>> この記事の先頭に戻る

ダウンスイングの早い段階で、クラブをプレーン上に乗せるのがシャローイング

昔は、ダウンスイングではクラブは垂直に立てて降ろせと教わったものです。僕自身もジュニアゴルファーの頃にそのように教わりました。ですが、最近になってクラブは横に倒すようにして降ろしたほうがスイングとして効率的だと言われるようになり、それが「シャローイング」という言葉で表現されています。

アドレス時、ゴルフクラブは地面から斜めの角度が付いた状態で構えられています。この角度に沿ったラインは「スイングプレーン」とも言われていて、この斜めの角度を保ちながらスイングしたほうが、インパクトの再現性や正確性が増すわけです。これはゴルファーであれば簡単にイメージできるはずです。

そもそも「シャローイング」というのは、ダウンスイングに入った初期の段階で、この斜めの角度にクラブを早く持ってこようという考え方。そのためにはクラブを横に倒す、寝かすような動きが必要になってくるわけです

「クラブを寝かした状態」と「クラブ立てた状態」を比較

写真・左/クラブを横に倒す「シャローイング」をしたダウンスイング。写真・右/クラブを立てるように降ろしたダウンスイング
写真・左/クラブを横に倒す「シャローイング」をしたダウンスイング。写真・右/クラブを立てるように降ろしたダウンスイング

シャローイングすると、構えたところにクラブを戻しやすい

ダウンスイング初期でクラブを横に倒す
ダウンスイング初期でクラブを横に倒すと、スイングプレーンにクラブを乗せやすくなる。それによってアドレス時の状態にクラブを戻しやすく、インパクトの再現性や正確性が向上する

  1. 2
3
LINE
SmartNews
ビジネスの装いルール完全BOOK
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop