アルマーニ アルマーニ

>> この記事の先頭に戻る

「着なくなったシャツ」が1分でバンドカラーに早変わり!

誰でも簡単にお洒落になれる!「Style Up Trial」の関連記事はコチラ: Style Up Trial

構成・文/小曽根広光

<p>こちらのシャツでチャレンジ。ごらんのとおり、オーソドックスなボタンダウンシャツだ。これを自分でバンドカラーにカスタムしてみよう。</p>

こちらのシャツでチャレンジ。ごらんのとおり、オーソドックスなボタンダウンシャツだ。これを自分でバンドカラーにカスタムしてみよう。

<p>まず、襟を伸ばしてこのような形に。改めてよく見ると、シャツの襟は「襟羽根」と呼ばれるパーツと背中の間に細い帯状のパーツがあることがわかる。これが「台襟」と呼ばれるものだ。</p>

まず、襟を伸ばしてこのような形に。改めてよく見ると、シャツの襟は「襟羽根」と呼ばれるパーツと背中の間に細い帯状のパーツがあることがわかる。これが「台襟」と呼ばれるものだ。

<p>台襟と襟羽根の縫合部ギリギリをカットして、襟羽根を切り離していく。</p>

台襟と襟羽根の縫合部ギリギリをカットして、襟羽根を切り離していく。

<p>全て切り離すとこのような具合になり、台襟だけが残る形になる。すると、バンドカラーのデザインになるというわけだ。</p>

全て切り離すとこのような具合になり、台襟だけが残る形になる。すると、バンドカラーのデザインになるというわけだ。

<p>ボタンを留めるとこのとおり、ガラリと印象がかわったのがお分かりだろう。</p>

ボタンを留めるとこのとおり、ガラリと印象がかわったのがお分かりだろう。

<p>正面から見ても、もともとのボタンダウンから印象が一変している。襟が変わるだけでコーディネートしたときの見え方もかなり変わるので、新鮮な気分で着こなせるはずだ。</p>

正面から見ても、もともとのボタンダウンから印象が一変している。襟が変わるだけでコーディネートしたときの見え方もかなり変わるので、新鮮な気分で着こなせるはずだ。

<p><strong>【注意】“ほつれ”は避けられないので、実践は自己責任で</strong><br />こちらのテクニックで1点注意してほしいのは、しばらく着るうちに切断した部分がほつれてくること。これを“味”として許容できないという場合は実践しないほうが吉だ。ちなみに、写真のデニムシャツのようにある程度生地に厚みのある、カジュアルなシャツで行うとほつれも自然な印象。</p>

【注意】“ほつれ”は避けられないので、実践は自己責任で
こちらのテクニックで1点注意してほしいのは、しばらく着るうちに切断した部分がほつれてくること。これを“味”として許容できないという場合は実践しないほうが吉だ。ちなみに、写真のデニムシャツのようにある程度生地に厚みのある、カジュアルなシャツで行うとほつれも自然な印象。

  1. 2
LINE
SmartNews
ビジネスの装いルール完全BOOK
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop