>> この記事の先頭に戻る

奥嶋プロが普段どおりのヘッドスピードで試打
ドライバーのヘッドスピードが40m/s前後を想定して試打

鶴原弘高さん ライター・ツルハラ ヘッドスピードを上げて振ったときに、少し引っ掛けていますかね?

奥嶋誠昭さん 奥嶋プロ 標準装着されているシャフト「TENSEI BLUE TM50」は、SIMのほうに装着されている「「TENSEI SILVER TM50」よりも軟らかめ。インパクトのタイミングを合わせようとしたら、フェースがカブった状態でヒットしてしまいました。ドライバーのヘッドスピードが45m/sを超える人が打つと、標準シャフトは少し頼りなさを感じると思います。

鶴原弘高さん ライター・ツルハラ 弾道計測の数値を見ると、兄弟モデルの「SIM フェアウェイウッド」とあまり差がありません。同じような弾道と飛距離になっています。

奥嶋誠昭さん 奥嶋プロ ヘッドスピードを落として5番ウッドを振ったときには、とくにそうですよね。ただし、インドアではなく屋外の広い場所で打ってみると、「SIM フェアウェイウッド」よりも「SIM MAX フェアウェイウッド」のほうが出球が高くなります。球のつかまり感も「SIM MAX フェアウェイウッド」のほうがいいです。

鶴原弘高さん ライター・ツルハラ 分かりやすく言うと、強弾道を打ちやすいのが「SIM フェアウェイウッド」、高弾道を打ちやすいのが「SIM MAX フェアウェイウッド」です。僕は数年前に、3番ウッドは打ち出しから球が上がりやすい「M2 フェアウェイウッド」、5番ウッドには強く前へと飛んでくれる「M1 フェアウェイウッド」を使っていたことがありますが、SIMシリーズにおいても同じことが言えそうです。

奥嶋誠昭さん 奥嶋プロ この「SIM MAX フェアウェイウッド」は、「M2 フェアウェイウッド」によく似ているんですよね。実は僕、フェアウェイウッドが苦手だった時期があるんですが、それを克服できたのが「M2 フェアウェイウッド」だったんです。「SIM MAX フェアウェイウッド」は、まさにその再来モデルという印象を持ちました。なので、僕はこの「SIM MAX フェアウェイウッド」が好きですね〜。

鶴原弘高さん ライター・ツルハラ 平均的なアマチュアゴルファーのヘッドスピードなら、おそらく「SIM MAX フェアウェイウッド」のほうが打ちやすく感じるでしょうね。こちらのほうがオートマチックにまっすぐに飛ばしやすい感覚も得られます。

奥嶋誠昭さん 奥嶋プロ チタンフェースではないけれど、「SIM MAX フェアウェイウッド」のボール初速性能は十分に高いです。間違いなく飛ばせますよ。



試打した製品の情報はコチラ テーラーメイド ゴルフ

関連記事一覧:
「プロ&アマの最新ゴルフクラブ試打レビュー」
「ゴルフのお悩み解決レッスン」

奥嶋誠昭さん 奥嶋誠昭/おくしま・ともあき
JGTOツアープレーヤー資格を持ち、プロコーチとしても活躍中。横浜市内にある「ノビテック・ゴルフスタジオ」でヘッドコーチを務め、3Dモーションキャプチャー計測器GEARSなどの最新機器を使ったレッスンをアマチュアにも展開中。2020年3月からYouTubeチャンネル『THE REAL SWING〜ゴルフスイングの作り方〜』をスタート!
THE REAL SWING〜ゴルフスイングの作り方〜

鶴原弘高さん 鶴原弘高/つるはら・ひろたか
雑誌やウェブで多くの記事を手掛けるゴルフ専業のライター。もちろん自身も大のゴルフ好きで、最新ギアも大好き。オフィシャルハンデは7。ゴルフギア情報を発信する会員制コミュニティサイト「3up CLUB」のキャスターも務めている。
https://3up.club



文/鶴原弘高

  1. 2
LINE
SmartNews
ビジネスの装いルール完全BOOK
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop