>> この記事の先頭に戻る

アウディQ8のセンターコンソール
センターコンソールは、10.1インチのディスプレイと、8.6インチのタッチディスプレイを採用し、極力ボタン類をなくしたシンプルなデザイン。サウンドや振動などで画面を注視しなくても運転中に操作しやすいようにデザインされている

インテリアは、A8などと同様に、タッチディスプレイを全面的に採用し、物理スイッチをできるだけなくしたクリーンなもの。インパネ上部にインフォテインメント用の10.1 インチタッチパネルを、その下に空調などに用いる8.6 インチタッチパネルを配置。今どきのコネクト機能も備えており、myAudiアプリを使えば、窓の開閉状況や駐車位置などの車両状態の確認、クルマの施錠や開錠などのリモート操作も可能だ。

アウディQ8
設定するグレードは3種類。最高出力340ps、最大トルク500Nmを発揮する3リッターV6ターボエンジンを搭載し、マイルドハイブリッドシステムを組み合わせたベースグレードや、パワートレーンは同一で22インチタイヤを履いたSライン、20インチを履くラグジュアリーがある。

パワートレインは、340ps/500Nmを発揮する3リッターV6ターボエンジンに8速ATの組み合わせ。もちろんクワトロ(4輪駆動)だ。48V電源によるマイルドハイブリッドシステムを搭載しており、最大12kWの減速エネルギー回生システムを備え、22km/h以下ではエンジンがストップし燃費を向上する。また後輪を最大5度操舵するAWS(オールホイールステアリング)によって、小回り性や応答性、安定性を高めている。

  1. 2
3
LINE
SmartNews
ビジネスの装いルール完全BOOK
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop