>> この記事の先頭に戻る

奥嶋プロがドライバーのヘッドスピード40m/s前後で試打
奥嶋プロがドライバーのヘッドスピード47m/s前後で試打

鶴原弘高さん ライター・ツルハラ いい弾道ですね。スピン量は多すぎず、少なすぎず。球の上がり方も良い感じです。

奥嶋誠昭さん 奥嶋プロ ものすごい打感が柔らかい!!! チタンが使われているので硬い打感なのかなと思っていなのに、全然違った!

鶴原弘高さん ライター・ツルハラ そうなんですよ。この「01 アイアン」のいちばんの特徴が、独特な打感の柔らかさだと思います。昔の糸巻きボールを打っているようなフィーリングじゃないですか?(笑)

奥嶋誠昭さん 奥嶋プロ これにはビックリしますね。フェースの弾き感を好まない人には最適だと思います。それにボールも曲がりづらく感じましたよ。

鶴原弘高さん ライター・ツルハラ チタン内蔵によるヘッドの高慣性モーメント化が、ボールの直進性を高めているのかも知れないですよね。

奥嶋誠昭さん 奥嶋プロ 飛距離性能に関しては、ロフト角相当だと思います。7番で31度という設定なので、それなりに飛ばせるという感じ。変に飛びすぎないところが、むしろコースでも使いやすそうです。

鶴原弘高さん ライター・ツルハラ プロギアには「プロギア チューン」という工房向けのパーツブランドがあって、同ブランドにも同じようにチタンを内蔵した「プロギア チューン 01 HC」というアイアンがあります。そのアイアンも打感がめちゃ柔らかいんですよ。

奥嶋誠昭さん 奥嶋プロ ほう〜、それはこの「01 アイアン」とは何が違うんですか?



鶴原弘高さん ライター・ツルハラ 「プロギア チューン 01 HC」はヘッドサイズが小さくて、見た目からして完全に上級者向けのモデルなんです。適度な大きさと寛容性を備えているこの「01 アイアン」のほうが、多くのゴルファーに好まれそうですね。小ぶりのヘッドで打感が柔らかいモデルがいいなら、価格は少し高くなるけど「プロギア チューン 01 HC」を検討してもいいと思います。



試打した製品の情報はコチラ
プロギア

関連記事一覧:
「プロ&アマの最新ゴルフクラブ試打レビュー」

奥嶋誠昭さん 奥嶋誠昭/おくしま・ともあき
JGTOツアープレーヤー資格を持ち、プロコーチとしても活躍中。横浜市内にある「ノビテック・ゴルフスタジオ」でヘッドコーチを務め、3Dモーションキャプチャー計測器GEARSなどの最新機器を使ったレッスンをアマチュアにも展開中。2020年3月からYouTubeチャンネル『THE REAL SWING〜ゴルフスイングの作り方〜』をスタート!
THE REAL SWING〜ゴルフスイングの作り方〜

鶴原弘高さん 鶴原弘高/つるはら・ひろたか
雑誌やウェブで多くの記事を手掛けるゴルフ専業のライター。もちろん自身も大のゴルフ好きで、最新ギアも大好き。オフィシャルハンデは7。ゴルフギア情報を発信する会員制コミュニティサイト「3up CLUB」のキャスターも務めている。
https://3up.club



文/鶴原弘高

  1. 2
LINE
SmartNews
ビジネスの装いルール完全BOOK
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop