>> この記事の先頭に戻る

かつてはスーツやブレザーのタイドアップスタイルにバルカラーコートを合わせるという装いが定番でしたが、今どきに着こなすならもっとカジュアルにコーディネートしたいと思います。

あまりカッチリしすぎて、オジサンくさく見えないように注意するのがポイントです。今回は’80年代フレンチアイビーをイメージした装い。紺ブレにボーダーシャツ、ホワイトデニムにベージュのバルカラーという合わせは当時の定番ですが、今っぽさを演出するためにニット素材のメタルボタンジャケットを選んでいるのもポイント。

もう1つ(写真下)もフレンチを意識しつつ、今季旬の白ジャケットとややくすみがかったイエローニットで軽やかにまとめました。(中村さん)

今季注目のホワイト&イエローでさらっと軽やかに

バルマカーン コート
コートは上と同じ。ジャケット5万2000円/ジャンネット、ニット1万8000円/ガンジー ウーレンズ、パンツ2万8000円/GTA、靴11万5000円/エンツォ ボナフェ(以上ビームス 六本木ヒルズ)

※表示価格は税抜き
[MEN’S EX 2020年3月号の記事を再構成](スタッフクレジットは本誌に記載)

  1. 2
LINE
SmartNews
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop