>> この記事の先頭に戻る

「会社の成長とともにスーツも成長させたい」――アランさん

森岡弘森岡さん 若くて爽やか。ビジネスで定番のネイビーがよくお似合いですね。普段もスーツを?

桂 雄人アランさんアランさん 仕事では大抵スーツです。ビジネスシーンにおいて、スーツはやはり勝負服。お客様と接する時は必ずタイドアップして、誰から見ても信頼される見た目を意識しています。保険業界は、50代ぐらいの方が多いんです。そんな中、我が社は若いスタッフを揃えて、エネルギッシュなイメージを打ち出しています。そんなこともあり、自身も若々しい印象を得られるようにネイビーを選んできたのですが、実はそろそろ変えたいと思っています。20代も終わりを迎え、おかげさまで従業員も増えてきたことですし、立場上、貫禄のあるスーツ姿を見せたいと思い始めています。それに、ネイビーは万能である反面、インパクトに乏しい気がするんです。

森岡弘森岡さん その通りです。マイナス点がない分、大きなプラス点を得難いのが正直なところ。そこから一歩抜け出すには、グレーをおすすめします。貫禄や余裕を生み出す色であると同時に、Vゾーン次第で洒落っ気や正統感を演出することも可能。これから秋口に向けては、特に渋さも楽しめますから。

桂 雄人アランさんアランさん なるほど。貫禄や余裕は、お客様の安心感を生んでくれそうですね。



森岡弘森岡さん アランさんの場合は、見た目が快活な印象だから、渋めな色みでも好バランス。これから30代に突入し、会社の成長に合わせて発言に重みも出てくることでしょう。となれば、グレーに加えてスリーピースもおすすめです。

桂 雄人アランさんアランさん より堅実そうに見えますね。



森岡弘森岡さん イメージを変えるなら、思い切って方向性を変えた方が良いと思います。このチャコールグレーのスリーピースに加えて、さらにネクタイをモノトーンベースでまとめると、より貫禄が出てきます。折しも、トレンドに沿った組み合わせなので、これを今後ご自分で購入される際の基軸にすると良いですよ。ちなみに、黒以外ではブラウンなどもマッチします。

桂 雄人アランさんアランさん これまで爽やかさばかりを押し出してきたので、すごく新鮮です。ビジネスマンの自己ブランディングにおいて、やはりスーツは非常に重要であることを再認識しました。

森岡弘森岡さん スーツの色はもちろん、ネクタイの結び目ひとつとっても、人柄は表れてきます。年齢や立場が上がった際には、それに合わせてスーツを選ぶことは大切。逆に、スーツを変えることでライフステージが上がることも大いにあると思います。

桂 雄人アランさんアランさん おっしゃる通りです。仕事というものは、人から人へと繋がってゆくもの。他の人へ紹介したくなるような自分、つまり人に自慢したいと思ってもらえる自分である必要があります。スーツはその第一段階です。

森岡弘森岡さん 保険やお金といったセンシティブな内容が絡んでいる場合は、特に信頼関係が大切ですからね。落ち着きを印象づけるグレーは、有効だと思います。その重さが重心となって、周囲に人を集めてくれるはずです。

  1. 2
3
LINE
SmartNews
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop