>> この記事の先頭に戻る

 “グループ”ソロキャンプ

仲間とつかず離れずグループソロキャンプ

次のキャンプでまずやりたいのは釣りだ。フライでもルアーでもいい。久しぶりに渓流で竿を振ってみたい。運よく良型のヤマメでも釣れたら……って、下手の横好き。30年振りの釣りでそんな容易くヤマメが釣れるワケがないので近くに管理釣り場があるキャンプ場でもいいな。で、ニジマスが釣れたら燻製作りだ。

燻製は自粛中にチャレンジしてハマった。今年のキャンプではスコットランド産のピート(泥炭)で燻してみたい。ピートはモルトウイスキーの香りを付ける重要な材料。

独特のスモーキーフレーバーで日本でも有名なラフロイグやボウモア、アードベッグなど、スコットランド・アイラ島で作られるモルトウイスキーは、このピートの煙で香り付けされたものだ。これ、かなり個性的な香りの煙なので密集した住宅街でやるとご近所迷惑かなと遠慮してたので、キャンプ先では是非とも試したい。

あ、次のグループソロキャンプに参加の仲間をご紹介するのを忘れてました。このページ担当のハシモトくんです(笑)。基本単独行動だからすぐ忘れちゃうんだよな。ゴメン。彼はボーナスで買ったランドナー(旅用自転車)でひとり旅をしたいと言ってたので声をかけました。

どうだい。焚き火を囲んで一緒にニジマスの燻製をつまみにラフロイグでもチビチビやらないか。ほーっ、パイプを持ってきたか。若いのに感心感心。ボクは葉巻を用意したのでよかったら一本。

澄んだ空気のもと、満点の星空を見上げながら上等な酒と手作りのつまみ。そして贅沢なキューバ産の葉巻。コロナ禍であることが嘘のような至福のひと時……。えっ、つぎの原稿の締め切りって? んもぉー、テントに戻るよ!

絵と文・綿谷 寛

’79年からアメトラファンに愛され続けてきたブルックス ブラザーズ青山本店。青山店の移転リニューアルのための一時クローズを記念して、8月5日~25日の期間にブルックス全店で8万円以上購入の方に抽選で4名、ボクからイラストをプレゼント。是非ご応募を。



[MEN’S EX2020年9月号の記事を再構成](スタッフクレジットは本誌に記載)
  1. 2
LINE
SmartNews
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop