>> この記事の先頭に戻る

すぐお洒落になれる「スカーフ使い」の巻き方を覚えよう

正しく使いこなせれば、ジャケットスタイルを断然エレガントに着こなせるスカーフ。手頃な価格で購入できるので、一枚持っていると重宝すること請け合いだ。

誰でも簡単にお洒落になれる!「Style Up Trial」の関連記事はコチラ: Style Up Trial

構成・文/小曽根広光

<p>まずは広げたスカーフの一角を中央まで折る</p>

まずは広げたスカーフの一角を中央まで折る

<p>向かいの角も中央まで折って、このような形に。</p>

向かいの角も中央まで折って、このような形に。

<p>さらに折って細くしていく。</p>

さらに折って細くしていく。

<p>反対側も同様に。</p>

反対側も同様に。

<p>最後に真ん中から二つ折りにすると、このように棒状になる。</p>

最後に真ん中から二つ折りにすると、このように棒状になる。

<p>ここでポイント。首に巻く前に、スカーフをねじっておく。こうすることで幅を調節できることに加え、巻いたときに立体感が生まれて洒落た印象になる。</p>

ここでポイント。首に巻く前に、スカーフをねじっておく。こうすることで幅を調節できることに加え、巻いたときに立体感が生まれて洒落た印象になる。

<p>これを首に巻いていく。シンプルに首元で一回結ぶだけでよい。あまりコテコテした派手な巻き方は古臭く見えるので注意。</p>

これを首に巻いていく。シンプルに首元で一回結ぶだけでよい。あまりコテコテした派手な巻き方は古臭く見えるので注意。

<p>昨今は結んだ端をニットの下にしまい、チラリと覗かせる程度に巻くのが主流。控えめな印象だが、これだけで結構印象が変わってくる。襟なしの装いでちょっと首元が寂しいかなと思ったときに試してほしい。</p>

昨今は結んだ端をニットの下にしまい、チラリと覗かせる程度に巻くのが主流。控えめな印象だが、これだけで結構印象が変わってくる。襟なしの装いでちょっと首元が寂しいかなと思ったときに試してほしい。

<p>ニットの下にTシャツをレイヤードしたときは、よりシンプルなスカーフ使いをするのもよい。こちらはスカーフを結ばずに、端をニットの中に収めている。</p>

ニットの下にTシャツをレイヤードしたときは、よりシンプルなスカーフ使いをするのもよい。こちらはスカーフを結ばずに、端をニットの中に収めている。

  1. 2
LINE
SmartNews
無料会員登録
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop