>> この記事の先頭に戻る

少しレベルが上がってセミウィンザーノットをご紹介。広く開いた襟型にマッチするこの結び方は、Vゾーンにボリュームを与え全体的にバランスのとれた印象を演出することができる。是非、この機会に習得しよう。

手順を順番に見てみよう!(写真16枚)

教えてくれる人 / 齋藤 力さん(COL)

神戸の名門ビスポークテーラー「COL」(コルウ)のビスポーク職人兼セールス担当。自身のインスタグラム @riki.saito_0727 では、いろいろなネクタイの結び方動画を公開するうちに世界各国からフォロワーが急増、「ネクタイ結びの達人」としても有名になり、今やフォロワー数は5万人を超える。

コルウのホームページはコチラ 

関連記事:
【ネクタイの結び方動画】Vol.1「プレーンノット」を作ってみよう
【ネクタイの結び方動画】Vol.2「ダブルノット」を作ってみよう

<p>1.結び始めの小剣位置は第4・第5ボタン辺りの少し高めの位置からスタートする。</p>

1.結び始めの小剣位置は第4・第5ボタン辺りの少し高めの位置からスタートする。

<p>2.大剣が上になるようにクロスさせる。</p>

2.大剣が上になるようにクロスさせる。

<p>3.大剣を後ろから前に通す。</p>

3.大剣を後ろから前に通す。

<p>4.大剣を喉元のループに入れる。</p>

4.大剣を喉元のループに入れる。

<p>5.大剣を下に引っ張り、ここでしっかりと形を作ることがポイント!</p>

5.大剣を下に引っ張り、ここでしっかりと形を作ることがポイント!

<p>6.大剣を左側から、</p>

6.大剣を左側から、

<p>7.小剣の上を通して回して、</p>

7.小剣の上を通して回して、

<p>8.ループを作る。</p>

8.ループを作る。

<p>9.大剣を右下から入れて、ループの中に通す。</p>

9.大剣を右下から入れて、ループの中に通す。

<p>10.大剣がねじれないように、下に少し引っ張る。</p>

10.大剣がねじれないように、下に少し引っ張る。

<p>11.小剣を谷側に折り、</p>

11.小剣を谷側に折り、

<p>12.大剣を更に下に引っ張る。</p>

12.大剣を更に下に引っ張る。

<p>13.「ノット」と呼ばれる結び目を作る。</p>

13.「ノット」と呼ばれる結び目を作る。

<p>14.ここでノットが逆三角形になるように形を整えよう。同時に、「ディンプル」と呼ばれるくぼみを作ることを意識すると綺麗な仕上がりになる。</p>

14.ここでノットが逆三角形になるように形を整えよう。同時に、「ディンプル」と呼ばれるくぼみを作ることを意識すると綺麗な仕上がりになる。

<p>15.最後にノットを喉元までしっかり持ち上げる。</p>

15.最後にノットを喉元までしっかり持ち上げる。

<p>16 ノットを綺麗な逆三角形になるよう整えたら「セミウィンザーノット」の完成!</p>

16 ノットを綺麗な逆三角形になるよう整えたら「セミウィンザーノット」の完成!

  1. 2
LINE
SmartNews
ビジネスの装いルール完全BOOK
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop