>> この記事の先頭に戻る

今回使用したアイテムはこちら(写真8枚)

<p><strong>1.ラルディーニのチェックスーツ</strong><br />
イタリアのスーツファクトリーブランドの新作は、遠目無地に見えるグレーのシャドーチェック柄が控えめで上品。無地には出せない豊かな表情は、着る人の魅力を引き立ててくれる。15万2000円(ストラスブルゴ)</p>

1.ラルディーニのチェックスーツ
イタリアのスーツファクトリーブランドの新作は、遠目無地に見えるグレーのシャドーチェック柄が控えめで上品。無地には出せない豊かな表情は、着る人の魅力を引き立ててくれる。15万2000円(ストラスブルゴ)

<p><strong>3.ラルディーニのニットジャケット</strong><br />
厳選ウールを丁寧に編み立てたニットジャケットは、大人の余裕漂うアイテム。見た目はジャケット然としているが、羽織り心地はカーディガンのように心地いい。7万2000円(ストラスブルゴ)</p>

3.ラルディーニのニットジャケット
厳選ウールを丁寧に編み立てたニットジャケットは、大人の余裕漂うアイテム。見た目はジャケット然としているが、羽織り心地はカーディガンのように心地いい。7万2000円(ストラスブルゴ)

<p><strong>8.コスタンザのニットポロシャツ</strong><br />
襟付きのニットポロは、ウォームビズに欠かせない大人ニットの新定番。こちらはウールの端正な編み地がビジネスシーンにも◎。今回は汎用性の高い黒をセレクトした。5万2000円(ストラスブルゴ) </p>

8.コスタンザのニットポロシャツ
襟付きのニットポロは、ウォームビズに欠かせない大人ニットの新定番。こちらはウールの端正な編み地がビジネスシーンにも◎。今回は汎用性の高い黒をセレクトした。5万2000円(ストラスブルゴ) 

<p><strong>12.キーレッドのリバーシブルステンカラーコート</strong><br />
両面着られるリバーシブルコート。写真のグレーの面にはイタリアの服地メーカー、カルロ・バルベラ社の滑らかなカシミアを採用。一方、ネイビーの面はウール×ナイロン製。クラシックとモダン、両テイストを備えたコートは2着分の働きをしてくれる。19万8000円(ストラスブルゴ)</p>

12.キーレッドのリバーシブルステンカラーコート
両面着られるリバーシブルコート。写真のグレーの面にはイタリアの服地メーカー、カルロ・バルベラ社の滑らかなカシミアを採用。一方、ネイビーの面はウール×ナイロン製。クラシックとモダン、両テイストを備えたコートは2着分の働きをしてくれる。19万8000円(ストラスブルゴ)

<p><strong>12.キーレッドのリバーシブルステンカラーコート</strong></p>

12.キーレッドのリバーシブルステンカラーコート

<p><strong>15.シセイのトートバッグ</strong><br />
シンプルな1室構造のボックス型トートは、革質の良さを生かしたシンプルデザインが光る。コーディネートに添えれば、モダンなアクセサリーとしても機能する。W33.5×H38.5×D10cm。11万8000円(ストラスブルゴ)</p>

15.シセイのトートバッグ
シンプルな1室構造のボックス型トートは、革質の良さを生かしたシンプルデザインが光る。コーディネートに添えれば、モダンなアクセサリーとしても機能する。W33.5×H38.5×D10cm。11万8000円(ストラスブルゴ)

<p><strong>16.シセイのクラッチバッグ</strong><br />
封筒型のレザークラッチバッグは、書類やタブレットの収納、バッグ・イン・バッグとしても活躍。とても柔らかい革なので、くるくると丸めての使用も可能だ。W25×H36×D3cm。4万2000円(ストラスブルゴ)</p>

16.シセイのクラッチバッグ
封筒型のレザークラッチバッグは、書類やタブレットの収納、バッグ・イン・バッグとしても活躍。とても柔らかい革なので、くるくると丸めての使用も可能だ。W25×H36×D3cm。4万2000円(ストラスブルゴ)

<p><strong>19.エドワード グリーンのフレンチローファー</strong><br />
英国の洒落者、ウィンザー公の名に由来するローファー「デューク」は“エドグリ”の新定番。ラストは「137」で流れるようなシルエットが唯一無二。また通常ソールとほぼ同じ厚みでラバーソールを装備しているため、にわか雨にも対応する。16万3000円(ストラスブルゴ)</p>

19.エドワード グリーンのフレンチローファー
英国の洒落者、ウィンザー公の名に由来するローファー「デューク」は“エドグリ”の新定番。ラストは「137」で流れるようなシルエットが唯一無二。また通常ソールとほぼ同じ厚みでラバーソールを装備しているため、にわか雨にも対応する。16万3000円(ストラスブルゴ)

アイテム一覧


関連記事一覧: 着回し1週間チャレンジ_ストラスブルゴ編

INFORMATION

ストラスブルゴ
TEL:0120-383-563
ストラスブルゴ公式サイト

※表示価格は税抜き

撮影/若林武志 スタイリング/宮崎 司 文/間中美希子

<p><strong>1.ラルディーニのチェックスーツ</strong><br />
イタリアのスーツファクトリーブランドの新作は、遠目無地に見えるグレーのシャドーチェック柄が控えめで上品。無地には出せない豊かな表情は、着る人の魅力を引き立ててくれる。15万2000円(ストラスブルゴ)</p>

1.ラルディーニのチェックスーツ
イタリアのスーツファクトリーブランドの新作は、遠目無地に見えるグレーのシャドーチェック柄が控えめで上品。無地には出せない豊かな表情は、着る人の魅力を引き立ててくれる。15万2000円(ストラスブルゴ)

<p><strong>3.ラルディーニのニットジャケット</strong><br />
厳選ウールを丁寧に編み立てたニットジャケットは、大人の余裕漂うアイテム。見た目はジャケット然としているが、羽織り心地はカーディガンのように心地いい。7万2000円(ストラスブルゴ)</p>

3.ラルディーニのニットジャケット
厳選ウールを丁寧に編み立てたニットジャケットは、大人の余裕漂うアイテム。見た目はジャケット然としているが、羽織り心地はカーディガンのように心地いい。7万2000円(ストラスブルゴ)

<p><strong>8.コスタンザのニットポロシャツ</strong><br />
襟付きのニットポロは、ウォームビズに欠かせない大人ニットの新定番。こちらはウールの端正な編み地がビジネスシーンにも◎。今回は汎用性の高い黒をセレクトした。5万2000円(ストラスブルゴ) </p>

8.コスタンザのニットポロシャツ
襟付きのニットポロは、ウォームビズに欠かせない大人ニットの新定番。こちらはウールの端正な編み地がビジネスシーンにも◎。今回は汎用性の高い黒をセレクトした。5万2000円(ストラスブルゴ) 

<p><strong>12.キーレッドのリバーシブルステンカラーコート</strong><br />
両面着られるリバーシブルコート。写真のグレーの面にはイタリアの服地メーカー、カルロ・バルベラ社の滑らかなカシミアを採用。一方、ネイビーの面はウール×ナイロン製。クラシックとモダン、両テイストを備えたコートは2着分の働きをしてくれる。19万8000円(ストラスブルゴ)</p>

12.キーレッドのリバーシブルステンカラーコート
両面着られるリバーシブルコート。写真のグレーの面にはイタリアの服地メーカー、カルロ・バルベラ社の滑らかなカシミアを採用。一方、ネイビーの面はウール×ナイロン製。クラシックとモダン、両テイストを備えたコートは2着分の働きをしてくれる。19万8000円(ストラスブルゴ)

<p><strong>12.キーレッドのリバーシブルステンカラーコート</strong></p>

12.キーレッドのリバーシブルステンカラーコート

<p><strong>15.シセイのトートバッグ</strong><br />
シンプルな1室構造のボックス型トートは、革質の良さを生かしたシンプルデザインが光る。コーディネートに添えれば、モダンなアクセサリーとしても機能する。W33.5×H38.5×D10cm。11万8000円(ストラスブルゴ)</p>

15.シセイのトートバッグ
シンプルな1室構造のボックス型トートは、革質の良さを生かしたシンプルデザインが光る。コーディネートに添えれば、モダンなアクセサリーとしても機能する。W33.5×H38.5×D10cm。11万8000円(ストラスブルゴ)

<p><strong>16.シセイのクラッチバッグ</strong><br />
封筒型のレザークラッチバッグは、書類やタブレットの収納、バッグ・イン・バッグとしても活躍。とても柔らかい革なので、くるくると丸めての使用も可能だ。W25×H36×D3cm。4万2000円(ストラスブルゴ)</p>

16.シセイのクラッチバッグ
封筒型のレザークラッチバッグは、書類やタブレットの収納、バッグ・イン・バッグとしても活躍。とても柔らかい革なので、くるくると丸めての使用も可能だ。W25×H36×D3cm。4万2000円(ストラスブルゴ)

<p><strong>19.エドワード グリーンのフレンチローファー</strong><br />
英国の洒落者、ウィンザー公の名に由来するローファー「デューク」は“エドグリ”の新定番。ラストは「137」で流れるようなシルエットが唯一無二。また通常ソールとほぼ同じ厚みでラバーソールを装備しているため、にわか雨にも対応する。16万3000円(ストラスブルゴ)</p>

19.エドワード グリーンのフレンチローファー
英国の洒落者、ウィンザー公の名に由来するローファー「デューク」は“エドグリ”の新定番。ラストは「137」で流れるようなシルエットが唯一無二。また通常ソールとほぼ同じ厚みでラバーソールを装備しているため、にわか雨にも対応する。16万3000円(ストラスブルゴ)

  1. 2
LINE
SmartNews
無料会員登録
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop