>> この記事の先頭に戻る

「上品ノータイ」スタイル実例集

<p><span style=ジャン・トンさん [アーモリー香港店スタッフ兼バイヤー]
@thearmourynyc
「色まとめ×素材の差し引きの妙」
リングヂャケット製ウールシアサッカーはコットンのものに比べ、柔らかな風合い。紺でまとめたVゾーンは、コットンシャンブレーとシルクのチーフで素材の差し引きで遊び、奥行きを生んでいる。

">

ジャン・トンさん [アーモリー香港店スタッフ兼バイヤー]
@thearmourynyc
「色まとめ×素材の差し引きの妙」
リングヂャケット製ウールシアサッカーはコットンのものに比べ、柔らかな風合い。紺でまとめたVゾーンは、コットンシャンブレーとシルクのチーフで素材の差し引きで遊び、奥行きを生んでいる。

<p><span style=川辺圭一郎さん [トゥモローランド メンズプレス]
@keiichiro_kawabe
「Vで遊んだ緩やかなノータイスタイル」
グレンチェックの英国生地をダブルで仕立てたというスーツは、クラシックそのもの。そこに、バグッタの変形バンドカラーを合わせ、襟元にゆとりと立体感を足す。この大人テクニック、是非お試しあれ。

">

川辺圭一郎さん [トゥモローランド メンズプレス]
@keiichiro_kawabe
「Vで遊んだ緩やかなノータイスタイル」
グレンチェックの英国生地をダブルで仕立てたというスーツは、クラシックそのもの。そこに、バグッタの変形バンドカラーを合わせ、襟元にゆとりと立体感を足す。この大人テクニック、是非お試しあれ。

<p><span style=デビッド・レツラフさん [モデル]
@mr_david_style
「ホリデージェンツの代名詞」
眩しいほど白の利いたPTに合わせるのは、マッシモ ダウ グストのカプリシャツ。ジャケットにやや明るめなベージュ色を合わせることで他と調和し、リゾート過ぎない落ち着いた装いが完成した。

">

デビッド・レツラフさん [モデル]
@mr_david_style
「ホリデージェンツの代名詞」
眩しいほど白の利いたPTに合わせるのは、マッシモ ダウ グストのカプリシャツ。ジャケットにやや明るめなベージュ色を合わせることで他と調和し、リゾート過ぎない落ち着いた装いが完成した。

<p><span style=エリコ・フォルミコラさん [エリコ フォミコラ創業者]
@erricoformicola
「オープンカラーをラペルにON!」
シャツメーカーの創業者だけあって、ノータイでもサマになるイタリアンカラーの着こなしがクール! ブラウン千鳥ジャケットのラペル上に、襟乗せするだけでこなれた印象に見せることができる。

">

エリコ・フォルミコラさん [エリコ フォミコラ創業者]
@erricoformicola
「オープンカラーをラペルにON!」
シャツメーカーの創業者だけあって、ノータイでもサマになるイタリアンカラーの着こなしがクール! ブラウン千鳥ジャケットのラペル上に、襟乗せするだけでこなれた印象に見せることができる。

<p><span style=奥州谷知宏さん [リデアカンパニー 営業]
@tomohiro_ohsyuya
「仕立てで着こなす定番配色」
肩に吸い付くようにフィットしたブレザーや台襟の高いクラシックなシャツなら、ナンパになりがちなトリコロールも無理なく爽やか。更に、インに着た赤のシャツが、Vゾーン周りにメリハリを作っている。

">

奥州谷知宏さん [リデアカンパニー 営業]
@tomohiro_ohsyuya
「仕立てで着こなす定番配色」
肩に吸い付くようにフィットしたブレザーや台襟の高いクラシックなシャツなら、ナンパになりがちなトリコロールも無理なく爽やか。更に、インに着た赤のシャツが、Vゾーン周りにメリハリを作っている。

<p><span style=アレン・シーさん [アーモリー香港 共同設立者]
@thearmouryhk
「紺ジャケ×濃色デニムでシックに」
白のドレスシャツのボタンを外し、中にはネクタイ代わりに紺スカーフをチラ見せ。ここに6Bの紺ジャケ、濃色デニムを合わせたことで、一見紺スーツの如くシックなノータイスタイルが完成した。

">

アレン・シーさん [アーモリー香港 共同設立者]
@thearmouryhk
「紺ジャケ×濃色デニムでシックに」
白のドレスシャツのボタンを外し、中にはネクタイ代わりに紺スカーフをチラ見せ。ここに6Bの紺ジャケ、濃色デニムを合わせたことで、一見紺スーツの如くシックなノータイスタイルが完成した。

<p><span style=ルカ・ルビナッチさん [ルビナッチ3代目]
@luca_rubinacci
「色の魔術師による個性派ノータイ」
色を多彩に組み合わせたクラシックな着こなしは彼の十八番。シャンブレーシャツに紺ブレ、と比較的シンプルな合わせにピンク系のパンツを合わせることで、ぐっと華やかな存在感を出した。

">

ルカ・ルビナッチさん [ルビナッチ3代目]
@luca_rubinacci
「色の魔術師による個性派ノータイ」
色を多彩に組み合わせたクラシックな着こなしは彼の十八番。シャンブレーシャツに紺ブレ、と比較的シンプルな合わせにピンク系のパンツを合わせることで、ぐっと華やかな存在感を出した。

<p><span style=ドメニコ・ジャンフラーテさん [PTトリノ ディレクター]
@domenicogianfrate
「潔くクールなクラシックモノトーン!」
特集冒頭でも紹介した「クラシックモノトーン」のイタリア版! ダブルのジャケットに異素材の黒パンを合わせ、そして白シャツをあえてバンドカラーにしたことで洒脱さが増している。

">

ドメニコ・ジャンフラーテさん [PTトリノ ディレクター]
@domenicogianfrate
「潔くクールなクラシックモノトーン!」
特集冒頭でも紹介した「クラシックモノトーン」のイタリア版! ダブルのジャケットに異素材の黒パンを合わせ、そして白シャツをあえてバンドカラーにしたことで洒脱さが増している。

<p><span style=間瀬裕介さん [ビームス プレス]
@yusuke_mase_
「貫禄ダブルにボーダーで甘さをプラス」
ふわりと上質な仕立てのダブルスーツは貫禄を感じさせる。そこに、夏らしいボーダーインナーを差すことで、クールビズにふさわしい抜け感を演出。襟元は詰まったクルーネックならよりきっちり感も。

">

間瀬裕介さん [ビームス プレス]
@yusuke_mase_
「貫禄ダブルにボーダーで甘さをプラス」
ふわりと上質な仕立てのダブルスーツは貫禄を感じさせる。そこに、夏らしいボーダーインナーを差すことで、クールビズにふさわしい抜け感を演出。襟元は詰まったクルーネックならよりきっちり感も。

<p><span style=アレッシオ・ラルディーニさん [ラルディーニ プロダクトマネージャー]
@alessiolardini
「個性あるジャケットを主役に!」
柄行き、素材、ともに立体感のあるベージュジャケットを羽織り、滑らかな生地のドレッシーなネイビーTシャツをインナーに。色に加え素材でもコントラストがつき、ジャケットの個性を引き立てている。

">

アレッシオ・ラルディーニさん [ラルディーニ プロダクトマネージャー]
@alessiolardini
「個性あるジャケットを主役に!」
柄行き、素材、ともに立体感のあるベージュジャケットを羽織り、滑らかな生地のドレッシーなネイビーTシャツをインナーに。色に加え素材でもコントラストがつき、ジャケットの個性を引き立てている。

<p><span style=稲葉智大さん [伊勢丹新宿店メンズ館バイヤー]
@tomohiro_inaba_
「涼やかなサマーブラウンの正解」
ネイビー、グレーに続く第三色として昨今注目されるブラウンを基調とした着こなし。インナーも同系色のベージュにしながら、淡いトーンのものを選ぶことで、夏らしい軽やかなブラウンの装いが完成。

">

稲葉智大さん [伊勢丹新宿店メンズ館バイヤー]
@tomohiro_inaba_
「涼やかなサマーブラウンの正解」
ネイビー、グレーに続く第三色として昨今注目されるブラウンを基調とした着こなし。インナーも同系色のベージュにしながら、淡いトーンのものを選ぶことで、夏らしい軽やかなブラウンの装いが完成。

<p><span style=高田朋佳さん [コロニークロージング クリエイティブディレクター]
@tomoyoshi_takada
「サマーブレザースタイルを一捻り」
ホワイトパンツによる夏の上品な王道ブレザースタイル。だが、ダブルブレストにすることで装いにクラス感を持たせ、からし色かつ立体感ある素材のインナーをタックインすれば、脱王道の洒脱な装いに。

">

高田朋佳さん [コロニークロージング クリエイティブディレクター]
@tomoyoshi_takada
「サマーブレザースタイルを一捻り」
ホワイトパンツによる夏の上品な王道ブレザースタイル。だが、ダブルブレストにすることで装いにクラス感を持たせ、からし色かつ立体感ある素材のインナーをタックインすれば、脱王道の洒脱な装いに。

<p><span style=葭(あし) 卓磨さん [ring大阪店 店長]
@ring_tokyo_osaka
「“華”と“爽”のマリアージュ」
華やかなオフ白のリネンジャケットは、ともすれば浮いてしまいがちなアイテムの一つ。しかし、落ち着いた色のニットポロとロータのパンツでシックに徹することで、爽やかにまとめている。

">

葭(あし) 卓磨さん [ring大阪店 店長]
@ring_tokyo_osaka
「“華”と“爽”のマリアージュ」
華やかなオフ白のリネンジャケットは、ともすれば浮いてしまいがちなアイテムの一つ。しかし、落ち着いた色のニットポロとロータのパンツでシックに徹することで、爽やかにまとめている。

<p><span style=中川貴弘さん [ドレイクス 銀座シックス店 店長]
@naka1127
「ネイビーJKに砂色で涼をプラス」
明るいネイビーのピークトラペルの華やかさを外羽根靴でシックに締めた中川さん。青を拾うソックスもさることながら、涼を演出するリネンシルクの砂色ポロをインナーに差したのがお見事!

">

中川貴弘さん [ドレイクス 銀座シックス店 店長]
@naka1127
「ネイビーJKに砂色で涼をプラス」
明るいネイビーのピークトラペルの華やかさを外羽根靴でシックに締めた中川さん。青を拾うソックスもさることながら、涼を演出するリネンシルクの砂色ポロをインナーに差したのがお見事!

<p><span style=野口哲平さん [M.E.読者]
@tt5351
「大人なマリンスタイルの真骨頂」
金ボタンのくたっとしたニットブレザーに、トーンを合わせたパイル地のボーダーTが印象的な野口さん。五十嵐トラウザーズのジャージードレスラを合わせ、寛ぎと品をうまく両立させている。

">

野口哲平さん [M.E.読者]
@tt5351
「大人なマリンスタイルの真骨頂」
金ボタンのくたっとしたニットブレザーに、トーンを合わせたパイル地のボーダーTが印象的な野口さん。五十嵐トラウザーズのジャージードレスラを合わせ、寛ぎと品をうまく両立させている。

<p><span style=アレッサンドロ・アガッツイさん [フリーランスPR]
@alessandro.agazzi
「マロン色で醸しだす知性と余裕」
クラシックなスーツに同系色のニットポロ。この際、もっとも重要なのが、サイズ感だ。氏のような大きすぎず、張り付き過ぎないリラックス感ある“ゆとり”が、そのまま涼しげなエレガンスを演出する。

">

アレッサンドロ・アガッツイさん [フリーランスPR]
@alessandro.agazzi
「マロン色で醸しだす知性と余裕」
クラシックなスーツに同系色のニットポロ。この際、もっとも重要なのが、サイズ感だ。氏のような大きすぎず、張り付き過ぎないリラックス感ある“ゆとり”が、そのまま涼しげなエレガンスを演出する。

[MEN’S EX 2020年6・7月号の記事を再構成](スタッフクレジットは本誌に記載)

<p><span style=ジャン・トンさん [アーモリー香港店スタッフ兼バイヤー]
@thearmourynyc
「色まとめ×素材の差し引きの妙」
リングヂャケット製ウールシアサッカーはコットンのものに比べ、柔らかな風合い。紺でまとめたVゾーンは、コットンシャンブレーとシルクのチーフで素材の差し引きで遊び、奥行きを生んでいる。

">

ジャン・トンさん [アーモリー香港店スタッフ兼バイヤー]
@thearmourynyc
「色まとめ×素材の差し引きの妙」
リングヂャケット製ウールシアサッカーはコットンのものに比べ、柔らかな風合い。紺でまとめたVゾーンは、コットンシャンブレーとシルクのチーフで素材の差し引きで遊び、奥行きを生んでいる。

<p><span style=川辺圭一郎さん [トゥモローランド メンズプレス]
@keiichiro_kawabe
「Vで遊んだ緩やかなノータイスタイル」
グレンチェックの英国生地をダブルで仕立てたというスーツは、クラシックそのもの。そこに、バグッタの変形バンドカラーを合わせ、襟元にゆとりと立体感を足す。この大人テクニック、是非お試しあれ。

">

川辺圭一郎さん [トゥモローランド メンズプレス]
@keiichiro_kawabe
「Vで遊んだ緩やかなノータイスタイル」
グレンチェックの英国生地をダブルで仕立てたというスーツは、クラシックそのもの。そこに、バグッタの変形バンドカラーを合わせ、襟元にゆとりと立体感を足す。この大人テクニック、是非お試しあれ。

<p><span style=デビッド・レツラフさん [モデル]
@mr_david_style
「ホリデージェンツの代名詞」
眩しいほど白の利いたPTに合わせるのは、マッシモ ダウ グストのカプリシャツ。ジャケットにやや明るめなベージュ色を合わせることで他と調和し、リゾート過ぎない落ち着いた装いが完成した。

">

デビッド・レツラフさん [モデル]
@mr_david_style
「ホリデージェンツの代名詞」
眩しいほど白の利いたPTに合わせるのは、マッシモ ダウ グストのカプリシャツ。ジャケットにやや明るめなベージュ色を合わせることで他と調和し、リゾート過ぎない落ち着いた装いが完成した。

<p><span style=エリコ・フォルミコラさん [エリコ フォミコラ創業者]
@erricoformicola
「オープンカラーをラペルにON!」
シャツメーカーの創業者だけあって、ノータイでもサマになるイタリアンカラーの着こなしがクール! ブラウン千鳥ジャケットのラペル上に、襟乗せするだけでこなれた印象に見せることができる。

">

エリコ・フォルミコラさん [エリコ フォミコラ創業者]
@erricoformicola
「オープンカラーをラペルにON!」
シャツメーカーの創業者だけあって、ノータイでもサマになるイタリアンカラーの着こなしがクール! ブラウン千鳥ジャケットのラペル上に、襟乗せするだけでこなれた印象に見せることができる。

<p><span style=奥州谷知宏さん [リデアカンパニー 営業]
@tomohiro_ohsyuya
「仕立てで着こなす定番配色」
肩に吸い付くようにフィットしたブレザーや台襟の高いクラシックなシャツなら、ナンパになりがちなトリコロールも無理なく爽やか。更に、インに着た赤のシャツが、Vゾーン周りにメリハリを作っている。

">

奥州谷知宏さん [リデアカンパニー 営業]
@tomohiro_ohsyuya
「仕立てで着こなす定番配色」
肩に吸い付くようにフィットしたブレザーや台襟の高いクラシックなシャツなら、ナンパになりがちなトリコロールも無理なく爽やか。更に、インに着た赤のシャツが、Vゾーン周りにメリハリを作っている。

<p><span style=アレン・シーさん [アーモリー香港 共同設立者]
@thearmouryhk
「紺ジャケ×濃色デニムでシックに」
白のドレスシャツのボタンを外し、中にはネクタイ代わりに紺スカーフをチラ見せ。ここに6Bの紺ジャケ、濃色デニムを合わせたことで、一見紺スーツの如くシックなノータイスタイルが完成した。

">

アレン・シーさん [アーモリー香港 共同設立者]
@thearmouryhk
「紺ジャケ×濃色デニムでシックに」
白のドレスシャツのボタンを外し、中にはネクタイ代わりに紺スカーフをチラ見せ。ここに6Bの紺ジャケ、濃色デニムを合わせたことで、一見紺スーツの如くシックなノータイスタイルが完成した。

<p><span style=ルカ・ルビナッチさん [ルビナッチ3代目]
@luca_rubinacci
「色の魔術師による個性派ノータイ」
色を多彩に組み合わせたクラシックな着こなしは彼の十八番。シャンブレーシャツに紺ブレ、と比較的シンプルな合わせにピンク系のパンツを合わせることで、ぐっと華やかな存在感を出した。

">

ルカ・ルビナッチさん [ルビナッチ3代目]
@luca_rubinacci
「色の魔術師による個性派ノータイ」
色を多彩に組み合わせたクラシックな着こなしは彼の十八番。シャンブレーシャツに紺ブレ、と比較的シンプルな合わせにピンク系のパンツを合わせることで、ぐっと華やかな存在感を出した。

<p><span style=ドメニコ・ジャンフラーテさん [PTトリノ ディレクター]
@domenicogianfrate
「潔くクールなクラシックモノトーン!」
特集冒頭でも紹介した「クラシックモノトーン」のイタリア版! ダブルのジャケットに異素材の黒パンを合わせ、そして白シャツをあえてバンドカラーにしたことで洒脱さが増している。

">

ドメニコ・ジャンフラーテさん [PTトリノ ディレクター]
@domenicogianfrate
「潔くクールなクラシックモノトーン!」
特集冒頭でも紹介した「クラシックモノトーン」のイタリア版! ダブルのジャケットに異素材の黒パンを合わせ、そして白シャツをあえてバンドカラーにしたことで洒脱さが増している。

<p><span style=間瀬裕介さん [ビームス プレス]
@yusuke_mase_
「貫禄ダブルにボーダーで甘さをプラス」
ふわりと上質な仕立てのダブルスーツは貫禄を感じさせる。そこに、夏らしいボーダーインナーを差すことで、クールビズにふさわしい抜け感を演出。襟元は詰まったクルーネックならよりきっちり感も。

">

間瀬裕介さん [ビームス プレス]
@yusuke_mase_
「貫禄ダブルにボーダーで甘さをプラス」
ふわりと上質な仕立てのダブルスーツは貫禄を感じさせる。そこに、夏らしいボーダーインナーを差すことで、クールビズにふさわしい抜け感を演出。襟元は詰まったクルーネックならよりきっちり感も。

<p><span style=アレッシオ・ラルディーニさん [ラルディーニ プロダクトマネージャー]
@alessiolardini
「個性あるジャケットを主役に!」
柄行き、素材、ともに立体感のあるベージュジャケットを羽織り、滑らかな生地のドレッシーなネイビーTシャツをインナーに。色に加え素材でもコントラストがつき、ジャケットの個性を引き立てている。

">

アレッシオ・ラルディーニさん [ラルディーニ プロダクトマネージャー]
@alessiolardini
「個性あるジャケットを主役に!」
柄行き、素材、ともに立体感のあるベージュジャケットを羽織り、滑らかな生地のドレッシーなネイビーTシャツをインナーに。色に加え素材でもコントラストがつき、ジャケットの個性を引き立てている。

<p><span style=稲葉智大さん [伊勢丹新宿店メンズ館バイヤー]
@tomohiro_inaba_
「涼やかなサマーブラウンの正解」
ネイビー、グレーに続く第三色として昨今注目されるブラウンを基調とした着こなし。インナーも同系色のベージュにしながら、淡いトーンのものを選ぶことで、夏らしい軽やかなブラウンの装いが完成。

">

稲葉智大さん [伊勢丹新宿店メンズ館バイヤー]
@tomohiro_inaba_
「涼やかなサマーブラウンの正解」
ネイビー、グレーに続く第三色として昨今注目されるブラウンを基調とした着こなし。インナーも同系色のベージュにしながら、淡いトーンのものを選ぶことで、夏らしい軽やかなブラウンの装いが完成。

<p><span style=高田朋佳さん [コロニークロージング クリエイティブディレクター]
@tomoyoshi_takada
「サマーブレザースタイルを一捻り」
ホワイトパンツによる夏の上品な王道ブレザースタイル。だが、ダブルブレストにすることで装いにクラス感を持たせ、からし色かつ立体感ある素材のインナーをタックインすれば、脱王道の洒脱な装いに。

">

高田朋佳さん [コロニークロージング クリエイティブディレクター]
@tomoyoshi_takada
「サマーブレザースタイルを一捻り」
ホワイトパンツによる夏の上品な王道ブレザースタイル。だが、ダブルブレストにすることで装いにクラス感を持たせ、からし色かつ立体感ある素材のインナーをタックインすれば、脱王道の洒脱な装いに。

<p><span style=葭(あし) 卓磨さん [ring大阪店 店長]
@ring_tokyo_osaka
「“華”と“爽”のマリアージュ」
華やかなオフ白のリネンジャケットは、ともすれば浮いてしまいがちなアイテムの一つ。しかし、落ち着いた色のニットポロとロータのパンツでシックに徹することで、爽やかにまとめている。

">

葭(あし) 卓磨さん [ring大阪店 店長]
@ring_tokyo_osaka
「“華”と“爽”のマリアージュ」
華やかなオフ白のリネンジャケットは、ともすれば浮いてしまいがちなアイテムの一つ。しかし、落ち着いた色のニットポロとロータのパンツでシックに徹することで、爽やかにまとめている。

<p><span style=中川貴弘さん [ドレイクス 銀座シックス店 店長]
@naka1127
「ネイビーJKに砂色で涼をプラス」
明るいネイビーのピークトラペルの華やかさを外羽根靴でシックに締めた中川さん。青を拾うソックスもさることながら、涼を演出するリネンシルクの砂色ポロをインナーに差したのがお見事!

">

中川貴弘さん [ドレイクス 銀座シックス店 店長]
@naka1127
「ネイビーJKに砂色で涼をプラス」
明るいネイビーのピークトラペルの華やかさを外羽根靴でシックに締めた中川さん。青を拾うソックスもさることながら、涼を演出するリネンシルクの砂色ポロをインナーに差したのがお見事!

<p><span style=野口哲平さん [M.E.読者]
@tt5351
「大人なマリンスタイルの真骨頂」
金ボタンのくたっとしたニットブレザーに、トーンを合わせたパイル地のボーダーTが印象的な野口さん。五十嵐トラウザーズのジャージードレスラを合わせ、寛ぎと品をうまく両立させている。

">

野口哲平さん [M.E.読者]
@tt5351
「大人なマリンスタイルの真骨頂」
金ボタンのくたっとしたニットブレザーに、トーンを合わせたパイル地のボーダーTが印象的な野口さん。五十嵐トラウザーズのジャージードレスラを合わせ、寛ぎと品をうまく両立させている。

<p><span style=アレッサンドロ・アガッツイさん [フリーランスPR]
@alessandro.agazzi
「マロン色で醸しだす知性と余裕」
クラシックなスーツに同系色のニットポロ。この際、もっとも重要なのが、サイズ感だ。氏のような大きすぎず、張り付き過ぎないリラックス感ある“ゆとり”が、そのまま涼しげなエレガンスを演出する。

">

アレッサンドロ・アガッツイさん [フリーランスPR]
@alessandro.agazzi
「マロン色で醸しだす知性と余裕」
クラシックなスーツに同系色のニットポロ。この際、もっとも重要なのが、サイズ感だ。氏のような大きすぎず、張り付き過ぎないリラックス感ある“ゆとり”が、そのまま涼しげなエレガンスを演出する。

  1. 2
LINE
SmartNews
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop