>> この記事の先頭に戻る

松山 猛さんが機械式時計との出会いを語る講座『贅沢の勉強』
そして2本目は、カルティエ。いわゆるクロッシュと呼ばれるタイプに近いのだが、この時計は、馬を操る馬具である鐙(あぶみ)をモチーフにしていると思われる独特の形状。クロッシュとは釣鐘の意味で、カルティエには、似たような形でいろいろなケース形状が存在しており、教会 (カテドラル)型と呼ぶ人もいる。
松山さんのこちらの時計は、3時位置にリューズがあり、カボションと12時位置のケースとベルトのつなぎ目にダイヤがはめ込んである豪華なもの。70年代製で、極薄の手巻きムーブメントが内蔵されているから、おそらくルクルト製のムーブであろう。90年代初頭に横浜・元町のアンティークショップで買い求めたものだ。

受講をご希望の方は?

細かい時計のディテールやエピソード、それに、今回紹介予定の別の2本は、実際の講義に参加して見ていただくとして、良い物を出会ったときの、手に入れる、入れないの判断基準や信頼できるお店かどうかの判断基準、実際の使い方やメンテナンスなど、聞きたいこと、知りたいことは多くあるはず。質問タイムも設ける予定だ。

長年古今東西の名品、美品に触れてきた、趣味人ならではの松山ワールドを間近で体感して、ひと時を過ごすのは、「贅沢な勉強」の時間といえそうだ。

※MEN’S EX ONLINEを見て受講の場合は、入会金無料にて、10月21日(月曜)19時〜20時30分の第1回「時計」編を受講できます。
お申し込みはこちらから >> http://bit.ly/2nZr6Ns

  1. 2

SHOES

人気の靴 その歴史

チャーチ

CHURCH'S

ベルルッティ

BERLUTI

トリッカーズ

TRICKER'S

ジョン ロブ

JOHN LOBB

ジェイエムウエストン

J.M.WESTON

サントーニ

SANTONI

クロケット&ジョーンズ

CROCKETT & JONES

オールデン

ALDEN

エドワードグリーン

EDWARD GREEN

LINE
SmartNews
今月の読者プレゼント
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop