大事な場面で成功に導く「ビジネスの鉄板コーディネート」とは?

array(6) { [0]=> array(2) { ["entry_gallery_image"]=> array(24) { ["ID"]=> int(1179502) ["id"]=> int(1179502) ["title"]=> string(31) "fashion_20201130_david-1month_1" ["filename"]=> string(37) "fashion_20201130_david-1month_1-1.jpg" ["filesize"]=> int(83954) ["url"]=> string(90) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/11/fashion_20201130_david-1month_1-1.jpg" ["link"]=> string(71) "https://www.mens-ex.jp/archives/1179452/fashion_20201130_david-1month_1" ["alt"]=> string(0) "" ["author"]=> string(2) "10" ["description"]=> string(0) "" ["caption"]=> string(0) "" ["name"]=> string(31) "fashion_20201130_david-1month_1" ["status"]=> string(7) "inherit" ["uploaded_to"]=> int(1179452) ["date"]=> string(19) "2020-11-26 14:32:17" ["modified"]=> string(19) "2020-11-26 14:32:17" ["menu_order"]=> int(0) ["mime_type"]=> string(10) "image/jpeg" ["type"]=> string(5) "image" ["subtype"]=> string(4) "jpeg" ["icon"]=> string(62) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-includes/images/media/default.png" ["width"]=> int(750) ["height"]=> int(852) ["sizes"]=> array(12) { ["thumbnail"]=> string(98) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/11/fashion_20201130_david-1month_1-1-150x150.jpg" ["thumbnail-width"]=> int(150) ["thumbnail-height"]=> int(150) ["medium"]=> string(98) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/11/fashion_20201130_david-1month_1-1-264x300.jpg" ["medium-width"]=> int(264) ["medium-height"]=> int(300) ["medium_large"]=> string(90) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/11/fashion_20201130_david-1month_1-1.jpg" ["medium_large-width"]=> int(750) ["medium_large-height"]=> int(852) ["large"]=> string(90) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/11/fashion_20201130_david-1month_1-1.jpg" ["large-width"]=> int(750) ["large-height"]=> int(852) } } ["entry_gallery_description"]=> string(381) "

1.サルトリオのグレーダブルスーツ
ウールフランネルのダブルスーツ。クラシックな面持ちながら、軽く柔らかなアンコン仕立ては、貫禄もみせつつ、懐深さを示すのにうってつけ。インナー次第では、休日スーツにも。23万円(ストラスブルゴ TEL0120-383-563)

" } [1]=> array(2) { ["entry_gallery_image"]=> array(24) { ["ID"]=> int(1179734) ["id"]=> int(1179734) ["title"]=> string(33) "fashion_20201130_david-1month_8ss" ["filename"]=> string(39) "fashion_20201130_david-1month_8ss-1.jpg" ["filesize"]=> int(65032) ["url"]=> string(92) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/11/fashion_20201130_david-1month_8ss-1.jpg" ["link"]=> string(75) "https://www.mens-ex.jp/archives/1179731/fashion_20201130_david-1month_8ss-2" ["alt"]=> string(0) "" ["author"]=> string(2) "10" ["description"]=> string(0) "" ["caption"]=> string(0) "" ["name"]=> string(35) "fashion_20201130_david-1month_8ss-2" ["status"]=> string(7) "inherit" ["uploaded_to"]=> int(1179731) ["date"]=> string(19) "2020-11-30 03:07:37" ["modified"]=> string(19) "2020-11-30 03:07:37" ["menu_order"]=> int(0) ["mime_type"]=> string(10) "image/jpeg" ["type"]=> string(5) "image" ["subtype"]=> string(4) "jpeg" ["icon"]=> string(62) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-includes/images/media/default.png" ["width"]=> int(750) ["height"]=> int(852) ["sizes"]=> array(12) { ["thumbnail"]=> string(100) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/11/fashion_20201130_david-1month_8ss-1-150x150.jpg" ["thumbnail-width"]=> int(150) ["thumbnail-height"]=> int(150) ["medium"]=> string(100) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/11/fashion_20201130_david-1month_8ss-1-264x300.jpg" ["medium-width"]=> int(264) ["medium-height"]=> int(300) ["medium_large"]=> string(92) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/11/fashion_20201130_david-1month_8ss-1.jpg" ["medium_large-width"]=> int(750) ["medium_large-height"]=> int(852) ["large"]=> string(92) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/11/fashion_20201130_david-1month_8ss-1.jpg" ["large-width"]=> int(750) ["large-height"]=> int(852) } } ["entry_gallery_description"]=> string(420) "

8.フライのサックスブルーシャツ
着回しやすさを考えれば、ホワイトとともにサックスブルーは持っておいて間違いはない。セミワイドカラーも、ビジネスから休日ジャケパンまで対応する汎用性あり。明るめのトーンは、暗色の冬生地に映える。5万2000円(ストラスブルゴ TEL0120-383-563)

" } [2]=> array(2) { ["entry_gallery_image"]=> array(24) { ["ID"]=> int(1179735) ["id"]=> int(1179735) ["title"]=> string(33) "fashion_20201130_david-1month_15s" ["filename"]=> string(39) "fashion_20201130_david-1month_15s-1.jpg" ["filesize"]=> int(77567) ["url"]=> string(92) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/11/fashion_20201130_david-1month_15s-1.jpg" ["link"]=> string(75) "https://www.mens-ex.jp/archives/1179731/fashion_20201130_david-1month_15s-2" ["alt"]=> string(0) "" ["author"]=> string(2) "10" ["description"]=> string(0) "" ["caption"]=> string(0) "" ["name"]=> string(35) "fashion_20201130_david-1month_15s-2" ["status"]=> string(7) "inherit" ["uploaded_to"]=> int(1179731) ["date"]=> string(19) "2020-11-30 03:07:45" ["modified"]=> string(19) "2020-11-30 03:07:45" ["menu_order"]=> int(0) ["mime_type"]=> string(10) "image/jpeg" ["type"]=> string(5) "image" ["subtype"]=> string(4) "jpeg" ["icon"]=> string(62) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-includes/images/media/default.png" ["width"]=> int(750) ["height"]=> int(852) ["sizes"]=> array(12) { ["thumbnail"]=> string(100) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/11/fashion_20201130_david-1month_15s-1-150x150.jpg" ["thumbnail-width"]=> int(150) ["thumbnail-height"]=> int(150) ["medium"]=> string(100) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/11/fashion_20201130_david-1month_15s-1-264x300.jpg" ["medium-width"]=> int(264) ["medium-height"]=> int(300) ["medium_large"]=> string(92) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/11/fashion_20201130_david-1month_15s-1.jpg" ["medium_large-width"]=> int(750) ["medium_large-height"]=> int(852) ["large"]=> string(92) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/11/fashion_20201130_david-1month_15s-1.jpg" ["large-width"]=> int(750) ["large-height"]=> int(852) } } ["entry_gallery_description"]=> string(423) "

15.フランコ バッシのネイビータイ
一見ビジネスにおけるベーシックに沿った、ソリッドなネイビータイに見える。しかし素材はカシミア。その生地感は実にエアリーで柔らかく、ソリッドとは対極な印象に。ゆえに、カジュアルなジャケパンにも合う。2万2000円(グジ 東京店 TEL03-6721-0027)

" } [3]=> array(2) { ["entry_gallery_image"]=> array(24) { ["ID"]=> int(1179481) ["id"]=> int(1179481) ["title"]=> string(32) "fashion_20201130_david-1month_24" ["filename"]=> string(36) "fashion_20201130_david-1month_24.jpg" ["filesize"]=> int(95143) ["url"]=> string(89) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/11/fashion_20201130_david-1month_24.jpg" ["link"]=> string(72) "https://www.mens-ex.jp/archives/1179452/fashion_20201130_david-1month_24" ["alt"]=> string(0) "" ["author"]=> string(2) "10" ["description"]=> string(0) "" ["caption"]=> string(0) "" ["name"]=> string(32) "fashion_20201130_david-1month_24" ["status"]=> string(7) "inherit" ["uploaded_to"]=> int(1179452) ["date"]=> string(19) "2020-11-26 14:18:42" ["modified"]=> string(19) "2020-11-26 14:18:42" ["menu_order"]=> int(0) ["mime_type"]=> string(10) "image/jpeg" ["type"]=> string(5) "image" ["subtype"]=> string(4) "jpeg" ["icon"]=> string(62) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-includes/images/media/default.png" ["width"]=> int(750) ["height"]=> int(852) ["sizes"]=> array(12) { ["thumbnail"]=> string(97) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/11/fashion_20201130_david-1month_24-150x150.jpg" ["thumbnail-width"]=> int(150) ["thumbnail-height"]=> int(150) ["medium"]=> string(97) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/11/fashion_20201130_david-1month_24-264x300.jpg" ["medium-width"]=> int(264) ["medium-height"]=> int(300) ["medium_large"]=> string(89) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/11/fashion_20201130_david-1month_24.jpg" ["medium_large-width"]=> int(750) ["medium_large-height"]=> int(852) ["large"]=> string(89) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/11/fashion_20201130_david-1month_24.jpg" ["large-width"]=> int(750) ["large-height"]=> int(852) } } ["entry_gallery_description"]=> string(413) "

24.ベルヴェストのネイビーコート
その着姿には貫禄と威厳が漂うものの、着心地は軽やか。理由は、ウールにカシミアとナイロンをブレンドしたダブルフェイス生地。とはいえ決してペラペラというわけではなく、優雅なドレープを描いてくれる。27万円(グジ 東京店 TEL03-6721-0027)

" } [4]=> array(2) { ["entry_gallery_image"]=> array(24) { ["ID"]=> int(1179539) ["id"]=> int(1179539) ["title"]=> string(33) "fashion_20201130_david-1month_31s" ["filename"]=> string(37) "fashion_20201130_david-1month_31s.jpg" ["filesize"]=> int(156196) ["url"]=> string(90) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/11/fashion_20201130_david-1month_31s.jpg" ["link"]=> string(73) "https://www.mens-ex.jp/archives/1179452/fashion_20201130_david-1month_31s" ["alt"]=> string(0) "" ["author"]=> string(2) "10" ["description"]=> string(0) "" ["caption"]=> string(0) "" ["name"]=> string(33) "fashion_20201130_david-1month_31s" ["status"]=> string(7) "inherit" ["uploaded_to"]=> int(1179452) ["date"]=> string(19) "2020-11-26 16:11:54" ["modified"]=> string(19) "2020-11-26 16:11:54" ["menu_order"]=> int(0) ["mime_type"]=> string(10) "image/jpeg" ["type"]=> string(5) "image" ["subtype"]=> string(4) "jpeg" ["icon"]=> string(62) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-includes/images/media/default.png" ["width"]=> int(750) ["height"]=> int(852) ["sizes"]=> array(12) { ["thumbnail"]=> string(98) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/11/fashion_20201130_david-1month_31s-150x150.jpg" ["thumbnail-width"]=> int(150) ["thumbnail-height"]=> int(150) ["medium"]=> string(98) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/11/fashion_20201130_david-1month_31s-264x300.jpg" ["medium-width"]=> int(264) ["medium-height"]=> int(300) ["medium_large"]=> string(90) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/11/fashion_20201130_david-1month_31s.jpg" ["medium_large-width"]=> int(750) ["medium_large-height"]=> int(852) ["large"]=> string(90) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/11/fashion_20201130_david-1month_31s.jpg" ["large-width"]=> int(750) ["large-height"]=> int(852) } } ["entry_gallery_description"]=> string(434) "

31.ジョンロブのダブルモンクシューズ
オンとオフの境が曖昧な今、ダブルモンクの最高峰ウィリアムの存在感は増すばかり。アビエーターブーツを出自としながら、ドレス顔に仕立てた1足と聞けば納得。現代におけるヘビロテ靴を象徴するモデルだ。18万8000円(ジョン ロブ ジャパン TEL03-6267-6010)

" } [5]=> array(2) { ["entry_gallery_image"]=> array(24) { ["ID"]=> int(1179533) ["id"]=> int(1179533) ["title"]=> string(33) "fashion_20201130_david-1month_37s" ["filename"]=> string(37) "fashion_20201130_david-1month_37s.jpg" ["filesize"]=> int(149459) ["url"]=> string(90) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/11/fashion_20201130_david-1month_37s.jpg" ["link"]=> string(73) "https://www.mens-ex.jp/archives/1179452/fashion_20201130_david-1month_37s" ["alt"]=> string(0) "" ["author"]=> string(2) "10" ["description"]=> string(0) "" ["caption"]=> string(0) "" ["name"]=> string(33) "fashion_20201130_david-1month_37s" ["status"]=> string(7) "inherit" ["uploaded_to"]=> int(1179452) ["date"]=> string(19) "2020-11-26 16:10:58" ["modified"]=> string(19) "2020-11-26 16:10:58" ["menu_order"]=> int(0) ["mime_type"]=> string(10) "image/jpeg" ["type"]=> string(5) "image" ["subtype"]=> string(4) "jpeg" ["icon"]=> string(62) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-includes/images/media/default.png" ["width"]=> int(750) ["height"]=> int(852) ["sizes"]=> array(12) { ["thumbnail"]=> string(98) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/11/fashion_20201130_david-1month_37s-150x150.jpg" ["thumbnail-width"]=> int(150) ["thumbnail-height"]=> int(150) ["medium"]=> string(98) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/11/fashion_20201130_david-1month_37s-264x300.jpg" ["medium-width"]=> int(264) ["medium-height"]=> int(300) ["medium_large"]=> string(90) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/11/fashion_20201130_david-1month_37s.jpg" ["medium_large-width"]=> int(750) ["medium_large-height"]=> int(852) ["large"]=> string(90) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/11/fashion_20201130_david-1month_37s.jpg" ["large-width"]=> int(750) ["large-height"]=> int(852) } } ["entry_gallery_description"]=> string(401) "

37.フェリージのクラッチバッグ
ビジネスでの使用に向いた、ミニマルデザイン。傷がつきにくく耐久性の高いアルペンヨーロッパカーフも、日々の使用に嬉しい。A4書類対応。縦26×横36×マチ2.5cm。7万8000円(フェリージ オンラインショップカスタマーセンター TEL0120-863-745)

" } }
Facebook
Twitter
友だち追加
ビジネスの鉄板「グレー×ネイビー」の上品コーデをマスターする

12月1日~31日までの31日間、MEN’S EX ONLINEのMr.David Diaryでもお馴染みのモデル、Mr.Davidが「着回し1ヶ月チャレンジ」に挑戦! 全41アイテムのワードローブを上手く活用し、ワンパターンな着こなしにならずに平日も休日も多彩なコーディネートを楽しむ術を実演する。
今年のトレンドも押さえつつ、テレワークスタイルや多くの企業でより一般化したビジカジの装いなど、時流にマッチして取り入れやすい着こなし実例1ヶ月分をご紹介。どうぞお楽しみに!(使用する全41アイテムはこちら

【Mr.Davidの着回し1ヶ月チャレンジ!_12月3日】
王道のグレー×ネイビーコーデをブラッシュアップ

「グレー×ネイビー」の上品コーデ

今日はこの前取引先と打ち合わせをした新規プロジェクトを、社内の重役にプレゼンする大事な日。赤いネクタイで若々しく情熱的な人柄をアピールするのものいいが、ここはあえてクラス感のあるシックな着こなしで、リーダーに相応しい貫禄ある人物像を演出しよう。

とすると、ビジネスにおける鉄板の着こなしである「グレー×ネイビー」配色のコーデに頼るのも一つの手だ。まずスーツは、冬らしいグレーフランネルをクラス感のあるダブルで仕立てたものを。そこに、サックスブルーシャツとネイビータイで、Vゾーンはブルー系の配色で控えめにまとめよう。さらに上質な雰囲気を後押しするベルヴェストのカシミアコートは、実は裏地のないダブルフェイス仕立て。貫禄のある見た目とは裏腹に、非常に着心地は軽やかなのがとても嬉しい。

一見無難に見える着こなしだが、あえて柄や色を使わない「スタイリングの引き算」を徹底した。それによって、服の素材や仕立ての上質さが際立ち、クラス感ある佇まいを演出しているのだ。

装いがしっかりすれば、人前に立つ場面でもどこか自信が生まれるもの。このプレゼンを成功させて、夜は家でワインでも開けてゆっくりと祝杯をあげよう!

<p><strong>1.サルトリオのグレーダブルスーツ</strong><br />
ウールフランネルのダブルスーツ。クラシックな面持ちながら、軽く柔らかなアンコン仕立ては、貫禄もみせつつ、懐深さを示すのにうってつけ。インナー次第では、休日スーツにも。23万円(ストラスブルゴ TEL0120-383-563)</p>

1.サルトリオのグレーダブルスーツ
ウールフランネルのダブルスーツ。クラシックな面持ちながら、軽く柔らかなアンコン仕立ては、貫禄もみせつつ、懐深さを示すのにうってつけ。インナー次第では、休日スーツにも。23万円(ストラスブルゴ TEL0120-383-563)

<p><strong>8.フライのサックスブルーシャツ</strong><br />
着回しやすさを考えれば、ホワイトとともにサックスブルーは持っておいて間違いはない。セミワイドカラーも、ビジネスから休日ジャケパンまで対応する汎用性あり。明るめのトーンは、暗色の冬生地に映える。5万2000円(ストラスブルゴ TEL0120-383-563)</p>

8.フライのサックスブルーシャツ
着回しやすさを考えれば、ホワイトとともにサックスブルーは持っておいて間違いはない。セミワイドカラーも、ビジネスから休日ジャケパンまで対応する汎用性あり。明るめのトーンは、暗色の冬生地に映える。5万2000円(ストラスブルゴ TEL0120-383-563)

<p><strong>15.フランコ バッシのネイビータイ</strong><br />
一見ビジネスにおけるベーシックに沿った、ソリッドなネイビータイに見える。しかし素材はカシミア。その生地感は実にエアリーで柔らかく、ソリッドとは対極な印象に。ゆえに、カジュアルなジャケパンにも合う。2万2000円(グジ 東京店 TEL03-6721-0027)</p>

15.フランコ バッシのネイビータイ
一見ビジネスにおけるベーシックに沿った、ソリッドなネイビータイに見える。しかし素材はカシミア。その生地感は実にエアリーで柔らかく、ソリッドとは対極な印象に。ゆえに、カジュアルなジャケパンにも合う。2万2000円(グジ 東京店 TEL03-6721-0027)

<p><strong>24.ベルヴェストのネイビーコート</strong><br />
その着姿には貫禄と威厳が漂うものの、着心地は軽やか。理由は、ウールにカシミアとナイロンをブレンドしたダブルフェイス生地。とはいえ決してペラペラというわけではなく、優雅なドレープを描いてくれる。27万円(グジ 東京店 TEL03-6721-0027)</p>

24.ベルヴェストのネイビーコート
その着姿には貫禄と威厳が漂うものの、着心地は軽やか。理由は、ウールにカシミアとナイロンをブレンドしたダブルフェイス生地。とはいえ決してペラペラというわけではなく、優雅なドレープを描いてくれる。27万円(グジ 東京店 TEL03-6721-0027)

<p><strong>31.ジョンロブのダブルモンクシューズ</strong><br />
オンとオフの境が曖昧な今、ダブルモンクの最高峰ウィリアムの存在感は増すばかり。アビエーターブーツを出自としながら、ドレス顔に仕立てた1足と聞けば納得。現代におけるヘビロテ靴を象徴するモデルだ。18万8000円(ジョン ロブ ジャパン TEL03-6267-6010)</p>

31.ジョンロブのダブルモンクシューズ
オンとオフの境が曖昧な今、ダブルモンクの最高峰ウィリアムの存在感は増すばかり。アビエーターブーツを出自としながら、ドレス顔に仕立てた1足と聞けば納得。現代におけるヘビロテ靴を象徴するモデルだ。18万8000円(ジョン ロブ ジャパン TEL03-6267-6010)

<p><strong>37.フェリージのクラッチバッグ</strong><br />
ビジネスでの使用に向いた、ミニマルデザイン。傷がつきにくく耐久性の高いアルペンヨーロッパカーフも、日々の使用に嬉しい。A4書類対応。縦26×横36×マチ2.5cm。7万8000円(フェリージ オンラインショップカスタマーセンター TEL0120-863-745)</p>

37.フェリージのクラッチバッグ
ビジネスでの使用に向いた、ミニマルデザイン。傷がつきにくく耐久性の高いアルペンヨーロッパカーフも、日々の使用に嬉しい。A4書類対応。縦26×横36×マチ2.5cm。7万8000円(フェリージ オンラインショップカスタマーセンター TEL0120-863-745)

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2021

Spring/Summer VOL.321

  1. 1
2
LINE
SmartNews
無料会員登録
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop