>> この記事の先頭に戻る

リラックスコーデを品良く着こなすポイントと注意点

<p><strong>ストレッチ系セットアップはタイトすぎに注意<br />
落ち感のあるゆとりが◎</strong><br />
最近増えているのがストレッチ素材を使用したジャケット。スーツよりも軽快なものゆえ、多少のタイトフィットは許容される。が、いくら快適でもピッタリしすぎるのはやはりNG。自然なゆとりが大人っぽく着るベストと心得ておきたい。</p>

ストレッチ系セットアップはタイトすぎに注意
落ち感のあるゆとりが◎

最近増えているのがストレッチ素材を使用したジャケット。スーツよりも軽快なものゆえ、多少のタイトフィットは許容される。が、いくら快適でもピッタリしすぎるのはやはりNG。自然なゆとりが大人っぽく着るベストと心得ておきたい。

<p><strong>ジャケットの袖はスーツ同様長すぎ注意<br />
手首の骨の突起に少しかかる程度</strong><br />
スーツ同様、ジャケットスタイルの上着の袖口は手の甲を覆うほど長くなりすぎてはいけない。袖口の目安は手首の骨の突起に少しかかる程度。インナーが長袖の場合は、ビジネスシャツと同じくインナーの袖口を少しのぞかせるとよい。</p>

ジャケットの袖はスーツ同様長すぎ注意
手首の骨の突起に少しかかる程度

スーツ同様、ジャケットスタイルの上着の袖口は手の甲を覆うほど長くなりすぎてはいけない。袖口の目安は手首の骨の突起に少しかかる程度。インナーが長袖の場合は、ビジネスシャツと同じくインナーの袖口を少しのぞかせるとよい。

<p><strong>JKが短すぎると幼い印象に<br />
JKの丈もお尻が隠れるのがセオリー</strong><br />
ジャケットスタイルは、スーツよりも、軽快な雰囲気が持ち味。とはいえ、大人の品位も必要なので、着丈は短すぎないよう注意。ヒップが5分の4程隠れるのが目安。</p>

JKが短すぎると幼い印象に
JKの丈もお尻が隠れるのがセオリー

ジャケットスタイルは、スーツよりも、軽快な雰囲気が持ち味。とはいえ、大人の品位も必要なので、着丈は短すぎないよう注意。ヒップが5分の4程隠れるのが目安。

<p><strong>これはNG</strong></p>

これはNG

<p><strong>ちなみに…<br />
JKはスーツよりも“やや短め”の丈感もOK</strong><br />
この写真はスーツ時の正解の丈感。ジャケットスタイルでは、スーツ時より3cm程短い丈も許容範囲だ</p>

ちなみに…
JKはスーツよりも“やや短め”の丈感もOK

この写真はスーツ時の正解の丈感。ジャケットスタイルでは、スーツ時より3cm程短い丈も許容範囲だ

<p><strong>ボトムスはスマートさの象徴!<br />
足の上でたるまずストンと落ちるくらい</strong><br />
時代とともに変化するパンツの裾幅。いまは裾幅が細くなっているので、足元で生地がもたつかない長さが理想とされる。</p>

ボトムスはスマートさの象徴!
足の上でたるまずストンと落ちるくらい

時代とともに変化するパンツの裾幅。いまは裾幅が細くなっているので、足元で生地がもたつかない長さが理想とされる。

<p><strong>スニーカー時も甲にギリギリかからないくらい</strong><br />
特にデニムやスニーカーを合わせる場合は、せっかくの軽やかさが損なわれてしまうので、“裾は短め”を意識してほしい。</p>

スニーカー時も甲にギリギリかからないくらい
特にデニムやスニーカーを合わせる場合は、せっかくの軽やかさが損なわれてしまうので、“裾は短め”を意識してほしい。

<p><strong>ちなみに…<br />
デニムで長すぎるとだらしなさが強調される</strong></p>

ちなみに…
デニムで長すぎるとだらしなさが強調される

「スーツなアイテム」はちぐはぐになるので注意

<p>カジュアルJKにブロードシャツ</p>

カジュアルJKにブロードシャツ

<p>正統すぎるドレス靴</p>

正統すぎるドレス靴

<p>クラシックなシルクタイ</p>

クラシックなシルクタイ

NNスタイルは軽やかさが持ち味なだけに脇役との調和があって然るべき。せっかくリラックスした雰囲気を演出しようというのに、ドレス感の強いアイテムを合わせるとどこかアンバランスな印象が際立ってしまう。それが“着こなしを分かっていない人”という雰囲気を醸し出すことにつながるので、上手に脇役を選んでほしい。



[MEN’S EX 2020年10月号の記事を再構成](スタッフクレジットは本誌に記載)
<p><strong>ストレッチ系セットアップはタイトすぎに注意<br />
落ち感のあるゆとりが◎</strong><br />
最近増えているのがストレッチ素材を使用したジャケット。スーツよりも軽快なものゆえ、多少のタイトフィットは許容される。が、いくら快適でもピッタリしすぎるのはやはりNG。自然なゆとりが大人っぽく着るベストと心得ておきたい。</p>

ストレッチ系セットアップはタイトすぎに注意
落ち感のあるゆとりが◎

最近増えているのがストレッチ素材を使用したジャケット。スーツよりも軽快なものゆえ、多少のタイトフィットは許容される。が、いくら快適でもピッタリしすぎるのはやはりNG。自然なゆとりが大人っぽく着るベストと心得ておきたい。

<p><strong>ジャケットの袖はスーツ同様長すぎ注意<br />
手首の骨の突起に少しかかる程度</strong><br />
スーツ同様、ジャケットスタイルの上着の袖口は手の甲を覆うほど長くなりすぎてはいけない。袖口の目安は手首の骨の突起に少しかかる程度。インナーが長袖の場合は、ビジネスシャツと同じくインナーの袖口を少しのぞかせるとよい。</p>

ジャケットの袖はスーツ同様長すぎ注意
手首の骨の突起に少しかかる程度

スーツ同様、ジャケットスタイルの上着の袖口は手の甲を覆うほど長くなりすぎてはいけない。袖口の目安は手首の骨の突起に少しかかる程度。インナーが長袖の場合は、ビジネスシャツと同じくインナーの袖口を少しのぞかせるとよい。

<p><strong>JKが短すぎると幼い印象に<br />
JKの丈もお尻が隠れるのがセオリー</strong><br />
ジャケットスタイルは、スーツよりも、軽快な雰囲気が持ち味。とはいえ、大人の品位も必要なので、着丈は短すぎないよう注意。ヒップが5分の4程隠れるのが目安。</p>

JKが短すぎると幼い印象に
JKの丈もお尻が隠れるのがセオリー

ジャケットスタイルは、スーツよりも、軽快な雰囲気が持ち味。とはいえ、大人の品位も必要なので、着丈は短すぎないよう注意。ヒップが5分の4程隠れるのが目安。

<p><strong>これはNG</strong></p>

これはNG

<p><strong>ちなみに…<br />
JKはスーツよりも“やや短め”の丈感もOK</strong><br />
この写真はスーツ時の正解の丈感。ジャケットスタイルでは、スーツ時より3cm程短い丈も許容範囲だ</p>

ちなみに…
JKはスーツよりも“やや短め”の丈感もOK

この写真はスーツ時の正解の丈感。ジャケットスタイルでは、スーツ時より3cm程短い丈も許容範囲だ

<p><strong>ボトムスはスマートさの象徴!<br />
足の上でたるまずストンと落ちるくらい</strong><br />
時代とともに変化するパンツの裾幅。いまは裾幅が細くなっているので、足元で生地がもたつかない長さが理想とされる。</p>

ボトムスはスマートさの象徴!
足の上でたるまずストンと落ちるくらい

時代とともに変化するパンツの裾幅。いまは裾幅が細くなっているので、足元で生地がもたつかない長さが理想とされる。

<p><strong>スニーカー時も甲にギリギリかからないくらい</strong><br />
特にデニムやスニーカーを合わせる場合は、せっかくの軽やかさが損なわれてしまうので、“裾は短め”を意識してほしい。</p>

スニーカー時も甲にギリギリかからないくらい
特にデニムやスニーカーを合わせる場合は、せっかくの軽やかさが損なわれてしまうので、“裾は短め”を意識してほしい。

<p><strong>ちなみに…<br />
デニムで長すぎるとだらしなさが強調される</strong></p>

ちなみに…
デニムで長すぎるとだらしなさが強調される

<p>カジュアルJKにブロードシャツ</p>

カジュアルJKにブロードシャツ

<p>正統すぎるドレス靴</p>

正統すぎるドレス靴

<p>クラシックなシルクタイ</p>

クラシックなシルクタイ

  1. 2
LINE
SmartNews
無料会員登録
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop