「2019秋冬・スーツの胸元実例1週間」をストラスブルゴに聞いてみた!

array(7) { [0]=> array(2) { ["entry_gallery_image"]=> array(24) { ["ID"]=> int(1127435) ["id"]=> int(1127435) ["title"]=> string(27) "365v_191125_strasburgo_pg01" ["filename"]=> string(31) "365v_191125_strasburgo_pg01.jpg" ["filesize"]=> int(830367) ["url"]=> string(84) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2019/11/365v_191125_strasburgo_pg01.jpg" ["link"]=> string(67) "https://www.mens-ex.jp/archives/1127431/365v_191125_strasburgo_pg01" ["alt"]=> string(0) "" ["author"]=> string(2) "22" ["description"]=> string(0) "" ["caption"]=> string(0) "" ["name"]=> string(27) "365v_191125_strasburgo_pg01" ["status"]=> string(7) "inherit" ["uploaded_to"]=> int(1127431) ["date"]=> string(19) "2019-11-14 07:35:18" ["modified"]=> string(19) "2019-11-14 07:35:18" ["menu_order"]=> int(0) ["mime_type"]=> string(10) "image/jpeg" ["type"]=> string(5) "image" ["subtype"]=> string(4) "jpeg" ["icon"]=> string(62) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-includes/images/media/default.png" ["width"]=> int(750) ["height"]=> int(852) ["sizes"]=> array(12) { ["thumbnail"]=> string(84) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2019/11/365v_191125_strasburgo_pg01.jpg" ["thumbnail-width"]=> int(132) ["thumbnail-height"]=> int(150) ["medium"]=> string(84) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2019/11/365v_191125_strasburgo_pg01.jpg" ["medium-width"]=> int(264) ["medium-height"]=> int(300) ["medium_large"]=> string(84) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2019/11/365v_191125_strasburgo_pg01.jpg" ["medium_large-width"]=> int(750) ["medium_large-height"]=> int(852) ["large"]=> string(84) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2019/11/365v_191125_strasburgo_pg01.jpg" ["large-width"]=> int(750) ["large-height"]=> int(852) } } ["entry_gallery_description"]=> string(735) "

シャツとネクタイが柄モノのとき気をつけることは?
打ち合わせや会議が集中する週始めは、グレースーツ×ブルーの爽やかなコーディネートでスタートダッシュを決めよう。シャツとネクタイはともに柄物だが、シャツは細幅のピンストライプ柄、ネクタイは柄同士の間隔が広い小紋柄と、柄行きにメリハリをつけることで互いを馴染ませている。
スーツ15万8000円/ラルディーニ、シャツ3万1000円/バルバ、ネクタイ3万1000円/アット ヴァンヌッチ(以上ストラスブルゴ) チーフ<スタイリスト私物>

" } [1]=> array(2) { ["entry_gallery_image"]=> array(24) { ["ID"]=> int(1127436) ["id"]=> int(1127436) ["title"]=> string(27) "365v_191125_strasburgo_pg02" ["filename"]=> string(31) "365v_191125_strasburgo_pg02.jpg" ["filesize"]=> int(1034409) ["url"]=> string(84) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2019/11/365v_191125_strasburgo_pg02.jpg" ["link"]=> string(67) "https://www.mens-ex.jp/archives/1127431/365v_191125_strasburgo_pg02" ["alt"]=> string(0) "" ["author"]=> string(2) "22" ["description"]=> string(0) "" ["caption"]=> string(0) "" ["name"]=> string(27) "365v_191125_strasburgo_pg02" ["status"]=> string(7) "inherit" ["uploaded_to"]=> int(1127431) ["date"]=> string(19) "2019-11-14 07:35:19" ["modified"]=> string(19) "2019-11-14 07:35:19" ["menu_order"]=> int(0) ["mime_type"]=> string(10) "image/jpeg" ["type"]=> string(5) "image" ["subtype"]=> string(4) "jpeg" ["icon"]=> string(62) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-includes/images/media/default.png" ["width"]=> int(750) ["height"]=> int(852) ["sizes"]=> array(12) { ["thumbnail"]=> string(84) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2019/11/365v_191125_strasburgo_pg02.jpg" ["thumbnail-width"]=> int(132) ["thumbnail-height"]=> int(150) ["medium"]=> string(84) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2019/11/365v_191125_strasburgo_pg02.jpg" ["medium-width"]=> int(264) ["medium-height"]=> int(300) ["medium_large"]=> string(84) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2019/11/365v_191125_strasburgo_pg02.jpg" ["medium_large-width"]=> int(750) ["medium_large-height"]=> int(852) ["large"]=> string(84) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2019/11/365v_191125_strasburgo_pg02.jpg" ["large-width"]=> int(750) ["large-height"]=> int(852) } } ["entry_gallery_description"]=> string(750) "

ブラウンスーツで老けて見えないコツは?
ミドルエイジのブラウンスーツはともすると老けて見えることもあるが、爽やかなブルーチェックが入ったこんなブラウンスーツなら渋さ加減がちょうどいい。シャツはスーツの柄色と同系色のサックスブルー、ネクタイはスーツの地色と同系色のテラコッタブラウンを選んで、胸元を明るい色で構成すれば顔映りもよくなる。
スーツ16万8000円/ラルディーニ、 シャツ3万4000円/バルバ、ネクタイ2万9000円/キートン(以上ストラスブルゴ) チーフ<スタイリスト私物>

" } [2]=> array(2) { ["entry_gallery_image"]=> array(24) { ["ID"]=> int(1127437) ["id"]=> int(1127437) ["title"]=> string(27) "365v_191125_strasburgo_pg03" ["filename"]=> string(31) "365v_191125_strasburgo_pg03.jpg" ["filesize"]=> int(884797) ["url"]=> string(84) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2019/11/365v_191125_strasburgo_pg03.jpg" ["link"]=> string(67) "https://www.mens-ex.jp/archives/1127431/365v_191125_strasburgo_pg03" ["alt"]=> string(0) "" ["author"]=> string(2) "22" ["description"]=> string(0) "" ["caption"]=> string(0) "" ["name"]=> string(27) "365v_191125_strasburgo_pg03" ["status"]=> string(7) "inherit" ["uploaded_to"]=> int(1127431) ["date"]=> string(19) "2019-11-14 07:35:20" ["modified"]=> string(19) "2019-11-14 07:35:20" ["menu_order"]=> int(0) ["mime_type"]=> string(10) "image/jpeg" ["type"]=> string(5) "image" ["subtype"]=> string(4) "jpeg" ["icon"]=> string(62) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-includes/images/media/default.png" ["width"]=> int(750) ["height"]=> int(852) ["sizes"]=> array(12) { ["thumbnail"]=> string(84) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2019/11/365v_191125_strasburgo_pg03.jpg" ["thumbnail-width"]=> int(132) ["thumbnail-height"]=> int(150) ["medium"]=> string(84) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2019/11/365v_191125_strasburgo_pg03.jpg" ["medium-width"]=> int(264) ["medium-height"]=> int(300) ["medium_large"]=> string(84) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2019/11/365v_191125_strasburgo_pg03.jpg" ["medium_large-width"]=> int(750) ["medium_large-height"]=> int(852) ["large"]=> string(84) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2019/11/365v_191125_strasburgo_pg03.jpg" ["large-width"]=> int(750) ["large-height"]=> int(852) } } ["entry_gallery_description"]=> string(759) "

無地スーツで若手社員より貫禄を出すには?
グレーにもネイビーにも見える発色が美しいグレイッシュネイビーのスーツは、無地でも織り柄入りで一工夫されているため、若手社員としっかり差をつけられる。シャツはスーツと同系色のネイビーストライプで調和させて、ネクタイはクラシックなペイズリー柄を選択。色柄で多用しなくても、年齢相応の風格を出せる好例だ。
スーツ13万円/バルバ、シャツ5万9000円/フライ、ネクタイ2万5000円/アット ヴァンヌッチ(以上ストラスブルゴ) チーフ<スタイリスト私物>

" } [3]=> array(2) { ["entry_gallery_image"]=> array(24) { ["ID"]=> int(1127438) ["id"]=> int(1127438) ["title"]=> string(27) "365v_191125_strasburgo_pg04" ["filename"]=> string(31) "365v_191125_strasburgo_pg04.jpg" ["filesize"]=> int(848732) ["url"]=> string(84) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2019/11/365v_191125_strasburgo_pg04.jpg" ["link"]=> string(67) "https://www.mens-ex.jp/archives/1127431/365v_191125_strasburgo_pg04" ["alt"]=> string(0) "" ["author"]=> string(2) "22" ["description"]=> string(0) "" ["caption"]=> string(0) "" ["name"]=> string(27) "365v_191125_strasburgo_pg04" ["status"]=> string(7) "inherit" ["uploaded_to"]=> int(1127431) ["date"]=> string(19) "2019-11-14 07:35:20" ["modified"]=> string(19) "2019-11-14 07:35:20" ["menu_order"]=> int(0) ["mime_type"]=> string(10) "image/jpeg" ["type"]=> string(5) "image" ["subtype"]=> string(4) "jpeg" ["icon"]=> string(62) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-includes/images/media/default.png" ["width"]=> int(750) ["height"]=> int(852) ["sizes"]=> array(12) { ["thumbnail"]=> string(84) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2019/11/365v_191125_strasburgo_pg04.jpg" ["thumbnail-width"]=> int(132) ["thumbnail-height"]=> int(150) ["medium"]=> string(84) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2019/11/365v_191125_strasburgo_pg04.jpg" ["medium-width"]=> int(264) ["medium-height"]=> int(300) ["medium_large"]=> string(84) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2019/11/365v_191125_strasburgo_pg04.jpg" ["medium_large-width"]=> int(750) ["medium_large-height"]=> int(852) ["large"]=> string(84) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2019/11/365v_191125_strasburgo_pg04.jpg" ["large-width"]=> int(750) ["large-height"]=> int(852) } } ["entry_gallery_description"]=> string(737) "

定番グレースーツ×白シャツでマンネリ打破するには?
ミディアムグレーのスーツに白シャツという、クリーンかつ知的なコーディネート。シンプルすぎて凡庸にも見えなかねないコーディネートも、ミントグリーンの小紋柄ネクタイを結べば、華やかに見える上に周囲とも重複なし。ネクタイとスーツのトーンを揃えて馴染ませたところもポイントだ。
スーツ15万8000円/ラルディーニ、シャツ2万2000円/ストラスブルゴ、ネクタイ2万9000円/キートン(以上ストラスブルゴ) チーフ<スタイリスト私物>

" } [4]=> array(2) { ["entry_gallery_image"]=> array(24) { ["ID"]=> int(1127439) ["id"]=> int(1127439) ["title"]=> string(27) "365v_191125_strasburgo_pg05" ["filename"]=> string(31) "365v_191125_strasburgo_pg05.jpg" ["filesize"]=> int(880404) ["url"]=> string(84) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2019/11/365v_191125_strasburgo_pg05.jpg" ["link"]=> string(67) "https://www.mens-ex.jp/archives/1127431/365v_191125_strasburgo_pg05" ["alt"]=> string(0) "" ["author"]=> string(2) "22" ["description"]=> string(0) "" ["caption"]=> string(0) "" ["name"]=> string(27) "365v_191125_strasburgo_pg05" ["status"]=> string(7) "inherit" ["uploaded_to"]=> int(1127431) ["date"]=> string(19) "2019-11-14 07:35:22" ["modified"]=> string(19) "2019-11-14 07:35:22" ["menu_order"]=> int(0) ["mime_type"]=> string(10) "image/jpeg" ["type"]=> string(5) "image" ["subtype"]=> string(4) "jpeg" ["icon"]=> string(62) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-includes/images/media/default.png" ["width"]=> int(750) ["height"]=> int(852) ["sizes"]=> array(12) { ["thumbnail"]=> string(84) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2019/11/365v_191125_strasburgo_pg05.jpg" ["thumbnail-width"]=> int(132) ["thumbnail-height"]=> int(150) ["medium"]=> string(84) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2019/11/365v_191125_strasburgo_pg05.jpg" ["medium-width"]=> int(264) ["medium-height"]=> int(300) ["medium_large"]=> string(84) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2019/11/365v_191125_strasburgo_pg05.jpg" ["medium_large-width"]=> int(750) ["medium_large-height"]=> int(852) ["large"]=> string(84) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2019/11/365v_191125_strasburgo_pg05.jpg" ["large-width"]=> int(750) ["large-height"]=> int(852) } } ["entry_gallery_description"]=> string(784) "

いいコーディネートが思いつかないときの秘策は?
コーディネートで迷ったら「アズーロ・エ・マローネ」を思い出そう。これはイタリアでポピュラーなブルー系×ブラウン系の配色術(イタリア語でアズーロ=紺、マローネ=茶を意味する)で、楽してお洒落に見える鉄板配色の最たるもの。ここではネイビーの無地スーツ×ブラウンのストライプネクタイを、シンプルにコーディネートした。
スーツ13万8000円/バルバ、シャツ2万2000円/ストラスブルゴ、ネクタイ2万9000円/キートン(以上ストラスブルゴ) チーフ<スタイリスト私物>

" } [5]=> array(2) { ["entry_gallery_image"]=> array(24) { ["ID"]=> int(1127440) ["id"]=> int(1127440) ["title"]=> string(27) "365v_191125_strasburgo_pg06" ["filename"]=> string(31) "365v_191125_strasburgo_pg06.jpg" ["filesize"]=> int(993301) ["url"]=> string(84) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2019/11/365v_191125_strasburgo_pg06.jpg" ["link"]=> string(67) "https://www.mens-ex.jp/archives/1127431/365v_191125_strasburgo_pg06" ["alt"]=> string(0) "" ["author"]=> string(2) "22" ["description"]=> string(0) "" ["caption"]=> string(0) "" ["name"]=> string(27) "365v_191125_strasburgo_pg06" ["status"]=> string(7) "inherit" ["uploaded_to"]=> int(1127431) ["date"]=> string(19) "2019-11-14 07:35:22" ["modified"]=> string(19) "2019-11-14 07:35:22" ["menu_order"]=> int(0) ["mime_type"]=> string(10) "image/jpeg" ["type"]=> string(5) "image" ["subtype"]=> string(4) "jpeg" ["icon"]=> string(62) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-includes/images/media/default.png" ["width"]=> int(750) ["height"]=> int(852) ["sizes"]=> array(12) { ["thumbnail"]=> string(84) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2019/11/365v_191125_strasburgo_pg06.jpg" ["thumbnail-width"]=> int(132) ["thumbnail-height"]=> int(150) ["medium"]=> string(84) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2019/11/365v_191125_strasburgo_pg06.jpg" ["medium-width"]=> int(264) ["medium-height"]=> int(300) ["medium_large"]=> string(84) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2019/11/365v_191125_strasburgo_pg06.jpg" ["medium_large-width"]=> int(750) ["medium_large-height"]=> int(852) ["large"]=> string(84) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2019/11/365v_191125_strasburgo_pg06.jpg" ["large-width"]=> int(750) ["large-height"]=> int(852) } } ["entry_gallery_description"]=> string(811) "

流行りのチルデンニット、大人はどう着るのが正解?
土曜日はトレンドのチルデンニットを主役にコーディネート。ジャケット内に着込めば、大人に相応しいきちんと感と休日らしいヌケ感とを両立できる。ここでは火曜に着たラルディーニのブラウンスーツのジャケットを流用し、ニットの首元からカジュアルなカットソーを覗かせて、さらにリラックス感をプラス。肌の露出を少なくすることで、清潔感と防寒も両立が可能だ。
スーツ16万8000円/ラルディーニ、ニット12万4000円/クルチアーニ、カットソー9500円/ジャーニーマン(以上ストラスブルゴ)

" } [6]=> array(2) { ["entry_gallery_image"]=> array(24) { ["ID"]=> int(1127441) ["id"]=> int(1127441) ["title"]=> string(27) "365v_191125_strasburgo_pg07" ["filename"]=> string(31) "365v_191125_strasburgo_pg07.jpg" ["filesize"]=> int(1035579) ["url"]=> string(84) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2019/11/365v_191125_strasburgo_pg07.jpg" ["link"]=> string(67) "https://www.mens-ex.jp/archives/1127431/365v_191125_strasburgo_pg07" ["alt"]=> string(0) "" ["author"]=> string(2) "22" ["description"]=> string(0) "" ["caption"]=> string(0) "" ["name"]=> string(27) "365v_191125_strasburgo_pg07" ["status"]=> string(7) "inherit" ["uploaded_to"]=> int(1127431) ["date"]=> string(19) "2019-11-14 07:35:23" ["modified"]=> string(19) "2019-11-14 07:35:23" ["menu_order"]=> int(0) ["mime_type"]=> string(10) "image/jpeg" ["type"]=> string(5) "image" ["subtype"]=> string(4) "jpeg" ["icon"]=> string(62) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-includes/images/media/default.png" ["width"]=> int(750) ["height"]=> int(852) ["sizes"]=> array(12) { ["thumbnail"]=> string(84) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2019/11/365v_191125_strasburgo_pg07.jpg" ["thumbnail-width"]=> int(132) ["thumbnail-height"]=> int(150) ["medium"]=> string(84) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2019/11/365v_191125_strasburgo_pg07.jpg" ["medium-width"]=> int(264) ["medium-height"]=> int(300) ["medium_large"]=> string(84) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2019/11/365v_191125_strasburgo_pg07.jpg" ["medium_large-width"]=> int(750) ["medium_large-height"]=> int(852) ["large"]=> string(84) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2019/11/365v_191125_strasburgo_pg07.jpg" ["large-width"]=> int(750) ["large-height"]=> int(852) } } ["entry_gallery_description"]=> string(628) "

周囲とカブらないジャケット×タートルスタイルは?
ジャケットの中にタートルネックニットを合せる王道コーディネートも、良きアクセントになるピンクのようなニットを選べば、洒落感を簡単に演出できる。はっきりしたチェック柄のジャケットも個性的なお洒落に貢献。この冬は色柄を楽しむ、こんなコーディネートもおすすめだ。

ジャケット13万7000円/サルトリオ、4万7000円/クルチアーニ(以上ストラスブルゴ)

" } }
Facebook
Twitter
友だち追加

>> この記事の先頭に戻る

2019秋冬、最旬の「スーツ&ジャケットの着こなし実例1週間」ストラスブルゴ編

掲載商品のお問い合わせ先

ストラスブルゴ  TEL:0120-383-563

撮影/伏見早織 スタイリング/宮崎 司 文/間中美希子

※表示価格は税抜き
<p><strong>シャツとネクタイが柄モノのとき気をつけることは?</strong></br>打ち合わせや会議が集中する週始めは、グレースーツ×ブルーの爽やかなコーディネートでスタートダッシュを決めよう。シャツとネクタイはともに柄物だが、シャツは細幅のピンストライプ柄、ネクタイは柄同士の間隔が広い小紋柄と、柄行きにメリハリをつけることで互いを馴染ませている。<br />
<small>スーツ15万8000円/ラルディーニ、シャツ3万1000円/バルバ、ネクタイ3万1000円/アット ヴァンヌッチ(以上ストラスブルゴ) チーフ<スタイリスト私物></p>
<p></small></p>

シャツとネクタイが柄モノのとき気をつけることは?
打ち合わせや会議が集中する週始めは、グレースーツ×ブルーの爽やかなコーディネートでスタートダッシュを決めよう。シャツとネクタイはともに柄物だが、シャツは細幅のピンストライプ柄、ネクタイは柄同士の間隔が広い小紋柄と、柄行きにメリハリをつけることで互いを馴染ませている。
スーツ15万8000円/ラルディーニ、シャツ3万1000円/バルバ、ネクタイ3万1000円/アット ヴァンヌッチ(以上ストラスブルゴ) チーフ<スタイリスト私物>

<p><strong>ブラウンスーツで老けて見えないコツは?</strong></br>ミドルエイジのブラウンスーツはともすると老けて見えることもあるが、爽やかなブルーチェックが入ったこんなブラウンスーツなら渋さ加減がちょうどいい。シャツはスーツの柄色と同系色のサックスブルー、ネクタイはスーツの地色と同系色のテラコッタブラウンを選んで、胸元を明るい色で構成すれば顔映りもよくなる。<br />
<small>スーツ16万8000円/ラルディーニ、 シャツ3万4000円/バルバ、ネクタイ2万9000円/キートン(以上ストラスブルゴ) チーフ<スタイリスト私物></p>
<p></small></p>

ブラウンスーツで老けて見えないコツは?
ミドルエイジのブラウンスーツはともすると老けて見えることもあるが、爽やかなブルーチェックが入ったこんなブラウンスーツなら渋さ加減がちょうどいい。シャツはスーツの柄色と同系色のサックスブルー、ネクタイはスーツの地色と同系色のテラコッタブラウンを選んで、胸元を明るい色で構成すれば顔映りもよくなる。
スーツ16万8000円/ラルディーニ、 シャツ3万4000円/バルバ、ネクタイ2万9000円/キートン(以上ストラスブルゴ) チーフ<スタイリスト私物>

<p><strong>無地スーツで若手社員より貫禄を出すには?</strong></br>グレーにもネイビーにも見える発色が美しいグレイッシュネイビーのスーツは、無地でも織り柄入りで一工夫されているため、若手社員としっかり差をつけられる。シャツはスーツと同系色のネイビーストライプで調和させて、ネクタイはクラシックなペイズリー柄を選択。色柄で多用しなくても、年齢相応の風格を出せる好例だ。<br />
<small>スーツ13万円/バルバ、シャツ5万9000円/フライ、ネクタイ2万5000円/アット ヴァンヌッチ(以上ストラスブルゴ) チーフ<スタイリスト私物></p>
<p></small></p>

無地スーツで若手社員より貫禄を出すには?
グレーにもネイビーにも見える発色が美しいグレイッシュネイビーのスーツは、無地でも織り柄入りで一工夫されているため、若手社員としっかり差をつけられる。シャツはスーツと同系色のネイビーストライプで調和させて、ネクタイはクラシックなペイズリー柄を選択。色柄で多用しなくても、年齢相応の風格を出せる好例だ。
スーツ13万円/バルバ、シャツ5万9000円/フライ、ネクタイ2万5000円/アット ヴァンヌッチ(以上ストラスブルゴ) チーフ<スタイリスト私物>

<p><strong>定番グレースーツ×白シャツでマンネリ打破するには?</strong></br>ミディアムグレーのスーツに白シャツという、クリーンかつ知的なコーディネート。シンプルすぎて凡庸にも見えなかねないコーディネートも、ミントグリーンの小紋柄ネクタイを結べば、華やかに見える上に周囲とも重複なし。ネクタイとスーツのトーンを揃えて馴染ませたところもポイントだ。<br />
<small>スーツ15万8000円/ラルディーニ、シャツ2万2000円/ストラスブルゴ、ネクタイ2万9000円/キートン(以上ストラスブルゴ) チーフ<スタイリスト私物></p>
<p></small></p>

定番グレースーツ×白シャツでマンネリ打破するには?
ミディアムグレーのスーツに白シャツという、クリーンかつ知的なコーディネート。シンプルすぎて凡庸にも見えなかねないコーディネートも、ミントグリーンの小紋柄ネクタイを結べば、華やかに見える上に周囲とも重複なし。ネクタイとスーツのトーンを揃えて馴染ませたところもポイントだ。
スーツ15万8000円/ラルディーニ、シャツ2万2000円/ストラスブルゴ、ネクタイ2万9000円/キートン(以上ストラスブルゴ) チーフ<スタイリスト私物>

<p><strong>いいコーディネートが思いつかないときの秘策は?</strong></br>コーディネートで迷ったら「アズーロ・エ・マローネ」を思い出そう。これはイタリアでポピュラーなブルー系×ブラウン系の配色術(イタリア語でアズーロ=紺、マローネ=茶を意味する)で、楽してお洒落に見える鉄板配色の最たるもの。ここではネイビーの無地スーツ×ブラウンのストライプネクタイを、シンプルにコーディネートした。<br />
<small>スーツ13万8000円/バルバ、シャツ2万2000円/ストラスブルゴ、ネクタイ2万9000円/キートン(以上ストラスブルゴ) チーフ<スタイリスト私物></p>
<p></small></p>

いいコーディネートが思いつかないときの秘策は?
コーディネートで迷ったら「アズーロ・エ・マローネ」を思い出そう。これはイタリアでポピュラーなブルー系×ブラウン系の配色術(イタリア語でアズーロ=紺、マローネ=茶を意味する)で、楽してお洒落に見える鉄板配色の最たるもの。ここではネイビーの無地スーツ×ブラウンのストライプネクタイを、シンプルにコーディネートした。
スーツ13万8000円/バルバ、シャツ2万2000円/ストラスブルゴ、ネクタイ2万9000円/キートン(以上ストラスブルゴ) チーフ<スタイリスト私物>

<p><strong>流行りのチルデンニット、大人はどう着るのが正解?</strong></br>土曜日はトレンドのチルデンニットを主役にコーディネート。ジャケット内に着込めば、大人に相応しいきちんと感と休日らしいヌケ感とを両立できる。ここでは火曜に着たラルディーニのブラウンスーツのジャケットを流用し、ニットの首元からカジュアルなカットソーを覗かせて、さらにリラックス感をプラス。肌の露出を少なくすることで、清潔感と防寒も両立が可能だ。<br />
<small>スーツ16万8000円/ラルディーニ、ニット12万4000円/クルチアーニ、カットソー9500円/ジャーニーマン(以上ストラスブルゴ)</p>
<p></small></p>

流行りのチルデンニット、大人はどう着るのが正解?
土曜日はトレンドのチルデンニットを主役にコーディネート。ジャケット内に着込めば、大人に相応しいきちんと感と休日らしいヌケ感とを両立できる。ここでは火曜に着たラルディーニのブラウンスーツのジャケットを流用し、ニットの首元からカジュアルなカットソーを覗かせて、さらにリラックス感をプラス。肌の露出を少なくすることで、清潔感と防寒も両立が可能だ。
スーツ16万8000円/ラルディーニ、ニット12万4000円/クルチアーニ、カットソー9500円/ジャーニーマン(以上ストラスブルゴ)

<p><strong>周囲とカブらないジャケット×タートルスタイルは?</strong></br>ジャケットの中にタートルネックニットを合せる王道コーディネートも、良きアクセントになるピンクのようなニットを選べば、洒落感を簡単に演出できる。はっきりしたチェック柄のジャケットも個性的なお洒落に貢献。この冬は色柄を楽しむ、こんなコーディネートもおすすめだ。</p>
<p><small>ジャケット13万7000円/サルトリオ、4万7000円/クルチアーニ(以上ストラスブルゴ)<br />
</small></p>

周囲とカブらないジャケット×タートルスタイルは?
ジャケットの中にタートルネックニットを合せる王道コーディネートも、良きアクセントになるピンクのようなニットを選べば、洒落感を簡単に演出できる。はっきりしたチェック柄のジャケットも個性的なお洒落に貢献。この冬は色柄を楽しむ、こんなコーディネートもおすすめだ。

ジャケット13万7000円/サルトリオ、4万7000円/クルチアーニ(以上ストラスブルゴ)

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2020

Sep. VOL.314

9

  1. 2

SHOES

人気の靴 その歴史

チャーチ

CHURCH'S

ベルルッティ

BERLUTI

トリッカーズ

TRICKER'S

ジョン ロブ

JOHN LOBB

ジェイエムウエストン

J.M.WESTON

サントーニ

SANTONI

クロケット&ジョーンズ

CROCKETT & JONES

オールデン

ALDEN

エドワードグリーン

EDWARD GREEN

LINE
SmartNews
今月の読者プレゼント
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop