週始めの月曜日。堅すぎないタイドアップで! 週始めの月曜日。堅すぎないタイドアップで!

メゾンは今季、ストリートからクラシックに。#2020TOPICS

bool(false)
Facebook
Twitter
友だち追加

モードのクラシック化、いっそう加速

モードのクラシック化、いっそう加速

ここしばらくの間、モードブランドの間では“ストリート”が一大潮流となっていたことはご存じのとおり。オーバーサイズのパーカやレタリング入りのTシャツ、ボリュームのあるスニーカーなどをフィーチャーしたスタイルは大いに刺激的だったものの、コンサバ派にとってみれば少々敷居の高さを感じるものであったことは否めない。が、そんな潮目も今、変化のときを迎えているようだ。

多くのブランドがテーラードアイテムを打ち出し、“モードのクラシック回帰始まる!”と話題を呼んだのが昨年のこと。その流れは今季も継続し、より本格化したように感じられる。“これからの時代こそスーツ&ジャケット”と特集冒頭で宣言したのは、このような流れも踏まえてのことなのだ。

LOUIS VUITTON / ルイ・ヴィトン

ルイヴィトン

今季、とりわけ衝撃的だったのは、ルイ・ヴィトンのファーストルック(左)がクラシックなスーツだったこと。

ルイヴィトン

ラグジュアリー・ストリートの火付け役、ヴァージル・アブローがこれを提案したことは、時代の変化を象徴するかのようだ。

PRADA / プラダ

プラダ

プラダのコレクションでは、ツイードスーツやワイドラペルのジャケットを用いたルックが魅力的。インナーのニットもトラッドモチーフを思わせる柄で、コンサバ派でも親しめそうだ。

ERMENEGILDO ZEGNA XXX / エルメネジルド ゼニア XXX

エルメネジルド ゼニア XXX

エルメネジルド ゼニア XXXのコレクションラインでは、グレーやネイビーなどシックな生地を用いたスーツコレクションが印象的だった。

エルメネジルド ゼニア XXX

軽やかな素材使いと、斬新なカッティングやデザイン。このバランスがなんとも同ブランドらしい。

DIOR / ディオール

ディオール

ディオールでは、フォーマルウェアをイメージさせるルックが興味深い。ジャケットの着丈はやや長めで、パンツも細すぎないのが過去のモードスーツとは一線を画している。



※表示価格は税抜き
[MEN’S EX 2020年10月号の記事を再構成](スタッフクレジットは本誌に記載)
今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2020

Nov. VOL.316

11

  1. 1

SHOES

人気の靴 その歴史

チャーチ

CHURCH'S

ベルルッティ

BERLUTI

トリッカーズ

TRICKER'S

ジョン ロブ

JOHN LOBB

ジェイエムウエストン

J.M.WESTON

サントーニ

SANTONI

クロケット&ジョーンズ

CROCKETT & JONES

オールデン

ALDEN

エドワードグリーン

EDWARD GREEN

LINE
SmartNews
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop