日本フェンシング協会会長・太田雄貴さんが「夏の装いで大切にしていること」とは? 日本フェンシング協会会長・太田雄貴さんが「夏の装いで大切にしていること」とは?

>> この記事の先頭に戻る

【極み2】「+リラックス」なら“バンドカラー”
GUY ROVER / ギ ローバーのバンドカラーシャツ

ギ ローバーのバンドカラーシャツ
スーツ13万3000円/ドッピア アー(コロネット)

ビームス別注の一枚は、ゆとりのあるシルエットとプルオーバーのデザインが相まって、リラックス感溢れる印象に。また涼感に富むコットンリネンのシアサッカー生地は、ニュアンスも申し分ない。2万2000円(ビームス 六本木ヒルズ)

「上襟のないバンドカラーシャツを挟めば、ジャケットスタイルの印象はぐっとこなれます」

カジュアルな印象が強いバンドカラーシャツだが、だからこそ、くだけたジャケットスタイルの演出にも有用だと四方さんはいう。

「上襟のないバンドカラーは、リラックスした趣を表現するのにうってつけのアイテム。カジュアルなジャケットやセットアップとの相性が抜群です。なお、バンドカラーシャツの裾はパンツインせず、出したほうが持ち前のユルさが活きます。

なので裾を出してもだらしなく見えない、プルオーバータイプを選ぶのもポイントです。モックネック同様、首が高いと品よく見えるので、台襟の高さも意識しましょう」。



  1. 2
3

SHOES

人気の靴 その歴史

チャーチ

CHURCH'S

ベルルッティ

BERLUTI

トリッカーズ

TRICKER'S

ジョン ロブ

JOHN LOBB

ジェイエムウエストン

J.M.WESTON

サントーニ

SANTONI

クロケット&ジョーンズ

CROCKETT & JONES

オールデン

ALDEN

エドワードグリーン

EDWARD GREEN

LINE
SmartNews
今月の読者プレゼント
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop