「CODE 11.59 バイ オーデマ ピゲ」に世界限定50本の超弩級モデルがあった!

array(3) { [0]=> array(2) { ["entry_gallery_image"]=> array(24) { ["ID"]=> int(1180263) ["id"]=> int(1180263) ["title"]=> string(13) "p26-27_point1" ["filename"]=> string(17) "p26-27_point1.jpg" ["filesize"]=> int(447052) ["url"]=> string(70) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/12/p26-27_point1.jpg" ["link"]=> string(53) "https://www.mens-ex.jp/archives/1180259/p26-27_point1" ["alt"]=> string(13) "p26-27_point1" ["author"]=> string(2) "37" ["description"]=> string(0) "" ["caption"]=> string(0) "" ["name"]=> string(13) "p26-27_point1" ["status"]=> string(7) "inherit" ["uploaded_to"]=> int(1180259) ["date"]=> string(19) "2020-12-02 04:38:36" ["modified"]=> string(19) "2020-12-02 04:39:41" ["menu_order"]=> int(0) ["mime_type"]=> string(10) "image/jpeg" ["type"]=> string(5) "image" ["subtype"]=> string(4) "jpeg" ["icon"]=> string(62) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-includes/images/media/default.png" ["width"]=> int(750) ["height"]=> int(852) ["sizes"]=> array(12) { ["thumbnail"]=> string(78) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/12/p26-27_point1-150x150.jpg" ["thumbnail-width"]=> int(150) ["thumbnail-height"]=> int(150) ["medium"]=> string(78) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/12/p26-27_point1-264x300.jpg" ["medium-width"]=> int(264) ["medium-height"]=> int(300) ["medium_large"]=> string(70) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/12/p26-27_point1.jpg" ["medium_large-width"]=> int(750) ["medium_large-height"]=> int(852) ["large"]=> string(70) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/12/p26-27_point1.jpg" ["large-width"]=> int(750) ["large-height"]=> int(852) } } ["entry_gallery_description"]=> string(0) "" } [1]=> array(2) { ["entry_gallery_image"]=> array(24) { ["ID"]=> int(1180264) ["id"]=> int(1180264) ["title"]=> string(13) "p26-27_point2" ["filename"]=> string(17) "p26-27_point2.jpg" ["filesize"]=> int(426446) ["url"]=> string(70) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/12/p26-27_point2.jpg" ["link"]=> string(53) "https://www.mens-ex.jp/archives/1180259/p26-27_point2" ["alt"]=> string(13) "p26-27_point2" ["author"]=> string(2) "37" ["description"]=> string(0) "" ["caption"]=> string(0) "" ["name"]=> string(13) "p26-27_point2" ["status"]=> string(7) "inherit" ["uploaded_to"]=> int(1180259) ["date"]=> string(19) "2020-12-02 04:38:37" ["modified"]=> string(19) "2020-12-02 04:39:36" ["menu_order"]=> int(0) ["mime_type"]=> string(10) "image/jpeg" ["type"]=> string(5) "image" ["subtype"]=> string(4) "jpeg" ["icon"]=> string(62) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-includes/images/media/default.png" ["width"]=> int(750) ["height"]=> int(852) ["sizes"]=> array(12) { ["thumbnail"]=> string(78) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/12/p26-27_point2-150x150.jpg" ["thumbnail-width"]=> int(150) ["thumbnail-height"]=> int(150) ["medium"]=> string(78) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/12/p26-27_point2-264x300.jpg" ["medium-width"]=> int(264) ["medium-height"]=> int(300) ["medium_large"]=> string(70) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/12/p26-27_point2.jpg" ["medium_large-width"]=> int(750) ["medium_large-height"]=> int(852) ["large"]=> string(70) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/12/p26-27_point2.jpg" ["large-width"]=> int(750) ["large-height"]=> int(852) } } ["entry_gallery_description"]=> string(0) "" } [2]=> array(2) { ["entry_gallery_image"]=> array(24) { ["ID"]=> int(1180265) ["id"]=> int(1180265) ["title"]=> string(13) "p26-27_point3" ["filename"]=> string(17) "p26-27_point3.jpg" ["filesize"]=> int(522046) ["url"]=> string(70) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/12/p26-27_point3.jpg" ["link"]=> string(53) "https://www.mens-ex.jp/archives/1180259/p26-27_point3" ["alt"]=> string(13) "p26-27_point3" ["author"]=> string(2) "37" ["description"]=> string(0) "" ["caption"]=> string(0) "" ["name"]=> string(13) "p26-27_point3" ["status"]=> string(7) "inherit" ["uploaded_to"]=> int(1180259) ["date"]=> string(19) "2020-12-02 04:38:38" ["modified"]=> string(19) "2020-12-02 04:39:30" ["menu_order"]=> int(0) ["mime_type"]=> string(10) "image/jpeg" ["type"]=> string(5) "image" ["subtype"]=> string(4) "jpeg" ["icon"]=> string(62) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-includes/images/media/default.png" ["width"]=> int(750) ["height"]=> int(852) ["sizes"]=> array(12) { ["thumbnail"]=> string(78) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/12/p26-27_point3-150x150.jpg" ["thumbnail-width"]=> int(150) ["thumbnail-height"]=> int(150) ["medium"]=> string(78) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/12/p26-27_point3-264x300.jpg" ["medium-width"]=> int(264) ["medium-height"]=> int(300) ["medium_large"]=> string(70) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/12/p26-27_point3.jpg" ["medium_large-width"]=> int(750) ["medium_large-height"]=> int(852) ["large"]=> string(70) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/12/p26-27_point3.jpg" ["large-width"]=> int(750) ["large-height"]=> int(852) } } ["entry_gallery_description"]=> string(0) "" } }
Facebook
Twitter
友だち追加

難解極まりない超複雑な機械式時計の仕組みを“優しく”解説する『超弩級 複雑腕時計図鑑』がMEN’S EX特別編集によって発売に。ここでは、その中身をピックアップしてご紹介する。

AUDEMARS PIGUET(オーデマ ピゲ)
CODE 11.59 バイ オーデマ ピゲ
フライング トゥールビヨン クロノグラフ

お家芸のトゥールビヨンの下にさり気なくコラムホイール

p26-27_main  

 SPEC INFORMATION 
ブラック×シルバーのモノクロームなスケルトンダイヤルに、ゴールドの針が映える。世界限定50本(日本先行発売)。ケースサイズ:41㎜ ケースの厚さ:13.75㎜ ケース素材:18KWG+18KPG ストラップ:ブラックアリゲーター 巻き上げ:自動巻き 搭載キャリバー:Cal.2952 防水性能:3気圧 振動数:毎時2万1600振動 パワーリザーブ:約65時間 ムーブメントのパーツ数:479個 石数:40石 ムーブメントの直径:32.6㎜ ムーブメントの厚さ:9.13㎜
価格:2680万円
問:オーデマ ピゲ ジャパン
TEL:03-6830-0000

光と影のコントラストで複雑機構をドラマティックに

トゥールビヨンを搭載した腕時計の市販モデルは1986年、オーデマ ピゲによって実現された。同時にそのモデルは、同機構初の自動巻きでもあった。1999年にはトゥールビヨンとクロノグラフ、そしてミニッツリピーターを1つの時計に統合することに成功。そして2003年にトゥールビヨン クロノグラフを、ロイヤル オークでいち早くレギュラーモデル化させてもいる。以降オーデマ ピゲは、この複雑機構の組み合わせを様々なコレクションで展開し、技術を丁寧に進化させてきた。その最新のムーブメントが、このモデルが搭載するCal.2952である。

シンメトリーに透かし彫りされたダイヤルは、開口部から内に潜む精緻な機構を垣間見せ、奥行き感を創出。各セグメントとムーブメントは100以上のアングルで面取りし、鏡面とサテンの組み合わせで、豊かな表情を浮かべる。これらの装飾仕上げは、すべて手作業である。

伝統的な手の業で現代的に仕立てられたスケルトンのダイヤル6時位置には近年メゾンが取り組むフライング トゥールビヨンを搭載。加えてフライバック クロノグラフとが、初めて組み合わされた。

クロノグラフ作動中に、停止させることなくリセットできる精緻なメカニズムは、ダイヤル同様にオープンワークが施された姿をケースバックに見せる。クロノグラフ機構は、高級時計にふさわしいコラムホイール式。その設置場所は、裏蓋側からムーブメントをつぶさに見ていくと、6時位置であることに気付く。すなわちトゥールビヨンの裏(下)側に、コラムホイールが潜んでいるのだ。なんともトリッキーな設計が、新たなトゥールビヨン クロノグラフでは試みられた。

コラムホイールを重ねているせいなのか、フライング トゥールビヨンは、ダイヤル上面ギリギリの高さで、全容を見せている。光のコントラストが際立つスケルトンと相まって、キャリッジの回転する様子は、一層ドラマティックになった。

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2021

Feb.&Mar. VOL.319

2・3

[DIGITAL Edition]

  1. 1
2
LINE
SmartNews
無料会員登録
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop