>> この記事の先頭に戻る

開いて構えたフェースに、ボールを乗せて運ぶように打とう!

アプローチでスピンを掛ける打ち方は、少しだけ特殊です。けれど、スピンが掛かるメカニズムが分かれば、それほど難しくはありません。まずは、アドレスからご説明します。

ボールの位置は、基本的には両足の中央よりも左足のカカト寄りにします。右足寄りにボールをセットしてしまう人が多いですが、そうするとボールを上から押すように打ってしまい、球が強く出てしまってスピンで止めることができません。低く打ち出して止める打ち方もあるのですが、応用編ともいえる高等テクニックです。

スピンを掛けてボールを止めたいなら、打つという意識よりも、フェースの上にボールを乗せて、運ぶような感覚が必要です。まずは、このボール位置で基本形となるスピンアプローチを習得しましょう。

ボールの位置は、左足寄りにセット

ボールの位置は、左足寄りにセット
スタンスやカラダの向きは、ボールを打ち出す向きに対してスクエアか、ほんの少しだけ左を向く程度のオープンスタンスにしておく。カラダが左を向きすぎると、方向性が悪くなるので気を付けよう

フェースを開いて構える

フェースを開いて構える
ボールに多くのスピンを掛けるために、打ち出したい方向よりもフェースを開いた状態で構える。スピンを入れたいときのフェース面の向きは、時計の1時15分ぐらいが目安

  1. 2
3
LINE
SmartNews
無料会員登録
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop