>> この記事の先頭に戻る

代表モデルその② 官能的な彫刻のようなフォルム、普段乗りのスーパーカー「ウラカン」

ランボルギーニ最大のヒットモデルとなったV10エンジンを積むガヤルドの後継車として2014年から発売が続けられているウラカン。全長約4.5mのボディに600ps超えのV10エンジンを搭載し、普段から乗れるスーパースポーツカーとして高い人気を誇っている。日本の折り紙からインスピレーションを受けデザインしたエクステリアはアニキ分であるアヴェンタドール同様、一目で同社のモデルと分かり、性能、見た目共にスーパースポーツカーならではの高い満足度を与えてくれる。※認定中古車の各車両の価格はページ末のリンクより参照ください。

日本的なデザイン美に想を得たウラカン

  1. 3
4
LINE
SmartNews
ビジネスの装いルール完全BOOK
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop