>> この記事の先頭に戻る

ポイントをつかめば簡単! パンツのアイロンがけ徹底解説

いままでパンツのプレスが苦手だった方も、この手順を守ればスムーズに成功するはず。ぜひ実践してみてほしい。

誰でも簡単にお洒落になれる!「Style Up Trial」の関連記事はコチラ: Style Up Trial

構成・文/小曽根広光

<p>最も重要なのは最初の置き方。できるだけ広い平面を用意して、パンツをまっすぐ整えることが大切だ。ここで置き方が歪んでいたりすると失敗の危険大。完成図をイメージして、“ここにプレスを入れよう”とアタリをつけておくことが肝心だ。</p>

最も重要なのは最初の置き方。できるだけ広い平面を用意して、パンツをまっすぐ整えることが大切だ。ここで置き方が歪んでいたりすると失敗の危険大。完成図をイメージして、“ここにプレスを入れよう”とアタリをつけておくことが肝心だ。

<p>上質なストライプパンツの場合、プレスのラインはストライプに沿って入れられているものが多い。薄くなったプレス跡に加えて、ストライプの線沿いにアイロンをかけるようにすると失敗がない。</p>

上質なストライプパンツの場合、プレスのラインはストライプに沿って入れられているものが多い。薄くなったプレス跡に加えて、ストライプの線沿いにアイロンをかけるようにすると失敗がない。

<p>さて、いよいよプレス開始。ここでのコツは、できるだけ小刻みにかけていくこと。一気に上まで滑らせてしまうと大抵失敗してしまう。あまりアイロンを動かさず、上から押し付けるようにしてかけていこう。</p>

さて、いよいよプレス開始。ここでのコツは、できるだけ小刻みにかけていくこと。一気に上まで滑らせてしまうと大抵失敗してしまう。あまりアイロンを動かさず、上から押し付けるようにしてかけていこう。

<p>片方を少し進めたら、反対側に移ってプレス。こうして少しずつプレスのラインを固めていく。</p>

片方を少し進めたら、反対側に移ってプレス。こうして少しずつプレスのラインを固めていく。

<p>少しずつ上へ。膝上あたりからはパンツの構造が立体的になってくるため、ズレないよう慎重に。</p>

少しずつ上へ。膝上あたりからはパンツの構造が立体的になってくるため、ズレないよう慎重に。

<p>腿あたりまできたら、プリーツへの繋がりも確認しながらプレスしていく。</p>

腿あたりまできたら、プリーツへの繋がりも確認しながらプレスしていく。

<p>プリーツ付近はパンツのキワだけをプレスする。</p>

プリーツ付近はパンツのキワだけをプレスする。

<p>ここで最後のポイント。太ももの裏側あたりには、あえてプレスをかけないでおく。パンツの腰回りは構造が立体的なので、下手に手を出すと全体が歪んでしまう危険があるためだ。パンツは前側のプレス線と、後ろ側の膝上くらいまでがビシッとしていれば十分格好がつくし、太ももの裏は座るとすぐにプレスが伸びてしまうため、わざわざ危険を冒してまでプレスする必要が薄いのだ。</p>

ここで最後のポイント。太ももの裏側あたりには、あえてプレスをかけないでおく。パンツの腰回りは構造が立体的なので、下手に手を出すと全体が歪んでしまう危険があるためだ。パンツは前側のプレス線と、後ろ側の膝上くらいまでがビシッとしていれば十分格好がつくし、太ももの裏は座るとすぐにプレスが伸びてしまうため、わざわざ危険を冒してまでプレスする必要が薄いのだ。

<p>ちなみに無地ものの場合、内側の縫い合わせ線を手掛かりにしてプレス位置をきめていく。上下の縫い線がぴったり重なる位置が正解だ。</p>

ちなみに無地ものの場合、内側の縫い合わせ線を手掛かりにしてプレス位置をきめていく。上下の縫い線がぴったり重なる位置が正解だ。

  1. 2
LINE
SmartNews
ビジネスの装いルール完全BOOK
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop