【上司と部下の装い改革】温厚な人柄と責任者である立場とを、スーツで表わすと?

NULL
Facebook
Twitter
友だち追加

ファッションディレクター 森岡 弘の「自分デザイン」入門 Vol.2

できるビジネスマンは年齢、立場、目的での「相応」の装いができる人。この連載では「上司」と「部下」に注目し、仕事で生きる身だしなみの極意に迫る。Vol.2は、前回に続きAI業界にて働く大企業のお二方とともに「人前に立つ」スタイル—上司編—を考える。

話したのはこの3人

左:森岡 弘さん 中:三竹保宏さん 右:宮原拓磨さん
 左:森岡 弘さん 中:三竹保宏さん 右:宮原拓磨さん

ファッションディレクター 森岡 弘さん
弊誌のビジネススタイルのご意見番。雑誌や広告のほか、政財界人のパーソナルスタイリングも手掛ける。

【上司】 NTTコミュニケーションズ
アプリケーション&コンテンツサービス部 AI推進室長 三竹保宏さん(52歳)

1989年日本電信電話株式会社に入社。現在NTTコミュニケーションズ株式会社でAI技術のサービスの開発と営業を行うAI推進室の長。

【部下】 NTTコミュニケーションズ
アプリケーション&コンテンツサービス部 AI推進室 宮原拓磨さん(25歳)

三竹さんと同部署に勤務。自社のAI技術をセールスする、技術職ながら営業も行う。顧客とのミーティングのほか、ときには講演の機会も。

色の重なりを工夫して自分の人柄を表現する

普段の三竹さん

三竹さんから森岡さんへ


いつも無難にまとめていました。工夫の仕方を教えてください。



「上司」が装う人前での華やぎ方とは

森岡氏(以下敬称略) さて今回は三竹さん。三竹さんはお立場上、仕事相手の方も立場のある方が多いとか。

三竹氏(以下敬称略) そうですね。業務としては、お客様である企業の決裁権のある方へのプレゼン、パートナー企業の責任者とのミーティング、社長や副社長など社内での上司へのプレゼン。この3つを考えて服を考えますね。業界全体としては、老舗企業もあれば若いベンチャーもあり、比較的服装は自由。でも私の装いのパターンは決まっていて、無難なことが多いかな。

森岡 無難かもしれませんが、しっかりサイズ感も合っていて上品! キャリアもお持ちで、色々着てこられて、そういうものを選ぶ感覚もすでにお持ちなんですね。ただし、一点気になります。今日のスーツは黒、ですよね?

三竹 はい。

森岡 黒は、実はビジネスルールではNG。日本では黒スーツの着用は多いのですが、ドイツを除く欧米ではビジネスでの黒はほぼ着ません。とはいえ、多数票は後にスタンダードになったりしますからNGとも言い切れない。ただ、もし取引先の方が服好きな方だと、気づくでしょうし、立場ある方こそ着用を避けるのが好ましいです。

三竹 なるほど。勉強になります。

森岡 そういえば、先日とあるテレビ番組にご出演されていましたね!

三竹 ええ。テレビや、講演などの業務もときどきあるんです。

森岡 テレビ出演や講演など、人前に出られるときに、三竹さんならもう少し華やかにしてもよいのでは? 三竹さんの温厚なお人柄と、責任者であるお立場とを、スーツで表しましょう

三竹 そんなことができるんですね!

<span style=font-size:1.1em;><strong>【Before】Shirt</strong></span><br />シャツの袖が隠れる袖丈もNG

【Before】Shirt
シャツの袖が隠れる袖丈もNG

<span style=font-size:1.1em;><strong>【Before】Suit</strong></span><br />黒のスーツは正式な場には×

【Before】Suit
黒のスーツは正式な場には×

<span style=font-size:1.1em;><strong>【After】Back</strong></span><br />背中もしっかりシェイプ

【After】Back
背中もしっかりシェイプ

<span style=font-size:1.1em;><strong>【After】V Zone</strong></span><br />ソフトな色遣いで優しさを演出

【After】V Zone
ソフトな色遣いで優しさを演出

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2022

Spring VOL.333

  1. 1
2
LINE
SmartNews
ビジネスの装いルール完全BOOK
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop