>> この記事の先頭に戻る

英国らしさのポイントは?

長谷川「前肩なので……」

齋藤「どちらかというと、肩をいせ込んで、パッドを入れる英国調のスタイルは似合わない体型です。背中の補正を多くして、前身頃の幅を狭くしないと生地が余ってフロントに突き皺が出ます。でも似合うようにできますのでご安心を」

そんなやりとりのなか、キーとなったのがフロントのボタン位置だ。齋藤さんによれば、パンツのウエスト位置が一番シェイプしていて、そのポイントの包み方が英国とイタリアの違いだという。

ジャケットを着る長谷川さん

齋藤「イタリアンはお腹周りを隠して、サラリと着流します。一方、英国はコーラのボトルのようにしっかりと胸周りを強調してウエストを絞る。つまり、イングリッシュドレープをいつまでも着ていたいなら、節制しなくてはいけないわけです。僕もオフは肩を作りこんでいないものをサラっと着るのが好き。でも英国風で、いつも身体を鍛えているとアピールするのもいい」。

今回、長谷川さんが選んだ生地は、黒一色のハリスツイード。ブーツやスキニージーンズのほか、最近ロンドンで買ったというハットにも合わせたいそうだ。

長谷川「真っ黒って、あまり英国のジャケットでは使わない色ですよね」

齋藤「そうですね。通常、黒はネップの入った素材になることが多いし、真っ黒だとカシミヤなどになりますから」。

齋藤服飾研究所でのオーダーの様子 PART2(写真7枚)

生地見本と違い、一着分のデッドストックの生地は身体にあてられるので仕上がりをイメージしやすい。

生地見本と違い、一着分のデッドストックの生地は身体にあてられるので仕上がりをイメージしやすい。

豊富な生地見本からお気に入りのものを選ぶのはオーダーメイドの醍醐味。

豊富な生地見本からお気に入りのものを選ぶのはオーダーメイドの醍醐味。

まずは着丈の採寸から。「長い付き合いなのに、採寸するのは、これが初めてですね(笑)」と齋藤さん。

まずは着丈の採寸から。「長い付き合いなのに、採寸するのは、これが初めてですね(笑)」と齋藤さん。

続いて肩幅を採寸。思っていたよりも広いというのが齋藤さんの印象。今回はシャツも併せてオーダーすることになった。肩は身体にきれいに沿うようヨークを左右に分割する、スプリットヨークを採用するので、このように採寸している。

続いて肩幅を採寸。思っていたよりも広いというのが齋藤さんの印象。今回はシャツも併せてオーダーすることになった。肩は身体にきれいに沿うようヨークを左右に分割する、スプリットヨークを採用するので、このように採寸している。

袖丈の採寸。身長に対して、腕はやや長め。

袖丈の採寸。身長に対して、腕はやや長め。

バストを採寸。

バストを採寸。

ウエスト周りの採寸。英国調のジャケットでは、胸周りとの差で男性らしさを強調する要となる。

ウエスト周りの採寸。英国調のジャケットでは、胸周りとの差で男性らしさを強調する要となる。

ヒップ回りはジャケットの裾の広がりにも関わる重要なポイント。

ヒップ回りはジャケットの裾の広がりにも関わる重要なポイント。

ネック回りを採寸。

ネック回りを採寸。

アームホールを採寸。

アームホールを採寸。

腕と胸をまとめて一周した採寸も行う。二の腕だけを鍛えて、胸周りが小さい人もいるので、この腕+胸周りを図る必要があるとのこと。

腕と胸をまとめて一周した採寸も行う。二の腕だけを鍛えて、胸周りが小さい人もいるので、この腕+胸周りを図る必要があるとのこと。

袖口の採寸。どんな腕時計をつけるのかなども聞き取る。

袖口の採寸。どんな腕時計をつけるのかなども聞き取る。

今回はオーダーサンプルよりも着丈を2cm長く設定。長谷川さんに、その差を伝えるためにメジャーをあてがう。

今回はオーダーサンプルよりも着丈を2cm長く設定。長谷川さんに、その差を伝えるためにメジャーをあてがう。

映画に出てきそうなレトロなビル。5階のドアを開けるとそこにはお洒落なサロンが。

映画に出てきそうなレトロなビル。5階のドアを開けるとそこにはお洒落なサロンが。

オーダーメイドのほか、古着や、齋藤さんが買い付けたレアなアイテムも販売されている。

オーダーメイドのほか、古着や、齋藤さんが買い付けたレアなアイテムも販売されている。

ボタンのバリエーションも充実。

ボタンのバリエーションも充実。

遊び心のある人のために、洒落っ気の強い裏地も多数揃えられている。

遊び心のある人のために、洒落っ気の強い裏地も多数揃えられている。

裏地の生地見本を確認する長谷川さん。ストライプと言えば裏地の定番のはずだが、ピッチ、色など個性的なものが豊富に揃うのは齋藤服飾研究所ならでは。

裏地の生地見本を確認する長谷川さん。ストライプと言えば裏地の定番のはずだが、ピッチ、色など個性的なものが豊富に揃うのは齋藤服飾研究所ならでは。

裏地の生地見本。サテン無地からドットとなんでもござれだ。

裏地の生地見本。サテン無地からドットとなんでもござれだ。

  1. 3
4
LINE
SmartNews
ビジネスの装いルール完全BOOK
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop