アルマーニ アルマーニ

>> この記事の先頭に戻る

今すぐ試せる! お洒落の小ワザ、定番10選はコチラ!

誰でも簡単にお洒落になれる!「Style Up Trial」の関連記事はコチラ: Style Up Trial

構成・文/小曽根広光

<p><strong>【Technique 1】小剣ずらし</strong><br />ネクタイは緩まずしっかり結びつつ、堅苦しくないよう仕上げに適度なニュアンスをつけるのが粋とされている。その定番的テクニックがこの小剣ずらしだ。やり方は簡単。普段通りにギュッと締めたのち、小剣を横に引っ張り出すだけ。ノット部分が緩んでしまうとだらしなく見えてしまうので、ノットはきっちり、剣の部分は無造作にとメリハリをつけよう。</p>

【Technique 1】小剣ずらし
ネクタイは緩まずしっかり結びつつ、堅苦しくないよう仕上げに適度なニュアンスをつけるのが粋とされている。その定番的テクニックがこの小剣ずらしだ。やり方は簡単。普段通りにギュッと締めたのち、小剣を横に引っ張り出すだけ。ノット部分が緩んでしまうとだらしなく見えてしまうので、ノットはきっちり、剣の部分は無造作にとメリハリをつけよう。

<p><strong>【Technique 2】BDはずし</strong><br />襟先がボタンで留まっているボタンダウンシャツだが、近年はこれをあえて外して軽やかな雰囲気を演出する装いが人気。襟先が自然にハネるのがポイントだ。ノータイで行うとただだらしないだけなので、タイドアップスタイルで行うのがポイント。</p>

【Technique 2】BDはずし
襟先がボタンで留まっているボタンダウンシャツだが、近年はこれをあえて外して軽やかな雰囲気を演出する装いが人気。襟先が自然にハネるのがポイントだ。ノータイで行うとただだらしないだけなので、タイドアップスタイルで行うのがポイント。

<p><strong>【Technique 3】タイバーを斜めに</strong><br />ネクタイがブラつかないようタイバーを愛用している方にオススメのテクニック。まっすぐではなく、ダイバーを斜めに挿すだけでこなれた印象になる。やや上の位置にタイバーを挿すのもポイントだ。</p>

【Technique 3】タイバーを斜めに
ネクタイがブラつかないようタイバーを愛用している方にオススメのテクニック。まっすぐではなく、ダイバーを斜めに挿すだけでこなれた印象になる。やや上の位置にタイバーを挿すのもポイントだ。

<p><strong>【Technique 4】ペンを胸ポケに</strong><br />ビジネスマンなら本格的なペンを一本はもっておきたいものだが、それは商談や会議などで存在感を発揮するだけでなく、ファッションアクセサリーとしても効く。ジャケットの胸ポケに挿しておくだけでアクセントになり、装いの格をあげてくれるのだ。</p>

【Technique 4】ペンを胸ポケに
ビジネスマンなら本格的なペンを一本はもっておきたいものだが、それは商談や会議などで存在感を発揮するだけでなく、ファッションアクセサリーとしても効く。ジャケットの胸ポケに挿しておくだけでアクセントになり、装いの格をあげてくれるのだ。

<p><strong>【Technique 5】タイバーを胸ポケに</strong><br />タイバーをアクセサリーとして胸ポケに挿してみるのも時に新鮮。ポケットチーフと組み合わせてみるのもいいだろう。</p>

【Technique 5】タイバーを胸ポケに
タイバーをアクセサリーとして胸ポケに挿してみるのも時に新鮮。ポケットチーフと組み合わせてみるのもいいだろう。

<p><strong>【Technique 6】スーツの袖ボタン外し</strong><br />本格的なスーツは袖のボタンが実際に留め外しできるようになっている。これは「本切羽」と呼ばれるが、洒落者の多くはあえてこのボタンを1~2個外している。無造作感を演出できるとともに、本格仕立てをさりげなくアピールする効果も。</p>

【Technique 6】スーツの袖ボタン外し
本格的なスーツは袖のボタンが実際に留め外しできるようになっている。これは「本切羽」と呼ばれるが、洒落者の多くはあえてこのボタンを1~2個外している。無造作感を演出できるとともに、本格仕立てをさりげなくアピールする効果も。

<p><strong>【Technique 7】シャツのカフめくり</strong><br />時計をしている方のカフを端だけペロリとめくると、アシンメトリーなニュアンスをつけることができる。もちろん時計を見やすくなる実利も。</p>

【Technique 7】シャツのカフめくり
時計をしている方のカフを端だけペロリとめくると、アシンメトリーなニュアンスをつけることができる。もちろん時計を見やすくなる実利も。

<p><strong>【Technique 8】時計on the カフ</strong><br />イタリアを代表する洒落者、ジャンニ・アニエッリが実践していたことでも有名。汗でベルトが蒸れるのが嫌な方にもおすすめ。</p>

【Technique 8】時計on the カフ
イタリアを代表する洒落者、ジャンニ・アニエッリが実践していたことでも有名。汗でベルトが蒸れるのが嫌な方にもおすすめ。

<p><strong>【Technique 9】あえて下のボタンを留めて</strong><br />ダブルジャケットに使われるテクニック。真ん中ではなく、あえて一番下のボタンを留めてハズしとするものだ。Vゾーンが広がるため、結構印象が変わる。</p>

【Technique 9】あえて下のボタンを留めて
ダブルジャケットに使われるテクニック。真ん中ではなく、あえて一番下のボタンを留めてハズしとするものだ。Vゾーンが広がるため、結構印象が変わる。

<p><strong>【Technique 10】コートの襟は“半立て”に</strong><br />コートの襟は全部立てず、半分めくり上げるようにして立てるとよし。キザな印象を緩和して、自然な洒脱さを演出できる。</p>

【Technique 10】コートの襟は“半立て”に
コートの襟は全部立てず、半分めくり上げるようにして立てるとよし。キザな印象を緩和して、自然な洒脱さを演出できる。

  1. 2
LINE
SmartNews
ビジネスの装いルール完全BOOK
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop