>> この記事の先頭に戻る

オーベルジュ デザイナー 小林氏に聞く
私を突き動かす映画『セザンヌと過ごした時間』

    小林氏 オーベルジュ デザイナー
    小林 学さん


    2018年に、ヴィンテージウェアを日本の技術を駆使して今に落とし込むオーベルジュをスタート。資料代わりに映画を見ることも多い。

“セザンヌが愛した道具としてのリネンシャツを再現”

セザンヌと過ごした時間
写真:Visual Press Agency/アフロ

─Inspiring Movie─
『セザンヌと過ごした時間』(Released in 2016)

貴族的な文化が色濃く残る、1800年代後半のフランスの空気感が再現されていて、学びが多い映画。とくに目を引いたのは劇中のセザンヌが着ているリネンシャツ。

ギャザーの量が多くてエレガントな反面、高番手の糸を密に打ち込んだ生地が、リネンシャツの道具としての側面も表現している。それをオマージュし、このシャツには当時の時代感まで反映しているつもりです。

オーベルジュのセザンヌ

オーベルジュのセザンヌ


\ ギャザーもふんだんに /

ギャザー

滋賀県の機屋で、ベルギー産の80番単糸を高密度に織り上げたリネン地は、上品かつ堅牢。要所のギャザーの分量も多くとり、古きよきフランスを表現。3万5000円(ホワイト代官山)

  1. 2
3
LINE
SmartNews
無料会員登録
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop