タリアトーレ&ラルディーニ「きちんと見えて着心地抜群」なイージーセットアップ2傑

bool(false)
Facebook
Twitter
友だち追加

クラシコイージー化加速

(左)TAGLIATORE/タリアトーレ
(右)LARDINI/ラルディーニ

左: ニットのような伸縮素材。パンツはベルトループ付きで、ギャザーを隠すこともできる。15万5000円(トレメッツォ)右:パッカブル仕様で出張時にも活躍。13万6000円(ストラスブルゴ)

日本から世界へ。「快適」新標準

ピッティの展示を見ていると、イタリアの提案も年々カジュアル化が進んでいるのを強く感じる。ジャケットのアンコン化はもはや行き着くところまで行った今、変化を感じるのはパンツ。ゴムを仕込んだエラスティックウエストやドローコードパンツが目立ち、ラルディーニやタリアトーレをはじめとするクラシコ系ブランドもこぞって提案していた。日本では昨年からすでに一般化していたが、それが本国へフィードバックされ、世界向けのコレクションとして広がっているということだろう。ビスポーク的なクラシック系と、よりスポーティなイージー系。2019年は、スーツの二極化が一段と進んだ年であったと総括することができるだろう。



※表示価格は税抜き
[MEN’S EX 2019年12月号の記事を再構成](スタッフクレジットは本誌に記載)
今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2020

Sep. VOL.314

9

  1. 1

SHOES

人気の靴 その歴史

チャーチ

CHURCH'S

ベルルッティ

BERLUTI

トリッカーズ

TRICKER'S

ジョン ロブ

JOHN LOBB

ジェイエムウエストン

J.M.WESTON

サントーニ

SANTONI

クロケット&ジョーンズ

CROCKETT & JONES

オールデン

ALDEN

エドワードグリーン

EDWARD GREEN

LINE
SmartNews
今月の読者プレゼント
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop