洒落者6人に聞いた!「スーツ&ジャケット」こだわり着こなしテクニック

array(12) { [0]=> array(2) { ["entry_gallery_image"]=> array(24) { ["ID"]=> int(1144571) ["id"]=> int(1144571) ["title"]=> string(26) "c_fashion_200402_theory_01" ["filename"]=> string(30) "c_fashion_200402_theory_01.jpg" ["filesize"]=> int(88172) ["url"]=> string(83) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/03/c_fashion_200402_theory_01.jpg" ["link"]=> string(66) "https://www.mens-ex.jp/archives/1144563/c_fashion_200402_theory_01" ["alt"]=> string(0) "" ["author"]=> string(2) "25" ["description"]=> string(0) "" ["caption"]=> string(0) "" ["name"]=> string(26) "c_fashion_200402_theory_01" ["status"]=> string(7) "inherit" ["uploaded_to"]=> int(1144563) ["date"]=> string(19) "2020-03-19 04:59:03" ["modified"]=> string(19) "2020-03-19 04:59:03" ["menu_order"]=> int(0) ["mime_type"]=> string(10) "image/jpeg" ["type"]=> string(5) "image" ["subtype"]=> string(4) "jpeg" ["icon"]=> string(62) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-includes/images/media/default.png" ["width"]=> int(750) ["height"]=> int(852) ["sizes"]=> array(12) { ["thumbnail"]=> string(91) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/03/c_fashion_200402_theory_01-150x150.jpg" ["thumbnail-width"]=> int(150) ["thumbnail-height"]=> int(150) ["medium"]=> string(91) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/03/c_fashion_200402_theory_01-264x300.jpg" ["medium-width"]=> int(264) ["medium-height"]=> int(300) ["medium_large"]=> string(83) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/03/c_fashion_200402_theory_01.jpg" ["medium_large-width"]=> int(750) ["medium_large-height"]=> int(852) ["large"]=> string(83) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/03/c_fashion_200402_theory_01.jpg" ["large-width"]=> int(750) ["large-height"]=> int(852) } } ["entry_gallery_description"]=> string(536) "

「スーツには必ずダイバーズウォッチ」
エストネーション銀座店 シニアセールス スペシャリスト 安孫子陽一さん

オーダーで仕立てたサマーウールのダブルにブラウンを選ぶあたりが着慣れた上級者。安孫子さん曰く、「スーツは必ずタイドアップしますし、真夏でも通気性の良いリネンシャツ、ニットタイを選ぶくらい」。(次につづく)

" } [1]=> array(2) { ["entry_gallery_image"]=> array(24) { ["ID"]=> int(1144572) ["id"]=> int(1144572) ["title"]=> string(26) "c_fashion_200402_theory_02" ["filename"]=> string(30) "c_fashion_200402_theory_02.jpg" ["filesize"]=> int(140350) ["url"]=> string(83) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/03/c_fashion_200402_theory_02.jpg" ["link"]=> string(66) "https://www.mens-ex.jp/archives/1144563/c_fashion_200402_theory_02" ["alt"]=> string(0) "" ["author"]=> string(2) "25" ["description"]=> string(0) "" ["caption"]=> string(0) "" ["name"]=> string(26) "c_fashion_200402_theory_02" ["status"]=> string(7) "inherit" ["uploaded_to"]=> int(1144563) ["date"]=> string(19) "2020-03-19 04:59:18" ["modified"]=> string(19) "2020-03-19 04:59:18" ["menu_order"]=> int(0) ["mime_type"]=> string(10) "image/jpeg" ["type"]=> string(5) "image" ["subtype"]=> string(4) "jpeg" ["icon"]=> string(62) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-includes/images/media/default.png" ["width"]=> int(750) ["height"]=> int(452) ["sizes"]=> array(12) { ["thumbnail"]=> string(91) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/03/c_fashion_200402_theory_02-150x150.jpg" ["thumbnail-width"]=> int(150) ["thumbnail-height"]=> int(150) ["medium"]=> string(91) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/03/c_fashion_200402_theory_02-300x181.jpg" ["medium-width"]=> int(300) ["medium-height"]=> int(181) ["medium_large"]=> string(83) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/03/c_fashion_200402_theory_02.jpg" ["medium_large-width"]=> int(750) ["medium_large-height"]=> int(452) ["large"]=> string(83) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/03/c_fashion_200402_theory_02.jpg" ["large-width"]=> int(750) ["large-height"]=> int(452) } } ["entry_gallery_description"]=> string(644) "

スーツは手元でヌケ感を演出する
筋金入りのドレス派には、意外なこだわりがあった。「TPO的に許される場合、春夏はスーツに必ずダイバーズを。『太陽にほえろ!』の劇中で見た、石原裕次郎さんのダブルスーツの手元にロレックス姿。あれが格好よくて、いつかは私もと。これはロレックスのシードゥエラー ディープシーです。この圧倒的な存在感が堪りません。襟元は締めて手元で外す、が私のルール」(安孫子さん)

" } [2]=> array(2) { ["entry_gallery_image"]=> array(24) { ["ID"]=> int(1144573) ["id"]=> int(1144573) ["title"]=> string(26) "c_fashion_200402_theory_03" ["filename"]=> string(30) "c_fashion_200402_theory_03.jpg" ["filesize"]=> int(88815) ["url"]=> string(83) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/03/c_fashion_200402_theory_03.jpg" ["link"]=> string(66) "https://www.mens-ex.jp/archives/1144563/c_fashion_200402_theory_03" ["alt"]=> string(0) "" ["author"]=> string(2) "25" ["description"]=> string(0) "" ["caption"]=> string(0) "" ["name"]=> string(26) "c_fashion_200402_theory_03" ["status"]=> string(7) "inherit" ["uploaded_to"]=> int(1144563) ["date"]=> string(19) "2020-03-19 04:59:55" ["modified"]=> string(19) "2020-03-19 04:59:55" ["menu_order"]=> int(0) ["mime_type"]=> string(10) "image/jpeg" ["type"]=> string(5) "image" ["subtype"]=> string(4) "jpeg" ["icon"]=> string(62) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-includes/images/media/default.png" ["width"]=> int(750) ["height"]=> int(852) ["sizes"]=> array(12) { ["thumbnail"]=> string(91) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/03/c_fashion_200402_theory_03-150x150.jpg" ["thumbnail-width"]=> int(150) ["thumbnail-height"]=> int(150) ["medium"]=> string(91) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/03/c_fashion_200402_theory_03-264x300.jpg" ["medium-width"]=> int(264) ["medium-height"]=> int(300) ["medium_large"]=> string(83) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/03/c_fashion_200402_theory_03.jpg" ["medium_large-width"]=> int(750) ["medium_large-height"]=> int(852) ["large"]=> string(83) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/03/c_fashion_200402_theory_03.jpg" ["large-width"]=> int(750) ["large-height"]=> int(852) } } ["entry_gallery_description"]=> string(591) "

「スーツのパンツはベルトレスに」
シップス メンズ ドレス バイヤー 今村恭平さん

仕事に向かう気持ちにスイッチを入れてくれるのがスーツの魅力なのだという今村さん。「この春は、ベーシックなグレー系のスーツに黒を差す着こなしに注目しています。ニットタイ、黒チーフ、そして黒靴といった今日のように、要所を黒で引き締めるやり方です」と今村さん。(次につづく)

" } [3]=> array(2) { ["entry_gallery_image"]=> array(24) { ["ID"]=> int(1144574) ["id"]=> int(1144574) ["title"]=> string(26) "c_fashion_200402_theory_04" ["filename"]=> string(30) "c_fashion_200402_theory_04.jpg" ["filesize"]=> int(218719) ["url"]=> string(83) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/03/c_fashion_200402_theory_04.jpg" ["link"]=> string(66) "https://www.mens-ex.jp/archives/1144563/c_fashion_200402_theory_04" ["alt"]=> string(0) "" ["author"]=> string(2) "25" ["description"]=> string(0) "" ["caption"]=> string(0) "" ["name"]=> string(26) "c_fashion_200402_theory_04" ["status"]=> string(7) "inherit" ["uploaded_to"]=> int(1144563) ["date"]=> string(19) "2020-03-19 05:01:22" ["modified"]=> string(19) "2020-03-19 05:01:22" ["menu_order"]=> int(0) ["mime_type"]=> string(10) "image/jpeg" ["type"]=> string(5) "image" ["subtype"]=> string(4) "jpeg" ["icon"]=> string(62) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-includes/images/media/default.png" ["width"]=> int(750) ["height"]=> int(452) ["sizes"]=> array(12) { ["thumbnail"]=> string(91) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/03/c_fashion_200402_theory_04-150x150.jpg" ["thumbnail-width"]=> int(150) ["thumbnail-height"]=> int(150) ["medium"]=> string(91) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/03/c_fashion_200402_theory_04-300x181.jpg" ["medium-width"]=> int(300) ["medium-height"]=> int(181) ["medium_large"]=> string(83) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/03/c_fashion_200402_theory_04.jpg" ["medium_large-width"]=> int(750) ["medium_large-height"]=> int(452) ["large"]=> string(83) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/03/c_fashion_200402_theory_04.jpg" ["large-width"]=> int(750) ["large-height"]=> int(452) } } ["entry_gallery_description"]=> string(542) "

ベルトループは全て取り外す
着こなしはもちろん、スーツ自体にもこだわりがあった。「今日のパンツ、実はお直しに出してベルトループを取りました。ここ5年くらいスーツの組下は全てベルトレス。ベルトがあると上下の流れが分断されてしまい、腰回りがスッキリ見えません。腰回りの丸みを強調し、柔らかく着こなしたいのです」(今村さん)

" } [4]=> array(2) { ["entry_gallery_image"]=> array(24) { ["ID"]=> int(1144575) ["id"]=> int(1144575) ["title"]=> string(26) "c_fashion_200402_theory_05" ["filename"]=> string(30) "c_fashion_200402_theory_05.jpg" ["filesize"]=> int(86622) ["url"]=> string(83) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/03/c_fashion_200402_theory_05.jpg" ["link"]=> string(66) "https://www.mens-ex.jp/archives/1144563/c_fashion_200402_theory_05" ["alt"]=> string(0) "" ["author"]=> string(2) "25" ["description"]=> string(0) "" ["caption"]=> string(0) "" ["name"]=> string(26) "c_fashion_200402_theory_05" ["status"]=> string(7) "inherit" ["uploaded_to"]=> int(1144563) ["date"]=> string(19) "2020-03-19 05:01:45" ["modified"]=> string(19) "2020-03-19 05:01:45" ["menu_order"]=> int(0) ["mime_type"]=> string(10) "image/jpeg" ["type"]=> string(5) "image" ["subtype"]=> string(4) "jpeg" ["icon"]=> string(62) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-includes/images/media/default.png" ["width"]=> int(750) ["height"]=> int(852) ["sizes"]=> array(12) { ["thumbnail"]=> string(91) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/03/c_fashion_200402_theory_05-150x150.jpg" ["thumbnail-width"]=> int(150) ["thumbnail-height"]=> int(150) ["medium"]=> string(91) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/03/c_fashion_200402_theory_05-264x300.jpg" ["medium-width"]=> int(264) ["medium-height"]=> int(300) ["medium_large"]=> string(83) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/03/c_fashion_200402_theory_05.jpg" ["medium_large-width"]=> int(750) ["medium_large-height"]=> int(852) ["large"]=> string(83) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/03/c_fashion_200402_theory_05.jpg" ["large-width"]=> int(750) ["large-height"]=> int(852) } } ["entry_gallery_description"]=> string(631) "

「グレースーツはシックなモノトーンで」
SDI 営業 大橋崇弘さん

イザイアのベストセラーモデル、グレゴリースーツは、「軽やかな仕立て+構築的な肩周り」、この両立が人気の理由だという大橋さん。「軽量な仕立てのわりに、肩周りはいかった、スクエアな表情。このバランス感が堪りません。この春のスーツは、イタリア的な茶系やベージュよりも、グレーに注目しています」と大橋さん。(次につづく)

" } [5]=> array(2) { ["entry_gallery_image"]=> array(24) { ["ID"]=> int(1144576) ["id"]=> int(1144576) ["title"]=> string(26) "c_fashion_200402_theory_06" ["filename"]=> string(30) "c_fashion_200402_theory_06.jpg" ["filesize"]=> int(124272) ["url"]=> string(83) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/03/c_fashion_200402_theory_06.jpg" ["link"]=> string(66) "https://www.mens-ex.jp/archives/1144563/c_fashion_200402_theory_06" ["alt"]=> string(0) "" ["author"]=> string(2) "25" ["description"]=> string(0) "" ["caption"]=> string(0) "" ["name"]=> string(26) "c_fashion_200402_theory_06" ["status"]=> string(7) "inherit" ["uploaded_to"]=> int(1144563) ["date"]=> string(19) "2020-03-19 05:01:55" ["modified"]=> string(19) "2020-03-19 05:01:55" ["menu_order"]=> int(0) ["mime_type"]=> string(10) "image/jpeg" ["type"]=> string(5) "image" ["subtype"]=> string(4) "jpeg" ["icon"]=> string(62) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-includes/images/media/default.png" ["width"]=> int(750) ["height"]=> int(452) ["sizes"]=> array(12) { ["thumbnail"]=> string(91) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/03/c_fashion_200402_theory_06-150x150.jpg" ["thumbnail-width"]=> int(150) ["thumbnail-height"]=> int(150) ["medium"]=> string(91) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/03/c_fashion_200402_theory_06-300x181.jpg" ["medium-width"]=> int(300) ["medium-height"]=> int(181) ["medium_large"]=> string(83) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/03/c_fashion_200402_theory_06.jpg" ["medium_large-width"]=> int(750) ["medium_large-height"]=> int(452) ["large"]=> string(83) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/03/c_fashion_200402_theory_06.jpg" ["large-width"]=> int(750) ["large-height"]=> int(452) } } ["entry_gallery_description"]=> string(475) "

モノトーンは素材感でクラシックを愉しむ
グレースーツの愉しみ方について、「白、黒のモノトーンで、モード寄りに着ています。とはいえ、ソリッドになりすぎぬよう、タイはシルクでもツイル、白シャツもピンオックスといった具合に、素材感でソフトに見えるよう工夫しています」(大橋さん)

" } [6]=> array(2) { ["entry_gallery_image"]=> array(24) { ["ID"]=> int(1144577) ["id"]=> int(1144577) ["title"]=> string(26) "c_fashion_200402_theory_07" ["filename"]=> string(30) "c_fashion_200402_theory_07.jpg" ["filesize"]=> int(105627) ["url"]=> string(83) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/03/c_fashion_200402_theory_07.jpg" ["link"]=> string(66) "https://www.mens-ex.jp/archives/1144563/c_fashion_200402_theory_07" ["alt"]=> string(0) "" ["author"]=> string(2) "25" ["description"]=> string(0) "" ["caption"]=> string(0) "" ["name"]=> string(26) "c_fashion_200402_theory_07" ["status"]=> string(7) "inherit" ["uploaded_to"]=> int(1144563) ["date"]=> string(19) "2020-03-19 05:02:22" ["modified"]=> string(19) "2020-03-19 05:02:22" ["menu_order"]=> int(0) ["mime_type"]=> string(10) "image/jpeg" ["type"]=> string(5) "image" ["subtype"]=> string(4) "jpeg" ["icon"]=> string(62) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-includes/images/media/default.png" ["width"]=> int(750) ["height"]=> int(852) ["sizes"]=> array(12) { ["thumbnail"]=> string(91) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/03/c_fashion_200402_theory_07-150x150.jpg" ["thumbnail-width"]=> int(150) ["thumbnail-height"]=> int(150) ["medium"]=> string(91) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/03/c_fashion_200402_theory_07-264x300.jpg" ["medium-width"]=> int(264) ["medium-height"]=> int(300) ["medium_large"]=> string(83) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/03/c_fashion_200402_theory_07.jpg" ["medium_large-width"]=> int(750) ["medium_large-height"]=> int(852) ["large"]=> string(83) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/03/c_fashion_200402_theory_07.jpg" ["large-width"]=> int(750) ["large-height"]=> int(852) } } ["entry_gallery_description"]=> string(643) "

「柄を重ねてジャケットらしさを」
バーニーズ ニューヨーク MDメンズチーム バイヤー 亀谷恵介さん

さまざまなブランドやテイストを組み合わせて新しいスタイルを造る“マジックミックス”という手法がバーニーズには伝統的にある。亀谷さん曰く、「好きなモノを中心に、色々な要素を混ぜて個性を愉しむ装い方です。ジャケットで言えば、私の場合、柄モノ。紺ブレ以外、無地は持っていません」。(次につづく)

" } [7]=> array(2) { ["entry_gallery_image"]=> array(24) { ["ID"]=> int(1144578) ["id"]=> int(1144578) ["title"]=> string(26) "c_fashion_200402_theory_08" ["filename"]=> string(30) "c_fashion_200402_theory_08.jpg" ["filesize"]=> int(227385) ["url"]=> string(83) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/03/c_fashion_200402_theory_08.jpg" ["link"]=> string(66) "https://www.mens-ex.jp/archives/1144563/c_fashion_200402_theory_08" ["alt"]=> string(0) "" ["author"]=> string(2) "25" ["description"]=> string(0) "" ["caption"]=> string(0) "" ["name"]=> string(26) "c_fashion_200402_theory_08" ["status"]=> string(7) "inherit" ["uploaded_to"]=> int(1144563) ["date"]=> string(19) "2020-03-19 05:02:32" ["modified"]=> string(19) "2020-03-19 05:02:32" ["menu_order"]=> int(0) ["mime_type"]=> string(10) "image/jpeg" ["type"]=> string(5) "image" ["subtype"]=> string(4) "jpeg" ["icon"]=> string(62) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-includes/images/media/default.png" ["width"]=> int(750) ["height"]=> int(452) ["sizes"]=> array(12) { ["thumbnail"]=> string(91) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/03/c_fashion_200402_theory_08-150x150.jpg" ["thumbnail-width"]=> int(150) ["thumbnail-height"]=> int(150) ["medium"]=> string(91) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/03/c_fashion_200402_theory_08-300x181.jpg" ["medium-width"]=> int(300) ["medium-height"]=> int(181) ["medium_large"]=> string(83) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/03/c_fashion_200402_theory_08.jpg" ["medium_large-width"]=> int(750) ["medium_large-height"]=> int(452) ["large"]=> string(83) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/03/c_fashion_200402_theory_08.jpg" ["large-width"]=> int(750) ["large-height"]=> int(452) } } ["entry_gallery_description"]=> string(499) "

2柄揃えて1柄外すと上手くまとまる
柄ジャケットを装う際のこだわりについて、「柄×柄がマストで、今日のようにジャケットとシャツは大きさ違いで柄をチェックで揃えて、タイ柄を変えるやり方。ストライプも同様に、太さを変えます。その際、アイテム同士の色を繋げてあげると上品に馴染みます」(亀谷さん)

" } [8]=> array(2) { ["entry_gallery_image"]=> array(24) { ["ID"]=> int(1144579) ["id"]=> int(1144579) ["title"]=> string(26) "c_fashion_200402_theory_09" ["filename"]=> string(30) "c_fashion_200402_theory_09.jpg" ["filesize"]=> int(89931) ["url"]=> string(83) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/03/c_fashion_200402_theory_09.jpg" ["link"]=> string(66) "https://www.mens-ex.jp/archives/1144563/c_fashion_200402_theory_09" ["alt"]=> string(0) "" ["author"]=> string(2) "25" ["description"]=> string(0) "" ["caption"]=> string(0) "" ["name"]=> string(26) "c_fashion_200402_theory_09" ["status"]=> string(7) "inherit" ["uploaded_to"]=> int(1144563) ["date"]=> string(19) "2020-03-19 05:02:44" ["modified"]=> string(19) "2020-03-19 05:02:44" ["menu_order"]=> int(0) ["mime_type"]=> string(10) "image/jpeg" ["type"]=> string(5) "image" ["subtype"]=> string(4) "jpeg" ["icon"]=> string(62) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-includes/images/media/default.png" ["width"]=> int(750) ["height"]=> int(852) ["sizes"]=> array(12) { ["thumbnail"]=> string(91) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/03/c_fashion_200402_theory_09-150x150.jpg" ["thumbnail-width"]=> int(150) ["thumbnail-height"]=> int(150) ["medium"]=> string(91) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/03/c_fashion_200402_theory_09-264x300.jpg" ["medium-width"]=> int(264) ["medium-height"]=> int(300) ["medium_large"]=> string(83) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/03/c_fashion_200402_theory_09.jpg" ["medium_large-width"]=> int(750) ["medium_large-height"]=> int(852) ["large"]=> string(83) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/03/c_fashion_200402_theory_09.jpg" ["large-width"]=> int(750) ["large-height"]=> int(852) } } ["entry_gallery_description"]=> string(683) "

「ダブルジャケットはゆったりパンツ」
トレメッツォ 中水慎之助さん

生地の重なりによって生まれる胸周りの立体感が、貫禄のある表情を演出してくれるダブルブレストのジャケット。フロントを開けてジャケットらしい、寛いだ装い方を愉しんでいる中水さん。「前合わせのボリュームに合わせて、パンツも細身のモノは避けて、腰周りにゆとりのあるものを選んでいます。今どきなら、今日のようなプリーツ入りに」と中水さん。(次につづく)

" } [9]=> array(2) { ["entry_gallery_image"]=> array(24) { ["ID"]=> int(1144580) ["id"]=> int(1144580) ["title"]=> string(26) "c_fashion_200402_theory_10" ["filename"]=> string(30) "c_fashion_200402_theory_10.jpg" ["filesize"]=> int(132910) ["url"]=> string(83) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/03/c_fashion_200402_theory_10.jpg" ["link"]=> string(66) "https://www.mens-ex.jp/archives/1144563/c_fashion_200402_theory_10" ["alt"]=> string(0) "" ["author"]=> string(2) "25" ["description"]=> string(0) "" ["caption"]=> string(0) "" ["name"]=> string(26) "c_fashion_200402_theory_10" ["status"]=> string(7) "inherit" ["uploaded_to"]=> int(1144563) ["date"]=> string(19) "2020-03-19 05:02:54" ["modified"]=> string(19) "2020-03-19 05:02:54" ["menu_order"]=> int(0) ["mime_type"]=> string(10) "image/jpeg" ["type"]=> string(5) "image" ["subtype"]=> string(4) "jpeg" ["icon"]=> string(62) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-includes/images/media/default.png" ["width"]=> int(750) ["height"]=> int(452) ["sizes"]=> array(12) { ["thumbnail"]=> string(91) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/03/c_fashion_200402_theory_10-150x150.jpg" ["thumbnail-width"]=> int(150) ["thumbnail-height"]=> int(150) ["medium"]=> string(91) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/03/c_fashion_200402_theory_10-300x181.jpg" ["medium-width"]=> int(300) ["medium-height"]=> int(181) ["medium_large"]=> string(83) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/03/c_fashion_200402_theory_10.jpg" ["medium_large-width"]=> int(750) ["medium_large-height"]=> int(452) ["large"]=> string(83) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/03/c_fashion_200402_theory_10.jpg" ["large-width"]=> int(750) ["large-height"]=> int(452) } } ["entry_gallery_description"]=> string(427) "

ジャケットとパンツのボリューム感を揃える
パンツはシルエットにもこだわりがある。「身長が低いので、テーパードがしっかり効いたパンツを選び、なおかつノータイの場合が多いので、上品で落ち着いて見えるワントーンでまとめるようにします」(中水さん)

" } [10]=> array(2) { ["entry_gallery_image"]=> array(24) { ["ID"]=> int(1144581) ["id"]=> int(1144581) ["title"]=> string(26) "c_fashion_200402_theory_11" ["filename"]=> string(30) "c_fashion_200402_theory_11.jpg" ["filesize"]=> int(103362) ["url"]=> string(83) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/03/c_fashion_200402_theory_11.jpg" ["link"]=> string(66) "https://www.mens-ex.jp/archives/1144563/c_fashion_200402_theory_11" ["alt"]=> string(0) "" ["author"]=> string(2) "25" ["description"]=> string(0) "" ["caption"]=> string(0) "" ["name"]=> string(26) "c_fashion_200402_theory_11" ["status"]=> string(7) "inherit" ["uploaded_to"]=> int(1144563) ["date"]=> string(19) "2020-03-19 05:03:04" ["modified"]=> string(19) "2020-03-19 05:03:04" ["menu_order"]=> int(0) ["mime_type"]=> string(10) "image/jpeg" ["type"]=> string(5) "image" ["subtype"]=> string(4) "jpeg" ["icon"]=> string(62) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-includes/images/media/default.png" ["width"]=> int(750) ["height"]=> int(852) ["sizes"]=> array(12) { ["thumbnail"]=> string(91) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/03/c_fashion_200402_theory_11-150x150.jpg" ["thumbnail-width"]=> int(150) ["thumbnail-height"]=> int(150) ["medium"]=> string(91) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/03/c_fashion_200402_theory_11-264x300.jpg" ["medium-width"]=> int(264) ["medium-height"]=> int(300) ["medium_large"]=> string(83) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/03/c_fashion_200402_theory_11.jpg" ["medium_large-width"]=> int(750) ["medium_large-height"]=> int(852) ["large"]=> string(83) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/03/c_fashion_200402_theory_11.jpg" ["large-width"]=> int(750) ["large-height"]=> int(852) } } ["entry_gallery_description"]=> string(552) "

「キーカラーを決めて各所に散らす」
ユナイテッド アローズ 原宿本店 セールスパーソン 高橋 淳さん

春らしいリネンのジャケットは、ナチュラルな生成りにピスタチオグリーンのウインドウペーン。高橋さん曰く、「ジャケットは色柄や素材が豊富なので、季節感を愉しみやすいのが魅力。特に、柄ジャケットはこれらの季節に好適。」(次につづく)

" } [11]=> array(2) { ["entry_gallery_image"]=> array(24) { ["ID"]=> int(1144582) ["id"]=> int(1144582) ["title"]=> string(26) "c_fashion_200402_theory_12" ["filename"]=> string(30) "c_fashion_200402_theory_12.jpg" ["filesize"]=> int(160953) ["url"]=> string(83) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/03/c_fashion_200402_theory_12.jpg" ["link"]=> string(66) "https://www.mens-ex.jp/archives/1144563/c_fashion_200402_theory_12" ["alt"]=> string(0) "" ["author"]=> string(2) "25" ["description"]=> string(0) "" ["caption"]=> string(0) "" ["name"]=> string(26) "c_fashion_200402_theory_12" ["status"]=> string(7) "inherit" ["uploaded_to"]=> int(1144563) ["date"]=> string(19) "2020-03-19 05:03:13" ["modified"]=> string(19) "2020-03-19 05:03:13" ["menu_order"]=> int(0) ["mime_type"]=> string(10) "image/jpeg" ["type"]=> string(5) "image" ["subtype"]=> string(4) "jpeg" ["icon"]=> string(62) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-includes/images/media/default.png" ["width"]=> int(750) ["height"]=> int(452) ["sizes"]=> array(12) { ["thumbnail"]=> string(91) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/03/c_fashion_200402_theory_12-150x150.jpg" ["thumbnail-width"]=> int(150) ["thumbnail-height"]=> int(150) ["medium"]=> string(91) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/03/c_fashion_200402_theory_12-300x181.jpg" ["medium-width"]=> int(300) ["medium-height"]=> int(181) ["medium_large"]=> string(83) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/03/c_fashion_200402_theory_12.jpg" ["medium_large-width"]=> int(750) ["medium_large-height"]=> int(452) ["large"]=> string(83) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/03/c_fashion_200402_theory_12.jpg" ["large-width"]=> int(750) ["large-height"]=> int(452) } } ["entry_gallery_description"]=> string(598) "

上下で色の繫がりを意識すると上品に見える
「ジャケットのキーカラーを各アイテムに散らして統一感を演出するのが私のルール。例えば、今日の場合はグリーン。カーキグリーンのパンツをはじめ、チーフや時計にもグリーンを差しています」色遊びが愉しめるのもジャケットならでは。「グリーン系には、同じアーシーなブラウン系が馴染みやすいうえに、上品に装えます」(高橋さん)

" } }
Facebook
Twitter
友だち追加

着方も選び方も「新時代のセオリー」に変わってきた!
スーツ&ジャケットの“今”

これからの時代にふさわしい、スーツ&ジャケットの着こなしとは。
装いに一家言ある業界人たちは、どんなこだわりをお持ちなのか?
自らの着こなしを通して、譲れないセオリーを教えてもらった。

<p><span style=「スーツには必ずダイバーズウォッチ」
エストネーション銀座店 シニアセールス スペシャリスト 安孫子陽一さん

オーダーで仕立てたサマーウールのダブルにブラウンを選ぶあたりが着慣れた上級者。安孫子さん曰く、「スーツは必ずタイドアップしますし、真夏でも通気性の良いリネンシャツ、ニットタイを選ぶくらい」。(次につづく)

">

「スーツには必ずダイバーズウォッチ」
エストネーション銀座店 シニアセールス スペシャリスト 安孫子陽一さん

オーダーで仕立てたサマーウールのダブルにブラウンを選ぶあたりが着慣れた上級者。安孫子さん曰く、「スーツは必ずタイドアップしますし、真夏でも通気性の良いリネンシャツ、ニットタイを選ぶくらい」。(次につづく)

<p><span style=スーツは手元でヌケ感を演出する
筋金入りのドレス派には、意外なこだわりがあった。「TPO的に許される場合、春夏はスーツに必ずダイバーズを。『太陽にほえろ!』の劇中で見た、石原裕次郎さんのダブルスーツの手元にロレックス姿。あれが格好よくて、いつかは私もと。これはロレックスのシードゥエラー ディープシーです。この圧倒的な存在感が堪りません。襟元は締めて手元で外す、が私のルール」(安孫子さん)

">

スーツは手元でヌケ感を演出する
筋金入りのドレス派には、意外なこだわりがあった。「TPO的に許される場合、春夏はスーツに必ずダイバーズを。『太陽にほえろ!』の劇中で見た、石原裕次郎さんのダブルスーツの手元にロレックス姿。あれが格好よくて、いつかは私もと。これはロレックスのシードゥエラー ディープシーです。この圧倒的な存在感が堪りません。襟元は締めて手元で外す、が私のルール」(安孫子さん)

<p><span style=「スーツのパンツはベルトレスに」
シップス メンズ ドレス バイヤー 今村恭平さん

仕事に向かう気持ちにスイッチを入れてくれるのがスーツの魅力なのだという今村さん。「この春は、ベーシックなグレー系のスーツに黒を差す着こなしに注目しています。ニットタイ、黒チーフ、そして黒靴といった今日のように、要所を黒で引き締めるやり方です」と今村さん。(次につづく)

">

「スーツのパンツはベルトレスに」
シップス メンズ ドレス バイヤー 今村恭平さん

仕事に向かう気持ちにスイッチを入れてくれるのがスーツの魅力なのだという今村さん。「この春は、ベーシックなグレー系のスーツに黒を差す着こなしに注目しています。ニットタイ、黒チーフ、そして黒靴といった今日のように、要所を黒で引き締めるやり方です」と今村さん。(次につづく)

<p><span style=ベルトループは全て取り外す
着こなしはもちろん、スーツ自体にもこだわりがあった。「今日のパンツ、実はお直しに出してベルトループを取りました。ここ5年くらいスーツの組下は全てベルトレス。ベルトがあると上下の流れが分断されてしまい、腰回りがスッキリ見えません。腰回りの丸みを強調し、柔らかく着こなしたいのです」(今村さん)

">

ベルトループは全て取り外す
着こなしはもちろん、スーツ自体にもこだわりがあった。「今日のパンツ、実はお直しに出してベルトループを取りました。ここ5年くらいスーツの組下は全てベルトレス。ベルトがあると上下の流れが分断されてしまい、腰回りがスッキリ見えません。腰回りの丸みを強調し、柔らかく着こなしたいのです」(今村さん)

<p><span style=「グレースーツはシックなモノトーンで」
SDI 営業 大橋崇弘さん

イザイアのベストセラーモデル、グレゴリースーツは、「軽やかな仕立て+構築的な肩周り」、この両立が人気の理由だという大橋さん。「軽量な仕立てのわりに、肩周りはいかった、スクエアな表情。このバランス感が堪りません。この春のスーツは、イタリア的な茶系やベージュよりも、グレーに注目しています」と大橋さん。(次につづく)

">

「グレースーツはシックなモノトーンで」
SDI 営業 大橋崇弘さん

イザイアのベストセラーモデル、グレゴリースーツは、「軽やかな仕立て+構築的な肩周り」、この両立が人気の理由だという大橋さん。「軽量な仕立てのわりに、肩周りはいかった、スクエアな表情。このバランス感が堪りません。この春のスーツは、イタリア的な茶系やベージュよりも、グレーに注目しています」と大橋さん。(次につづく)

<p><span style=モノトーンは素材感でクラシックを愉しむ
グレースーツの愉しみ方について、「白、黒のモノトーンで、モード寄りに着ています。とはいえ、ソリッドになりすぎぬよう、タイはシルクでもツイル、白シャツもピンオックスといった具合に、素材感でソフトに見えるよう工夫しています」(大橋さん)

">

モノトーンは素材感でクラシックを愉しむ
グレースーツの愉しみ方について、「白、黒のモノトーンで、モード寄りに着ています。とはいえ、ソリッドになりすぎぬよう、タイはシルクでもツイル、白シャツもピンオックスといった具合に、素材感でソフトに見えるよう工夫しています」(大橋さん)

<p><span style=「柄を重ねてジャケットらしさを」
バーニーズ ニューヨーク MDメンズチーム バイヤー 亀谷恵介さん

さまざまなブランドやテイストを組み合わせて新しいスタイルを造る“マジックミックス”という手法がバーニーズには伝統的にある。亀谷さん曰く、「好きなモノを中心に、色々な要素を混ぜて個性を愉しむ装い方です。ジャケットで言えば、私の場合、柄モノ。紺ブレ以外、無地は持っていません」。(次につづく)

">

「柄を重ねてジャケットらしさを」
バーニーズ ニューヨーク MDメンズチーム バイヤー 亀谷恵介さん

さまざまなブランドやテイストを組み合わせて新しいスタイルを造る“マジックミックス”という手法がバーニーズには伝統的にある。亀谷さん曰く、「好きなモノを中心に、色々な要素を混ぜて個性を愉しむ装い方です。ジャケットで言えば、私の場合、柄モノ。紺ブレ以外、無地は持っていません」。(次につづく)

<p><span style=2柄揃えて1柄外すと上手くまとまる
柄ジャケットを装う際のこだわりについて、「柄×柄がマストで、今日のようにジャケットとシャツは大きさ違いで柄をチェックで揃えて、タイ柄を変えるやり方。ストライプも同様に、太さを変えます。その際、アイテム同士の色を繋げてあげると上品に馴染みます」(亀谷さん)

">

2柄揃えて1柄外すと上手くまとまる
柄ジャケットを装う際のこだわりについて、「柄×柄がマストで、今日のようにジャケットとシャツは大きさ違いで柄をチェックで揃えて、タイ柄を変えるやり方。ストライプも同様に、太さを変えます。その際、アイテム同士の色を繋げてあげると上品に馴染みます」(亀谷さん)

<p><span style=「ダブルジャケットはゆったりパンツ」
トレメッツォ 中水慎之助さん

生地の重なりによって生まれる胸周りの立体感が、貫禄のある表情を演出してくれるダブルブレストのジャケット。フロントを開けてジャケットらしい、寛いだ装い方を愉しんでいる中水さん。「前合わせのボリュームに合わせて、パンツも細身のモノは避けて、腰周りにゆとりのあるものを選んでいます。今どきなら、今日のようなプリーツ入りに」と中水さん。(次につづく)

">

「ダブルジャケットはゆったりパンツ」
トレメッツォ 中水慎之助さん

生地の重なりによって生まれる胸周りの立体感が、貫禄のある表情を演出してくれるダブルブレストのジャケット。フロントを開けてジャケットらしい、寛いだ装い方を愉しんでいる中水さん。「前合わせのボリュームに合わせて、パンツも細身のモノは避けて、腰周りにゆとりのあるものを選んでいます。今どきなら、今日のようなプリーツ入りに」と中水さん。(次につづく)

<p><span style=ジャケットとパンツのボリューム感を揃える
パンツはシルエットにもこだわりがある。「身長が低いので、テーパードがしっかり効いたパンツを選び、なおかつノータイの場合が多いので、上品で落ち着いて見えるワントーンでまとめるようにします」(中水さん)

">

ジャケットとパンツのボリューム感を揃える
パンツはシルエットにもこだわりがある。「身長が低いので、テーパードがしっかり効いたパンツを選び、なおかつノータイの場合が多いので、上品で落ち着いて見えるワントーンでまとめるようにします」(中水さん)

<p><span style=「キーカラーを決めて各所に散らす」
ユナイテッド アローズ 原宿本店 セールスパーソン 高橋 淳さん

春らしいリネンのジャケットは、ナチュラルな生成りにピスタチオグリーンのウインドウペーン。高橋さん曰く、「ジャケットは色柄や素材が豊富なので、季節感を愉しみやすいのが魅力。特に、柄ジャケットはこれらの季節に好適。」(次につづく)

">

「キーカラーを決めて各所に散らす」
ユナイテッド アローズ 原宿本店 セールスパーソン 高橋 淳さん

春らしいリネンのジャケットは、ナチュラルな生成りにピスタチオグリーンのウインドウペーン。高橋さん曰く、「ジャケットは色柄や素材が豊富なので、季節感を愉しみやすいのが魅力。特に、柄ジャケットはこれらの季節に好適。」(次につづく)

<p><span style=上下で色の繫がりを意識すると上品に見える
「ジャケットのキーカラーを各アイテムに散らして統一感を演出するのが私のルール。例えば、今日の場合はグリーン。カーキグリーンのパンツをはじめ、チーフや時計にもグリーンを差しています」色遊びが愉しめるのもジャケットならでは。「グリーン系には、同じアーシーなブラウン系が馴染みやすいうえに、上品に装えます」(高橋さん)

">

上下で色の繫がりを意識すると上品に見える
「ジャケットのキーカラーを各アイテムに散らして統一感を演出するのが私のルール。例えば、今日の場合はグリーン。カーキグリーンのパンツをはじめ、チーフや時計にもグリーンを差しています」色遊びが愉しめるのもジャケットならでは。「グリーン系には、同じアーシーなブラウン系が馴染みやすいうえに、上品に装えます」(高橋さん)

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2020

Jun. & Jul. VOL.312

5

  1. 1
2

SHOES

人気の靴 その歴史

チャーチ

CHURCH'S

ベルルッティ

BERLUTI

トリッカーズ

TRICKER'S

ジョン ロブ

JOHN LOBB

ジェイエムウエストン

J.M.WESTON

サントーニ

SANTONI

クロケット&ジョーンズ

CROCKETT & JONES

オールデン

ALDEN

エドワードグリーン

EDWARD GREEN

LINE
SmartNews
今月の読者プレゼント
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop