録を達成した厚さ3.5㎜のコンプリムーブメント

p80-81_main  

 SPEC INFORMATION 
外装はダイヤルも含め、サンドブラスト仕上げのチタン製とし、グレーの1トーンに仕立てられた。限定50本。ケースサイズ:42㎜ ケースの厚さ:7.4㎜ ケース素材:チタン ストラップ:チタン 巻き上げ:自動巻き 搭載キャリバー:Cal.BVL 388 防水性能:30m 振動数:毎時2万1600振動 パワーリザーブ:約52時間 ムーブメントのパーツ数:388個 石数:52石 ムーブメントの厚さ:3.5㎜
価格:1584万円
問:ブルガリ ジャパン
TEL:03-6362-0100

大胆かつ巧妙に組み込んだクロノグラフ機構

ブルガリは2000年以降、ムーブメントパーツやケース、ダイヤルなど時計製造に関するすべての垂直統合を図ってきた。“ウォッチメーカー”ブルガリの、生産能力と技術力の高さは、今やスイスでも屈指。その実力は近年、主に薄型ムーブメントに注がれてきた。まず2014年、手巻きトゥールビヨンで世界最薄を達成。以降、次々と世界最薄を実現し、2020年には、この自動巻きトゥールビヨン クロノグラフで 6度目の世界最薄記録を樹立した。ケース厚7.4㎜、ムーブメント厚3.5㎜と、ともに極薄である。

ダイヤルは2つのカウンターを除きフルオープン。6時位置のトゥールビヨンは、ブリッジで支えられている。薄さを求めるなら、ブリッジがないフライングトゥールビヨンが有利だ。しかし、ダイヤル側にブリッジを敢えて用いた理由は、裏側を見ると分かる。トゥールビヨンの背面には、V字型パーツが重なっている。V字の一端がコラムホイールと接続していることから分かるように、これはクロノグラフ用のレバーである。その動きがトゥールビヨンに悪影響を与えないよう、ダイヤル側のブリッジで頑強に支えたのだ。裏側中央部には、秒・分のリセットハンマーが横たわる。クラッチは、薄くコンパクトにできるスイングピニオンによる水平クラッチ式。実に巧妙にトゥールビヨンとクロノグラフを組み合わせながら薄型化が図られた。

2つのボタンが備わるが、クロノグラフはワンプッシュ式。下側のボタンはリューズの巻き上げ・針合わせの切り替え用だ。これは既存の技術の流用。ペリフェラルローターで薄型化を図る際、リューズの切り替え機構をボタン式にしてオフセットさせ、さらに厚さを削ったのだ。ダイヤル4時位置には、コラムホイールにも似た切り替え車が見える。

こうした秀逸な工夫を凝らした設計に加え、自社製パーツの高い加工精度が、6度目となる世界最薄記録樹立を支える。

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2021

Spring/Summer VOL.321

  1. 1
2
LINE
SmartNews
無料会員登録
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop